算数・数学思考力検定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

算数・数学思考力検定(さんすうすうがくしこうりょくけんてい)とは、好学出版が主催する算数・数学の能力検定試験。「算数オリンピック」との共同開発によって「iML国際算数・数学思考力検定」として発足し、現在に至る。「算数・数学の基礎的能力と算数・数学的思考力」の養成を目的としている。

検定の概要[編集]

各級の設定は以下の通りであるが、現在は3級~10級の受検のみとなっている。 また、以下の受検級は目安であり、該当学年に関係なく受験できる。 なお、同時に2つの級を受検することも可能(ダブル受検)。 2012年度は、準2級から1級までの上位級の検定は実施しない。

  • 10級 - 小学1年生~2年生程度
    • 範囲:数の構成の基礎、加減乗法、長さなどの量の基礎、平面図形の基礎
    • 検定する思考力:
      • いくつかの簡単な情報の中から必要な情報を選び出す力
      • 試行錯誤しながら考える力
      • 平面の図形を捉える力
  • 9級 - 小学3年生程度
    • 範囲:四則計算、大小・長さ・かさ・重さ・時間などの基本、整数の基本、平面図形・立体図形の基本、表やグラフの基本、数的推理など
    • 検定する思考力:
      • いくつかの簡単な情報の中から必要な情報を選び適用する力
      • 試行錯誤しながら、ねばり強く考える力
      • 平面における位置関係を把握する力
  • 8級 - 小学4年生程度
    • 範囲:整数、小数・分数の基本、面積・角・円の基本と理解、平面図形の基本と理解、数的推理など
    • 検定する思考力:
      • 与えられたいくつかの条件を適用する力
      • いくつかの観点で整理された情報の一部から、他の情報を導く力
      • 図や表を用いて情報を整理する力(問題場面を図示し、問題の構造を把握する力)
      • 平面における移動や回転を想像する力
  • 7級 - 小学5年生程度
    • 範囲:偶数・奇数、面積、速さ、割合円周率、平面図形の基本と理解、数的推理など
    • 検定する思考力:
      • 与えられた複数の情報から必要な情報を見つけ適用する力
      • 与えられた情報(条件)を、使いやすい情報(条件)に作り直す(言い換える)力
      • いくつかの場面に分けて、丁寧に考える力
      • 空間における位置関係を把握する力
  • 6級 - 小学6年生程度
    • 範囲:分数の理解、約数・倍数、比例、平均表面積、立体図形の基本と理解、柱体、錐体、体積、容積、対称、数的推理など
    • 検定する思考力:
      • いくつかの情報の共通点や、いくつかの情報から性質(法則)を帰納的に見つける力
      • 与えられた情報(場面)から法則を見つけ、その法則を適用する力
      • 逆向きに(結論から)考える力
      • 平面や空間におけるものの移動を想像する力
  • 5級 - 中学1年生程度
    • 範囲:正の数・負の数の計算と利用、文字の式一次方程式の解き方と利用、関数と比例、図形、数的推理など
    • 検定する思考力:
      • ある条件を満たすものの集合を作り、それに他の条件を加えて絞り込んでいく力
      • 複数の条件を満たすかをチェックし、条件に当てはまらないものを排除していく力
      • 二つの立場からの情報を、一方の立場に統一して考える力
      • 数量の関係を文字を用いて表し、関係を把握する力
  • 4級 - 中学2年生程度
    • 範囲:式の計算、方程式、連立方程式の解き方と利用、一次関数、図形、確率、数的推理など
    • 検定する思考力:
      • 与えられたいくつかの情報を組み合わせて必要な情報を導き、それを用いる力
      • 推移律を利用して結論を導く力(問題を解決する力)
      • 図・表・式に表して問題の構造を把握する力
      • 命題の矛盾を認め、修正する力
      • 空間において複雑に回転したり移動したりするものを想像する力
  • 3級 - 中学3年生程度
    • 式の計算、因数分解平方根二次方程式の解き方と利用、関数、図形、数的推理など
    • 検定する思考力:
      • 条件過剰の場面から必要な条件を選択して処理する力
      • 与えられた情報(条件)を組み合わせて、使いやすい情報(条件)を作り出す力
      • 仮定をおいて推論し、他の条件も満たすように訂正しながら解決に接近する力
      • 視点を変えて命題を作り直す力
      • 否定命題を作って考える力
  • 準2級 - 高校1年生程度
    • 二次関数、方程式と不等式、初等幾何、個数の処理、三角比、身近な統計の見方
  • 2級 - 高校2年生程度
  • 準1級 - 高校3年生程度
  • 1級 - 大学生・一般程度


合格基準[編集]

  • 1級~準2級:全問題の60%程度
  • 3級~10級: 全問題の65%程度

関係者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]