IL-2 Sturmovik

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

IL-2 Sturmovik(IL-2 シュトルモヴィク)は、Oleg Maddoxを中心とするロシアの1C Maddox Gamesを開発元(後述のBirds of Preyは除く)、Ubisoft Entertainment SAを販売元とする第二次世界大戦が舞台のコンバットフライトシミュレーションゲームシリーズの総称。

IL-2 Sturmovik[編集]

最初のバージョンIL-2 Sturmovikは2001年10月にリリースされた。ソ連軍ドイツ軍アメリカ軍の31種の機体が収録され、マップ・ミッションとしてはドイツ対ソ連の東部戦線が収録されていた。IL-2 Sturmovikの基本的ゲームシステムは、その後のバージョンアップでも引き継がれている。

IL-2 Sturmovikはそのリアリティの高い飛行操縦特性、正確な機体3Dモデリング、美麗なグラフィックなどが強く支持され、熱烈なコミュニティに迎えられた。 また機体の表面のグラフィックとなるテクスチャを、「スキン」としてプレイヤーが自由に絵柄を描いて追加・着せ替えできるシステムが採用されており。デフォルトのグラフィックのほかに史実上のエースが搭乗した機体の迷彩図案を作成して飛ぶこともできた。 ユーザーコミュニティではスキンの作成・交換が活発に行われた。

開発チームもIL-2 Sturmovikの人気に応え、航空機、車両、艦船を追加するアドオンのプロジェクトを進めていた。 2003年3月にIL-2 Sturmovik: Forgotten Battlesがリリースされた。20個のシングル・ミッション、10個のダイナミック・キャンペーン、新しいフライアブル機体30機種、新しいAI専用機体23機種を追加したこのタイトルは、ロシア国内で65万本以上、ワールドワイドで60万本以上を販売した。なお、Forgotten Battles以降のバージョンアップは、アドオンまたはマージ・インストール可能であって上位互換性が維持されたが、初版のIL-2 SturmovikとForgotten Battlesは内容的には重複する。 Forgotten Battlesには完全日本語化されたバージョンも存在し、日本国内で販売された。

2004年2月、西部戦線マップや追加機体を収録した拡張パックAce Expansion Packをリリース。 このときにはドイツ軍のロケット機Me163や実用化前の無尾翼ジェット機ホルテン Ho229、多数のアメリカ軍機(P-51ほか)、また少数の日本軍機(A6M2Ki-84)が収録された。

2005年には太平洋戦域の機体とマップを収録した拡張パックIL-2 Sturmovik PACIFIC FIGHTERSが発売された。 このPACIFIC FIGHTERSにおいて、零戦の各タイプや一式陸上攻撃機など日本人に馴染み深い機体も多数登場した。空母を用いた発艦・着艦の概念も取り入れられ、日米の空母戦を行うことが可能となった。

またPACIFIC FIGHTERSまでの全パックを詰め合わせたIL-2 Sturmovik COMPLETE EDITIONも発売された。

IL-2 Sturmovik 1946[編集]

2007年6月に発売された。

これまでのマップ・ミッション・機体をすべて収録している。 「第二次世界大戦が1946年まで続いていたら」というコンセプトのもとにP-80シューティングスターMiG-9といった実在ジェット戦闘機、ドイツ軍の実戦参加に至らなかった機体などが追加収録されている。フライアブル機体数は200機以上、さらにAI専用機体数が約100機というボリュームとなった。

ゲームエンジンやグラフィックは微調整されたりテクスチャ密度がアップされた以外初代IL-2 Sturmovikのものを引き続き利用していたが、ソフトウェアとしての互換性は完全に断ち切られており、いままでのバージョンのマルチプレイに参加したいといった場合はIL-2 Sturmovik 1946では参加不可能で過去のバージョンを購入する必要がある。 1946では日本語版は発売されず、ソフト内の言語は英語で日本語訳説明書が添付されたバージョンが日本国内販売された。

IL-2 SturmovikはPC向け第二次世界大戦コンバットフライトシミュレータとして唯一の定番の地位を築いた。

この1946は2012年時点でも年一回ペースでのバージョンアップパッチ提供が継続されており、計器を用いた盲目着陸などの新機能実装、フリッツX誘導爆弾などの新兵器実装、まったくの新機体追加、機体強度のリアリティ向上、AIの挙動のリアリティ向上などが行われている。

また後述のCliffs of Doverが発売された後も、1946のバージョンアップは継続するとコメントされており、2012年2月にバージョンアップが行われた。

現在、DVD-ROM版より安価にSteamなどでオンラインダウンロード販売も行われるようになった。(日本国内からも購入・プレイが可能)

IL-2 Sturmovik : Cliffs of Dover[編集]

2011年3月に発売されたIL-2 Sturmovik : Cliffs of Doverは、ゲームシステム・シミュレータ・グラフィックスすべてをゼロから作り直した完全新作で、2011年レベルに相応しいクオリティとなっている。その分だけプレイに必要なPCのCPUやグラフィックス性能も高いものが求められ、普及価格帯のPCでは満足なプレイが不可能だったりする。

タイトルのとおり1940年~41年にかけてドイツ空軍によって行われたイギリス空襲いわゆる「バトル・オブ・ブリテン」を舞台としたゲーム内容となっており、収録されている機体はドイツ軍・イタリア軍イギリス軍から31機種のみ(うちプレイヤーが操縦可能なものは17機)となっている。またマップもフランス北部・ドーバー海峡からロンドン上空にかけてのもののみである。

開発途上ではIL-2 Sturmovikのシリーズを名乗らない予定だったが、最終的にIL-2 Sturmovikの後継シリーズに位置づけられるこのタイトルがつけられて発売された。このため発売時点では、タイトルになっているIL-2 Sturmovikの登場しないフライトシミュレータゲームという事態となっている。

2011年3月のインターナショナル英語版発売開始当初は日本国内向けの発売が決定されておらず、日本においてはSteamにてダウンロード購入してプレイすることのみが可能であった。2011年5月のインターナショナル英語版DVD-ROMの発売にともない、並行輸入のDVD-ROM版も日本の店頭で販売が開始された。2011年7月末、e frontierより日本語訳説明書付き英語DVD-ROM版の日本国内販売が開始された。

無料パッチ、あるいは有料拡張パックで機体の追加やマップの追加が継続して行われていくことが期待できるため、将来的にはCliffs of Doverの美麗なグラフィックとシミュレータで零戦を飛ばすこともできるようになるかもしれない。

2011年12月までの間に6度ほどのアップデートパッチ配布があったが、この時点でも致命的なバグが多数あったり、グラフィックスアルゴリズムが劣悪で処理に無駄が多すぎるなどの問題点が解消されておらず、この点については評判が悪い。

IL-2 Sturmovik Birds of Prey[編集]

コンシューマ機(PS3、X-BOX360、PSP、DS)向けに2009年9月8日に発売されたコンバットフライトシミュレータゲーム。国内未発売。

ただし前述のIL-2 Sturmovik・1946・Cliffs of Doverとは開発元が異なるGaijin Entertainmentである。

飛行シミュレータエンジンもグラフィックスエンジンもPS3とX-BOX360、PSP、DSでは異なる。

家庭用ゲーム機版では登場機体数は減少しており操縦可能機であってもコクピット再現が異なる。

本作にはいくつかの派生作品があるが、そのいずれもIL-2の名前は冠されていない。

蒼の英雄 Birds of Steel[編集]

本作から派生した続編として2012年3月8日に発売された。同じくコンシューマ機(PS3・X-BOX360)用のみ開発・販売されている。

ウィングス オブ プレイ[編集]

本作をPC向けに移植したもの。

War Thunder[編集]

本作からの派生作品。F2Pのオンラインゲーム。

航空機の他に、戦車などの戦闘車両や戦艦などの艦船も使用できる。(艦船は未実装)

PC版とPS4版がある。

外部リンク[編集]