IKVM.NET

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
IKVM.NET
作者 イェルーン・フライエテース(Jeroen Frijters)
最新版 7.2.4630.5 / 2012年12月10日(18か月前) (2012-12-10
最新評価版 7.1.4406.0 / 2012年01月24日(2年前) (2012-01-24
プログラミング言語 Java, C#
プラットフォーム クロスプラットフォーム
種別 Javaプラットフォーム
ライセンス zlib License
公式サイト IKVM.NET
テンプレートを表示

IKVM.NETとは、オープンソースにより開発が行われているMono及び.NET Framework上で実装された、Java仮想マシンを含むJavaの実装である。

また、Java仮想マシンの実装の他にも、独自のJavaクラスライブラリの実装や、JARファイルをDLLファイルに変換するツールなど、Javaと.NETの相互運用のための各種ツール群を含む。

過去にマイクロソフト社が提供していたJ#の様なJava類似言語ではなく、OpenJDKをベースとした純粋なJava仮想マシンが.NETの仮想マシンである共通言語ランタイム上で動作する。

他実装と比べ2重の仮想化が行われるため速度面では不利ではあるが、.NET上からJavaの各種ライブラリ等をプログラミング言語レベルで一切意識せずに利用できる。

Java仮想マシン[編集]

IKVM.NETが実装するJava仮想マシンはOpenJDKをベースとしており、Java 1.6をサポートしている。 不完全ではあるが、Abstract Window ToolkitSwingなども一部サポートされている。

関連プロジェクト[編集]

Ant task for IKVMC[編集]

IKVM.NETを用いてApache Antを.NETの世界にも広めていこうというプロジェクト。 [1]

A Mono IDE with IKVM[編集]

統合開発環境MonoDevelopでIKVM.NETをサポートしようというプロジェクト。 [2]

jar2ikvmc[編集]

JavaのJarファイルを.NET用のDLLに変換するツール。 [3]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]