IBM Lotus Sametime

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
IBM Sametime
開発元 IBM
最新版 9.0 / 2013年9月
プラットフォーム クロスプラットフォーム
種別 インスタントメッセージWeb会議、統合コミュニケーション
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト ibm.com/sametime
テンプレートを表示

IBM Lotus Sametimeクライアントサーバアプリケーションとミドルウェアプラットフォームであり、企業でのリアルタイムの統合コミュニケーションとコラボレーションを提供する。在席情報、企業内インスタントメッセージWeb会議、ソーシャル機能、電話との連携機能などがある。IBMロータス部門が販売している。

ミドルウェアであるため、ソフトウェアとビジネスプロセスの統合をサポートしている。ロータスのグループウェアマイクロソフトのオフィスソフト、Webアプリケーションなどと連携する。

特徴[編集]

IBM Lotus Sametime には、Lotus Sametime Connect クライアントと管理用の Lotus Sametime サーバが含まれる。機能レベルによって4種類の Lotus Sametime が存在する[1]

Lotus Sametime Entry
基本的な在席情報とインスタントメッセージ機能
Lotus Sametime Standard
Lotus Sametime Entry の機能に加えて、以下の機能がある。
  • 位置情報を加えた在席情報
  • ビデオチャット(1対1)
  • ボイスチャット(5人同時)
  • Web会議
  • IBM Lotus Sametime Gateway を経由して各種IMネットワーク(AOL Instant MessengerYahoo! MessengerGoogle TalkXMPPベースのサービスなど)と相互運用可能
  • Lotus Sametime と他のアプリケーションの連携を可能にするオープンなAPI
  • Sametime Audio/Video Services は、音声コーデックとしてG.711G.723.1、iSAC、ビデオコーデックとして H.263+ をサポート[2]
Lotus Sametime Advanced
Lotus Sametime Standard の機能に加えて、リアルタイムのグループウェア機能やSNS機能を提供する。
  • 継続的なチャットルーム
  • ブロードキャストツール
  • インスタント画面共有
  • 位置情報サービス
Lotus Sametime Unified Telephony
Lotus Sametime Standard または Lotus Sametime Advanced に電話連携機能を追加する。
  • 電話に出られるかどうかを含めた在席情報
  • ソフトフォン
  • 着信管理
  • 通話中の転送などの通話制御
  • 各種電話システム(IP-PBXTDMシステム)との接続連携

サポートしているプラットフォーム、API、アプリケーション統合[編集]

ミドルウェアとして、アプリケーションとビジネスプロセスの統合をサポートしている。リアルタイム通信の場合、これを Communications Enabled Business Proceeses と呼ぶ。次の2つの方法がある。

  • Lotus Sametime 用プラグインでアプリケーションと連携する
  • Lotus Sametime 機能を対象アプリケーションに組み込む。

実際に連携可能なアプリケーションとしては、以下のものがある。

Lotus Sametime はEclipseプラットフォーム上に構築されており、Eclipse を知っていれば Lotus Sametime 用プラグインを容易に開発できる。Virtual Places という独自プロトコルを使っているが、SIPSIMPLET.120XMPPH.323などの標準的なプロトコルもサポートしている。

クライアントである Lotus Sametime Connect は Microsoft Windows 用、Linux用、Mac OS X 用がある。サーバは Windows、AIXi5/OS、Linux、Solaris で動作する。

歴史[編集]

IBMが取得した2つの企業の技術を組み合わせて、1998年に登場した。T.120 によるデータ会議と H.323 によるマルチメディア会議機能を提供していた Databeam という企業と、在席情報をベースとしたグループウェア機能を提供していたイスラエルの企業 Ubique である。

2008年、ガートナーは統合コミュニケーション分野でIBMが首位に立ったと初めて認めた[3]

リリース履歴[編集]

  • 1999年1月6日 ロータス株式会社がSametime R1.0を発売
  • 1999年9月9日 ロータス株式会社がSametime R1.5を発売
  • 2001年3月2日 ロータス株式会社がSametime R2.0を発売
  • 2001年10月1日 ロータス株式会社がSametime R2.5を発売
  • 2002年10月25日 日本IBMがLotus Sametime R3.0を発売
  • 2003年7月8日 日本IBMがLotus Sametime R3.1を発売
  • 2004年4月2日 日本IBMがLotus Instant Messaging and Web Conferencing (Sametime) 6.5.1を発売
  • 2005年12月24日 日本IBMがLotus Sametime 7.0を発売
  • 2006年8月23日 日本IBMがLotus Sametime 7.5を発売
  • 2007年4月25日 日本IBMがLotus Sametime 7.5.1を発売
  • 2007年11月30日 日本IBMがLotus Sametime 8.0を発売
  • 2008年3月29日 日本IBMがLotus Sametime Advanced 8.0を発売
  • 2009年12月23日 日本IBMがLotus Sametime 8.5を発売
  • 2010年7月30日 日本IBMがLotus Sametime 8.5.1を発売
  • 2011年6月1日 日本IBMがLotus Sametime 8.5.2を発売
  • 2013年9月20日 日本IBMがLotus Sametime 9.0を発売 (発表は9月10日)

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]