IBM 1410

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

IBM 1410は、IBM 1400シリーズのメンバーとして1960年IBMが発表した、中型のビジネスコンピュータである。

概要[編集]

IBM 1410は、可変ワード長の10進コンピュータで、IBMが1960年9月12日IBMが中型の「ビジネスコンピュータ」として発表した。1970年3月30日に販売停止となった。

IBM 1410は、非常に人気のあったIBM 1401と似た設計であったが、1つの大きな違いがあった。アドレスの長さは5文字で、最大では 80,000 文字のメモリーを使用でき、1410の3文字アドレスによって可能な 16,000 文字よりを超えていた。しかし、1410 はまた、非常に初期の仮想化の例でもある、「1401 エミュレーションモード」と名づけられたモードでも稼動できた。

IBM 1401の構成要素には以下がある。

  • IBM 1411 処理装置
  • IBM 1415 コンソール
  • IBM 1402 カードリーダ/パンチ
  • IBM 1403 プリンター
  • IBM 1011 紙テープ読取装置
  • IBM 1412 磁気文字読取装置
  • IBM 1414 インプット・アウトプット、モデル3または4
    • IBM 729 II 磁気テープユニット
    • IBM 729 IV 磁気テープユニット
    • IBM 7330 磁気テープユニット
  • IBM 1405 ディスク記憶
  • IBM 7750 プログラム式伝送制御ユニット

備考[編集]

参照[編集]

  1. ^ コンピュータの歴史 - 日本IBM

関連項目[編集]

外部リンク[編集]