WBSCプレミア12

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
IBAFプレミア12から転送)
移動: 案内検索
WBSCプレミア12
開始年 2015年11月(予定)
主催 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)
参加チーム数 12
テンプレートを表示

WBSCプレミア12英語WBSC Premier 12)は世界野球ソフトボール連盟(WBSC)主催、およびWBSCが選出した12ヵ国・地域参加により、4年に1度開催される予定の野球の代表戦による国際大会である[1]。第1回大会は2015年11月台湾で開催される予定[1]

概要[編集]

  • 国際野球連盟(IBAF)はワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を世界選手権に公認するとともに、これまで世界選手権として隔年開催されていたIBAFワールドカップ1938年2011年)を廃止し、代わりに世界のトップ12によるプレミア12を4年に一度、WBCの中間年に開催するとしている。世界野球ソフトボール連盟(WBSC)発足後はWBSCが主催を務める。
  • アマチュア主体のワールドカップに変わりプレミア12はプロが主体となる[2]MLB選手の参加についてWBSCのリカルド・フラッカリ会長は、「MLB選手も出場できるよう、MLB機構と協議を始めている」ことを明らかにしている[3][4]
  • 第1回大会の12ヵ国・地域の選出方法は、2014年WBSC世界野球ランキング[5]IBAFランキング)の上位12ヵ国・地域から選出[1]。同年11月中央アメリカ・カリブ海競技大会の終了をもって招待国・地域が発表された[6]
  • 招待される12ヵ国・地域には、WBSCから総額数百万ドルの賞金が保証され、また渡航費や宿泊費等の参加費用もWBSCが負担する[1]
  • 対戦方式は、2グループ6チームに分かれて総当り戦(各5試合)を行い、上位4チームの計8チームが準々決勝からのトーナメント戦を行う[1]
  • 第1回大会の開催地は、当初は台湾と共同で日本でも開催の予定(日本と台湾で総当り戦、日本で決勝トーナメント戦)であったが、WBSCと日本野球機構(NPB)による条件面の交渉が難航したため、WBSCが台湾での単独開催に方針転換。NPBは日本開催を断念した[7][8]。しかし後日、NPBは再び日台共催の可能性がまだあることを明らかにしている[9]
  • 2020年東京五輪において「野球・ソフトボール」競技が採用された場合、2019年第2回大会からは五輪予選大会として実施される可能性がある[1]
  • 2014年11月27日、WBSCはMP&Silvaに、第1回大会および第2回大会の独占メディア権と独占グローバルスポンサーシップ権を与えることで、両社が合意したことを発表した[10]
  • IBAFの報道[11]において「IBAFスーパー12」と表記されていた時期があったが、国際大会新フォーマット[12]発表以降は再び「IBAFプレミア12」と統一され、更に世界野球ソフトボール連盟の発足により「WBSCプレミア12」と表記された。

歴代大会結果[編集]

開催時期 開催地 優勝 準優勝 3位
※1938年〜2011年 IBAFワールドカップ
1 2015年11月
-詳細-
台湾の旗 台湾

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f “'プレミア12' トップ世界選手権 2015年に開催”. wbsc.co. (2014年7月2日). http://www.wbsc.co/jpn---press-release----premier12--elite-baseball-world-championship-to-be-launched-in-2015.html 2014年7月3日閲覧。 
  2. ^ “WBCを世界一決戦と公認 国際野球連盟”. 日刊スポーツ. (2011年12月4日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20111204-872361.html 2012年3月13日閲覧。 
  3. ^ “15年から新たな国際大会=第1回は日本で-野球”. 時事ドットコム. (2013年4月14日). http://www.jiji.com/jc/zc?key=%a3%d7%a3%c2%a3%c3&k=201304/2013041400213 2013年4月15日閲覧。 
  4. ^ “メジャー選手にも参加呼びかけ 世界大会を来年11月日本開催へ”. スポニチアネックス. (2014年3月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/03/19/kiji/K20140319007804360.html 2014年3月19日閲覧。 
  5. ^ “World Baseball Rankings”. wbsc.co. (2014年7月1日). http://www.wbsc.co/world-baseball-rankings.html 2014年7月3日閲覧。 
  6. ^ “FINAL 2014 IBAF World Baseball Rankings”. IBAF. (2014年11月26日). http://www.ibaf.org/en/infopage-detail.aspx?id=149f4e9a-9427-4a7b-b8df-18ab77845d33 2014年11月26日閲覧。 
  7. ^ “野球国際大会「プレミア12」、日本開催困難に”. YOMIURI ONLINE. (2014年5月13日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/20140513-OYT1T50193.html 2014年5月14日閲覧。 
  8. ^ “プレミア12の日本開催断念 NPB理事会”. Sponichi Annex. (2014年6月9日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/06/09/kiji/K20140609008334430.html 2014年6月10日閲覧。 
  9. ^ “プレミア12の日台共催も=オーナー会議で報告”. 時事ドットコム. (2014年9月5日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201409/2014090500883&g=spo 2014年9月6日閲覧。 
  10. ^ “(JPN) MP & SILVA社が2015、2019「プレミア12」の 全世界メディア権とスポンサーシップ権を取得”. IBAF. (2014年11月27日). http://www.ibaf.org/en/news/2014/11/27/jpn-mp--silva20152019-/b5fc7e62-23be-4534-9d19-3d850e00fef7 2014年11月28日閲覧。 
  11. ^ IBAF Congress approves new Format of International Tournaments
  12. ^ IBAF introduces new Format of International Tournaments

関連項目[編集]