I've

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

I've(アイブ、アイヴ)は、北海道札幌市に本拠地を置く音楽制作プロダクション雑誌媒体などでは音楽クリエイターチーム、サウンドチームと紹介される事が多い。

概要[編集]

PCゲームテレビアニメ映画などの主題歌BGMを制作している他、CMへの楽曲提供、所属ボーカリストのオリジナルアルバムやコンピレーションアルバムの発表、「Dancemania」への楽曲提供など幅広く活動している。また、外部のボーカリストやクリエイターとのコラボレーション活動、楽曲提供なども行っている。

I'veが手掛ける楽曲(I've Soundと呼ばれる)は主にトランスをベースとした打ち込みサウンドが多いが、クリエイターそれぞれが持つ個性と、タイアップ先の作品のイメージを尊重する手法によって、ポップな楽曲からロック調のハードな楽曲、ダンスチューン、バラードや電波ソングまで非常に幅広い楽曲を生み出している。I'veが音楽もしくは主題歌を担当したゲームのパッケージには、そのことを表すロゴマークが付くことがある。

ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパンと提携しており、基本的に所属ボーカリストのシングルやアルバムといったメジャー流通のCDは同社からリリースしている。また、所属事務所でインディーズレーベルでもあるFUCTORY Recordsからリリースする作品も存在する。

結成初期からビジュアルアーツに所属しており、同社所属のゲームブランドへの楽曲提供は数多く行われている。FUCTORY RecordsがリリースするI've Girls CompilationシリーズなどのインディーズCDは、ビジュアルアーツのPC流通ルートを通して販売される。この場合、基本的にFUCTORY Recordsが担当するのはCD製作のみで、発売・販売元はビジュアルアーツとなる。また、コミックマーケットではビジュアルアーツのブースに出店している。

公式サイトにはディスコグラフィー、バイオグラフィーやプロフィールなどは公開されておらず、主に新曲やライブの告知などの情報が公開されている。

シングルなどは発売日予定日に発売されるが、アルバムは発売延期になることが多い。(例としてI'veのアルバム「COLLECTIVE」は6月発売予定が9月に延期、KOTOKOのアルバム「UZU-MAKI」は11月発売予定が12月になったことがある。またMELLのファーストアルバムは当初7月9日発売予定が8月6日に延期、更にその後8月20日に再延期となった。)

2008年からはiTunes Storeで楽曲配信もスタート。

I'veの歴史[編集]

各スタッフやボーカリストの活動については個々のページを参照

I'veが活動を開始したのは1998年である。当初はI'veの名称は使わず、通信カラオケの音源制作・Dancemaniaシリーズの作曲などを手掛ける傍ら、北海道のゲームブランドに楽曲を提供していた。"I've"として結成された当時のメンバーは高瀬一矢、一法師康孝、中沢伴行、永田善也、板垣直基、三上誠一の6名。

I'veの名称は、1998年秋に『Lips〜笑顔の行方〜』というゲームを制作しようとして、そのブランド名として使われたのが最初である。なお、結局このゲームは制作中止となり世に出る事は無かった。1999年2月5日に発売されたゲーム『吐溜 -TRASH-』のエンディング2曲『FUCK ME』と『美しく生きたい』および同作品のBGMに、初めて「I've Sound」の表記が使われた。

1999年6月4日Keyより発売されヒットしたPCゲーム『Kanon』のオープニング曲『Last regrets』とエンディング曲『風の辿り着く場所』の編曲を高瀬一矢が担当した。1999年12月24日に初のコンピレーションアルバム『regret』を発表、先の2曲が本作に収録され、I'veが広く知られるようになった。以来、それまでにゲームに提供してきた楽曲の一部を、オリジナル曲やリミックス曲と共に"I've Girls Compilation"としてアルバムに収録して発表する、現在まで続くスタイルが確立される(#ディスコグラフィー参照)。

2002年にはテレビアニメ『おねがい☆ティーチャー』の主題歌とBGM、『シスター・プリンセス RePure』ストーリーズのBGMを担当。

2003年11月27日、秋葉原アソビットシティにて、I'veとしての初イベントとなる「SHORT CIRCUIT」の発売記念イベントが開催された。このイベントには高瀬一矢、KOTOKO詩月カオリが参加した。ライブイベントではなくトークイベントという形式で行われた。

2004年4月21日、ボーカリストであるKOTOKOがアルバム『羽-hane-』でメジャーデビュー。続く2005年2月23日に、川田まみがシングル『radiance』で、同年3月16日には、島みやえい子がアルバム『ULYSSES』でメジャーデビュー。さらに2006年6月14日に、MELLがシングル『Red fraction』で、同年7月14日に、C.G mixがアルバム『in your life』で、2007年8月1日詩月カオリがシングル『Shining stars bless☆』で次々とメジャーデビューを果たした。

2005年6月8日、I'veとしては初コマーシャルの音楽を担当。タイアップの企業は「ドワンゴ」で使用された。楽曲はKOTOKOの「421-a will-」。

2005年10月15日日本武道館にて初のライブ『I've in BUDOKAN 2005 〜Open the Birth Gate〜』を開催。約7500人の観客を動員。翌2006年6月23日、このライブの模様を収録したDVDを発売。しかし、本作は音声品質にクレームが相次ぎ、11月10日、そのクレームに対応する形で『I've in BUDOKAN 2005 〜COMPLETE EDIT〜』が発売されている。初版との交換も可能であったが、12月10日に店頭での交換期間が終了。

2007年4月21日、全国ロードショーされた劇場版『灼眼のシャナ』が公開された。その主題歌『天壌を翔る者たち』をI'veボーカリスト5人で構成されたLove Planet Five 〜I've special unit〜が担当。I've初の劇場作品への楽曲提供となった。

2007年7月14日7月16日、「SHORT CIRCUIT II」の発売記念トーク&握手会を開催。14日は大阪・TBホール。15日は名古屋・スペースD。16日は東京・発明会館ホール。応募方法は前作の「SHORT CIRCUIT」の発売記念イベントのように、整理券の配布はなく、「SHORT CIRCUIT II」に同封されていたハガキによる応募するという形になった。また、同年7月21日、限定ライブ「SHORT CIRCUIT II Premium Show IN TOKYO」を「東京新木場STUDIO COAST」にて開催。出演者はKOTOKO詩月カオリの2名。

2008年2月2日、全国ロードショーにて映画『リアル鬼ごっこ』が公開され、その同名主題歌をKOTOKOが担当し、1月15日には完成試写会(於・スペースFS汐留)で舞台挨拶を行った。I've初の実写作品への楽曲提供となった。その後、川田まみが映画「お姉チャンバラ THE MOVIE」、島みやえい子が映画「ひぐらしのなく頃に」、MELLが『斬 〜KILL〜』の主題歌を担当している。

2008年7月19日台湾にある「国立台湾芸術大学」にてライブ「SHORT CIRCUIT II Premium Show IN TAIWAN」を開催。

2008年9月24日ジェネオンエンタテインメントより、メジャーにて初となるコンピレーションアルバム「master groove circle」を発売。これまでのコンピレーションアルバムとは違い、各アーティスト(サイケデリックトランスのクリエイターが中心)がメジャーレーベルで発売した楽曲をリミックスしたアルバムとなる。

2009年1月1日、翌日のライブ『I'VE in BUDOKAN 2009 〜Departed to the future〜』の前夜祭として『I've 10th Anniversary Museum in TOKYO FM HALL』が東京半蔵門TOKYO FM HALLにて開催。 このイベントではI've所属のボーカリストたちの写真・衣装展示やプロモーションビデオ・メッセージ・ライブ映像の放映が行われた。 本イベントは、武道館前に特設テントを設置して開催される予定であったが、翌日の武道館ライブ設営のための重機や資材などを運び込む影響から直前に会場が変更された。

2009年1月2日、2度目の日本武道館ライブ公演『I'VE in BUDOKAN 2009 〜Departed to the future〜』を開催。I'veが誕生して10周年を記念するイベント。ゲストとしてブルーマングループエリック・ムーケIKUマーティ・フリードマン森岡賢、田中"Machine"康治が登場した。

2009年3月25日、I've創立10周年を記念したスペシャルCDボックス『I've Sound 10th Anniversary 「Departed to the future」Special CD BOX』を発売。

2011年6月29日島みやえい子が同日発売のベストアルバム『E.P.S -Eiko PRIMARY SELECTION-』の発売を以て、I'veを卒業。

2011年8月1日KOTOKOがプライベートオフィスである合同会社Orpheecoへの移籍を発表した。

2013年2月21日詩月カオリがI've卒業を発表。

2013年3月20日MELLが同日発売のベストアルバム『Entrust 〜the name of MELL〜』の発売を以て、I'veを卒業。同時に音楽活動を休止することを発表した。

スタッフ[編集]

クリエイター[編集]

高瀬一矢(たかせ かずや)
初期メンバーの一人で、クリエイター兼I'veの代表取締役。
多くの代表的楽曲の作曲・編曲を手掛け、I've初期の楽曲については作詞も担当。
I've外の歌手であるIKUのプロデュースも手掛けている。
中沢伴行(なかざわ ともゆき)
初期メンバーの一人で、I'veのクリエイター陣では最年少。
高瀬と共に多くの代表的楽曲の作曲・編曲を担当し、ボーカル曲以外に一部BGMも手掛ける。
当初は中澤伴行という名義で表記されていた。
C.G mix(しーじーみっくす)
2001年から参加。
ノリの良いダンス・ポップ系の作曲・編曲を得意とし、2003年からボーカリストとしても活動している。
なお、C と G の間はカンマではなくピリオドで、G と mix の間にピリオド等は入れない。
井内舞子(いうち まいこ)
2002年から外注クリエイターとして参加し、2013年からI'veに正式加入。
I'veの中では唯一の女性クリエイターで、BGMを中心にボーカル曲の作曲・編曲も数多く担当。
2005年前後までは羽越実有(うえつ みう)の名義で活動していた。
尾崎武士(おざき たけし)
1999年からギタリストとして参加。別名義にTAKESHIがある。
多くの楽曲のギターアレンジを手掛け、ライブやレコーディングではギター演奏を担当。

その他のスタッフ[編集]

板垣直基(いたがき なおき)
初期メンバーの一人。トータルマネージャーとして、主に広報活動や人事管理などを担当。
吉田春彦(ハリー吉田)(よしだ はるひこ)
I'veのアーティストマネージャー。FUCTORY recordsのロサンゼルスオフィスに勤務。
ライブのドラムを担当し、一部楽曲では作詞も手掛けている。
小林拡幸(こばやし ひろゆき)
I'veのアーティストマネージャーの他、グラフィックやイラスト、ツアードライバーなどを幅広く担当。
木村聡恵(きむら さとえ)
I'veのデスクマネージャー。


脱退したスタッフ[編集]

中坪淳彦(なかつぼ あつひこ)
クリエイターとして2000年から参加。
主にテクノ系の曲や既存の楽曲のリミックスを担当。2005年の武道館ライブの少し前にI'veから脱退。
TTB Studio代表であり、『FISH TONE』名義でも活動している。
wata(わた)
外注クリエイターとしてBGMでは2000年から、ボーカル曲では2002年から参加。
作曲・編曲をはじめ作詞やギターアレンジなども手掛けたが、現在はI'veからは退いている。
永田善也(ながたよしや)
初期メンバーの一人で作詞やBGMなどを担当していたが、現在はI'veから脱退し、作家として活動している。
DOLLY(どりー)
外注。2002年頃まで小動物と共同でBGMを担当していた。現在はI'veに関わっていない。
小動物(こゆるぎもの)
外注。2002年頃までDOLLYと共同でBGMを担当していた。現在はI'veに関わっていない。
三上誠一(みかみ せいいち)
初期メンバーの一人。事務のほか一部作詞なども手掛けていたが、現在はI'veから退いている。
辻内富久子(つじうち ふくこ)
アーティストマネージャーとして2005年から2008年の3年間務めていたが、2008年10月17日に退職した。
東美代子(あずま みよこ)
I'veのCDのジャケットデザインなどを手掛ける。
一法師康孝(いっぽうし やすたか)
初期メンバーの一人。

所属事務所[編集]

FUCTORY Records
由来はイギリスのインディーズレーベルである『Factory Record』と『FUCK』から。代表取締役は高瀬一矢。本社所在地は北海道札幌市白石区菊水上町

ボーカリスト[編集]

歌手[編集]

川田まみ(かわだ まみ)
2001年より参加。I'veデビュー曲は「風と君を抱いて」。
2005年2月23日、シングル「radiance」にてメジャーデビュー。
桐島愛里(きりしま あいり)
2009年より参加。I'veデビュー曲は「two HeaRt」。
ボーカルユニット「Larval Stage Planning」のリーダーを務めている。
柚子乃(ゆずの)
2013年より参加。I'veデビュー曲は「モラトリアム・クラスタ」。
北海道札幌市を中心に活動するガールズバンド「ナデシコドール」のボーカルとしても活動中。
C.G mix(しーじーみっくす)
クリエイター陣の一人で、I'veでは唯一の男性ボーカリストである。
ボーカリストとしては2003年から参加。I'veデビュー曲は「Welcome to HEAVEN!」。
2006年7月14日、アルバム「in your life」にてメジャーデビュー。

ユニット[編集]

Outer(あうたー)
KOTOKOとクリエイター陣によるバンドユニット。謎のグループということになっている。Vo:KOTOKO、Gt:高瀬一矢・尾崎武士、Ba:板垣直樹、Key:中沢伴行
Healing leaf(ひーりんぐ りーふ)
島みやえい子川田まみによるユニット。
KOTOKO TO AKI(ことこ と あき)
KOTOKOとAKIによるユニット。AKI引退に伴い解散。
I've Special Unit(あいぶ すぺしゃるゆにっと)
MELL島みやえい子SHIHO・KOTOKO・MOMO詩月カオリによるスペシャルユニット。SHIHO、MOMOがI've卒業に伴い解散。
Love Planet Five(らぶ ぷらねっと ふぁいぶ)
KOTOKO・川田まみ・島みやえい子・MELL・詩月カオリによるユニット。映画「灼眼のシャナ」の為に創られたスペシャルユニット。
KOTOKO to 詩月カオリ(ことこ と うたつきかおり)
Larval Stage Planning (らーばる すてーじ ぷらんにんぐ)
桐島愛里・舞崎なみ・朝見凛によるユニット。ユニットの命名者は高瀬一矢で、「幼虫期計画」という意味が込められている。

卒業・脱退した歌手[編集]

SHIHO(しほ)
2000年より参加。2006年3月脱退。現在はSTARAVIDで活動中。
MOMO(もも)
2001年より参加。2006年4月卒業。現在はモモイヒトミ名義でソロ活動中。
AKI(あき)
1999年より参加。ローカル深夜番組のナレーションもこなしていた。
長年消息が不明であったが、Visual Style5月号の高瀬のインタビューにて、2001年に体調不良の為に入院していたことが語られる。
怜奈(れいな)
2004年より参加。I'veデビュー曲は「Close to me…(Mixed up ver.)」。
2005年のI've武道館ライブに参加したが、2006年6月23日に「Cross talk -2006 ver.-」を発表して以来、現在まで新曲などのリリースもなく脱退したと思われる。
島みやえい子(しまみや えいこ)
1999年より旧名の「島宮えい子」名義で参加。I'veデビュー曲は「Last regrets -X'mas floor style-」。2005年3月にメジャーデビュー。
2011年6月29日、自身初のベストアルバムの発売を持って、I'veを卒業。
KOTOKO(ことこ)
2000年より参加。I'veデビュー曲は「Close to me…」。2004年4月にアルバム「羽-hane-」にてメジャーデビュー。
2011年8月1日、プライベートオフィスである合同会社Orpheecoへの移籍に伴い、I've脱退を発表。[1][2]
詩月カオリ(うたつき かおり)
2002年より参加。I'veデビュー曲は「Senecio」。2007年8月1日にシングル「Shining stars bless☆」にてメジャーデビュー。
2013年2月21日、I've卒業を発表。
MELL(める)
1998年より参加。I'veデビュー曲は「美しく生きたい」。2006年6月14日にシングル「Red fraction」にてメジャーデビュー。
2013年3月20日、自身初のベストアルバムの発売を持ってI'veを卒業すると同時に、音楽活動を休止することを発表した。
舞崎なみ (まいさき なみ)
2010年より参加。I'veデビュー曲は「piece of my heart」。
ボーカルユニット「Larval Stage Planning」の元メンバーで、2014年4月をもって朝見凛と共にユニット及びI've卒業を発表。
朝見凛 (あさみ りん)
2010年より参加。I'veデビュー曲は「lead to the smile」。
ボーカルユニット「Larval Stage Planning」の元メンバーで、2014年4月をもって舞崎なみと共にユニット及びI've卒業を発表。

ゲスト参加・楽曲提供した歌手[編集]

Lia(りあ)
現在はqueens labelで活動しており、一時期アメリカロサンゼルス在住だった。「I've in BUDOKAN 2005 〜Open the Birth Gate〜」にもゲスト出演した。
彩菜(あやな)
I've in BUDOKAN 2005 〜Open the Birth Gate〜」にもゲスト出演した。
佐藤ひろ美(さとう ひろみ)
KOTOKOとのユニットにて「I've in BUDOKAN 2005 〜Open the Birth Gate〜」にもゲスト出演した。
IKU(いく)
I'VE in BUDOKAN 2009 〜Departed to the future〜」にもゲスト出演した。
MAKO(まこ)
オムニバス「I've Girls Compilation」シリーズの『verge』に参加して以降、メディアへの露出がなかったが、カバーオムニバス「TRIBAL LINK」で参加している。
Ray(れい)
黒崎真音(くろさき まおん)
茅原実里(ちはら みのり)
やなぎなぎ
奥井雅美(おくい まさみ)
松澤由美(まつざわ ゆみ)
美妃(みひ)
R.I.E(りえ)
MARY(まりー)
MIKI(みき)
宮崎麻芽(みやざきあさめ)
堤伊之助(つつみいのすけ)
『堤伊之助』はゲーム『Treating2U』内の登場人物名で、実際に歌っているのが誰なのかは詳細不明だが、高瀬の歌う『Last regrets』仮歌の歌声が酷似しているため、高瀬一矢であるという説が有力だった。しかし、高瀬のインタビューにて別人であることが判明した。

ディスコグラフィー[編集]

各アーティストのソロ活動のシングルCDについてはそれぞれの項目を参照。ここではユニットやコンピレーションアルバムのディスコグラフィーを掲載する。

ユニット[編集]

I've Special Unit[編集]

製作:I've(FUCTORY Records) 発売元:ビジュアルアーツ

Love Planet Five[編集]

発売元:ジェネオンエンタテインメント(現:ジェネオンエンタテインメント

KOTOKO & 佐藤ひろ美(佐藤裕美)[編集]

発売元:ランティス

GIRLS COMPILATIONシリーズ[編集]

製作:I've(FUCTORY Records) 発売元:ビジュアルアーツ

コンセプトアルバム[編集]

製作:I've(FUCTORY Records) 発売元:ビジュアルアーツ

ベストアルバム[編集]

製作:I've(FUCTORY Records) 発売元:ビジュアルアーツ

カバーアルバム[編集]

製作:I've(FUCTORY Records) 発売元:ビジュアルアーツ

コンピレーションアルバム[編集]

発売元:ジェネオンエンタテインメント(現:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン

コミックマーケットで販売されたCD[編集]

製作:I've(FUCTORY Records) 発売元:ビジュアルアーツ

コミックマーケット59
  • Dear Feeling/KOTOKO TO AKI2000年12月29日発売))※( )内は歌唱を担当した歌手。
収録曲:prime(KOTOKO TO AKI)/Over(AKI)/空より近い夢 Second Track(KOTOKO TO AKI)/明日の向こう(KOTOKO)/prime(inse ver.)/regret spin style(アルバム『regret』のメドレー)/verge spin style(アルバム『verge』のメドレー)
コミックマーケット61
  • C-LICK/Various Artist2001年12月29日発売)※( )内は歌唱を担当した歌手。
収録曲:FUCK ME -Radio Activity Mix-(SHIHO)/verge -REVIVE Mix-(島みやえい子)/I pray to stop my cry -Nineball Mix-(MAKO)
収録曲:SHIFT -世代の向こう-/SHIFT -World Wide Mix-/SHIFT -世代の向こう-(カラオケ)
収録曲:ひとりごと/疾風雲/ひとりごと(カラオケ)/疾風雲(カラオケ)/ひとりごと(インスト)/疾風雲(インスト)
コミックマーケット63
  • diRTY GiFT/Various Artist2002年12月29日発売)※( )内は歌唱を担当した歌手。
収録曲:Overture(I've)/Dirty Boots(Outer)/SWAY(詩月カオリ)/World My Eyes(島みやえい子)/砂漠の雪(MELL)/Disintegration ::Symphony Second movement::(菅井えり)/Last movement(I've)
コミックマーケット65
収録曲:Ozone/銀河の子/十四の月/愛のうた/宇宙の花(e)
コミックマーケット67
  • Mixed up/Various Artist2004年12月29日発売)※( )内は歌唱を担当した歌手
収録曲:砂漠の雪(MELL)/Close to me・・・(怜奈)/同じ空の下で(川田まみ)/philosophy(MOMO)/See You 〜小さな永遠〜(MAKO)/Ever stay snow(SHIHO/砂の城 -The Castleof Sand-(島みやえい子)/涙の誓い -the divine pledge of tears-(KOTOKO)/verge(彩菜)/Cross talk(詩月カオリ)
コミックマーケット73
  • I've MANIA Tracks Vol.I/Various Artist2007年12月29日発売)※( )内は歌唱を担当した歌手。
収録曲:Synthetic Organism(Outer)/DROWNING -Ghetto blaster style-(MOMO)/HALLUCINO -Remix-(KOTOKO)/Treating 2U(堤 伊之助)/Time heals all sorrows(KOTOKO)/Lythrum(川田まみ)/L.A.M -laze and meditation- -2001 P.V Long Arrange Mix-(Outer)/sensitive 2001(島みやえい子)/Crossed Destiny(KOTOKO)/philosophy -Proto type Mix-(KOTOKO)/Leave me hell alone(Outer)/Welcome to HEAVEN! -Remix-(C.G mix)/See You 〜小さな永遠〜 -P.V ver.-(I've Special Unit)
コミックマーケット75
  • The Front Line Covers/Various Artist2008年12月29日発売)※( )内は歌唱を担当した歌手。
収録曲:RIDE(川田まみ)/DROWNING(島みやえい子)/季節の雫(KOTOKO)/Days of promise(川田まみ)/そよ風の行方(詩月カオリ)/birthday eve(川田まみ)/I Will・・・(島みやえい子)/Two face(MELL)/One small day(詩月カオリ)/Belvedia(KOTOKO)/Disintegration(MELL)/Dream to the new world(詩月カオリ)
コミックマーケット77
  • I've MANIA Tracks Vol.Ⅱ/Various Artist (2009年12月29日発売) ※()内は歌唱を担当した歌手。
収録曲:Ha!!!ppiness(Outer)/The Maze(川田まみ)/prime -"thank you"and"from now"-(KOTOKO)/Fortress(島みやえい子)/our youthful days(MELL)/absurd(KOTOKO)/こなたよりかなたまで(MOMO)/YA・KU・SO・KU(KOTOKO)/CAVE(KOTOKO)/砂の風(MELL)/Fatally(KOTOKO)/秋風に君を想ふ(Healing Leaf)/↑青春ロケット↑ -SHORT CIRCUIT Ⅱ EDIT-(KOTOKO to 詩月カオリ)/under the darkness -Remix-(C.G mix)
コミックマーケット79
  • I've MANIA Tracks Vol.Ⅲ/Various Artist (2010年12月29日発売) ※()内は歌唱を担当した歌手。
収録曲:Isolation(怜奈)/cross up(KOTOKO)/cross my heart(島みやえい子)/World meets worlds(SHIHO)/cross talk -2006 ver.-(怜奈)/satirize(宮崎麻芽)/恋のマグネット(MOMO)/eclipse -UETSU MIU style-(川田まみ)/loose(KOTOKO)/I pray to stop my cry(KOTOKO)/spillage(MOMO)/悲しみの花 -MELL LIVE IN TOKYO 2010 Mix-(MELL)

DVD[編集]

製作:I've(FUCTORY Records) 発売元:ビジュアルアーツ

  • prime prototype(C59セット)
  • I've P.V.Collection Vol.1 L.A.M/Repeat(C61セット)
  • I've P.V.Collection Vol.2 疾風雲←HAYATE→GUMO(C63セット)
  • I've P.V.Collection Vol.3 SEE YOU〜小さな永遠〜(LAMENT/OUT FLOW に同梱)
  • Making of I've IN BUDOKAN(C69セット)
  • I'VE in BUDOKAN 2005 〜Open the Birth Gate〜
  • I'VE in BUDOKAN 2005 〜COMPLETE EDIT〜

TRANCE関連のCD[編集]

CURE TRANCEシリーズ[編集]

発売元:キングレコード

  • CURE TRANCE Vol.1『Psychedelic』
  • CURE TRANCE Vol.2『Psychedelic GOA』
  • CURE TRANCE Vol.3『Psychedelic IBIZA』

VERVE CIRCLEシリーズ[編集]

発売元:キングレコード

  • beyond the underground groove
  • beat spellbound-agitation mix
  • electronica-mayhem
  • Psychedelic Trance Edition featuring GMS
  • Psychedelic Trance Edition -Journey of Space Exploration-
  • Psychedelic Trance Edition -Fantastic Planet-
  • Psychedelic Trance Edition -Nature & ReNature-
  • Best of verve-circle I've found the fountains of paradise
  • Best of verve-circle Psychedelic Trance edition

TRANCE MAGICシリーズ[編集]

オムニバス参加、発売元:コロムビアミュージックエンタテインメント

  • TRANCE MAGIC Vol.1
  • TRANCE MAGIC Vol.2
  • TRANCE MAGIC Vol.3

その他[編集]

FISH TONE(中坪淳彦)アルバム

  • FISH TONE
  • KING JOE
  • noyau
  • 2006 SEPTEMBER
  • REVIVE(1stアルバム「FISH TONE」のリマスタリング(正確には初期プロット段階)作品。そのためタイトルも「REVIVE」という)
  • 2007 SEP
  • RIOT OF ELECTRON

HARD STUFF(高瀬一矢中沢伴行のユニット)

  • Luding Out

WORM WORLD(高瀬一矢のI've以前のユニット名)

  • EURO1
  • EURO2
  • EURO3
  • EURO4

F.T.K.

  • IS THIS THE WAY YOU KILL A LOVE - GINA

※発売元がビジュアルアーツの作品は、基本的にゲーム流通に乗るため、大手レコード店では販売されないので注意が必要。

脚注[編集]

  1. ^ KOTOKO. “KOTOKOからのお知らせ”. 2011年8月1日閲覧。
  2. ^ KOTOKO. “初めまして!始めました☆”. 2011年8月1日閲覧。

外部リンク[編集]

I've ウェブサイト[編集]

NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン内のオフィシャルサイト[編集]

各アーティストのオフィシャルサイト[編集]

各アーティストのツイッター[編集]

関連サイト[編集]