Hot Standby Router Protocol

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Hot Standby Routing Protocol (ホット・スタンバイ・ルーティング・プロトコル・以下HSRPと略す) は、シスコシステムズ社製のルータに実装されている、ルータの多重化を行うためのプロトコル[1]。文字通り、ホットスタンバイの状態からルーティングできるプロトコルである。

各ルータに一つずつIPアドレスを振った上で、多重化されているルータ全体にさらに1つIPアドレスを割り当て、通信する際は全体用のIPアドレスに要求を送信する。実際の通信は1台のルータで行われるが、そのルータがダウンした場合には、別のルータに自動的に交代することができる[2]。切り替えに必要な時間は1秒程度。同様の技術にVRRPがあるが、相互運用性はない。

類似の冗長化の技術の特許であるVRRPCARPがHSRPの特許に抵触しているとシスコシステムズが主張したことがある[3][4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ HSRP 【 Hot Standby Routing Protocol 】”. e-words.jp. 2014年3月11日閲覧。
  2. ^ HSRP”. sophia-it.com. 2014年3月11日閲覧。
  3. ^ Alexandre Dulaunoy. “VRRP : Confusion in the land of patents...”. foo.be/vrr. 2014年3月12日閲覧。
  4. ^ 萩野純一郎. “CARP: common address redundancy protocol”. ietf.org. 2014年3月12日閲覧。

外部リンク[編集]