hosts

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

hosts(ホスツ)とは、TCP/IPを利用するコンピュータにおけるホスト名のデータベースで、IPアドレスとホスト名の対応を記述したテキストファイルである。hosts のフォーマットは、4.2BSDで登場した。DNSが一般的になった今日では、その使用は限定的なものにとどまっている。

書式[編集]

hostsファイルはテキストファイルで、1行ごとに以下のような書式で書く。

IPアドレス ホスト名...

IPアドレスやホスト名の区切りにはスペースまたはタブを用いる。 ホスト名は1行に複数書くことができ、もっとも左のものが「正式」とみなされる。IPアドレスからホスト名への変換の際には「正式」のホスト名が返される。

以下に例を示す。

127.0.0.1 localhost
211.115.107.162 ja.wikipedia.org commons.wikimedia.org

この例では、localhostのIPアドレスが127.0.0.1(ループバックアドレス)であり、ja.wikipedia.orgとcommons.wikimedia.orgのIPアドレスが211.115.107.162であると定義している。

動作原理[編集]

TCP/IPを利用するアプリケーションを実行すると、そこから呼び出されるリゾルバライブラリがhostsを読み込み、その内容にしたがってIPアドレスとホスト名の相互変換(名前解決)を行う。

hostsの変更を有効にするために、アプリケーションの再起動が必要となる場合がある。

hostsの用途[編集]

今日ではDNSが広く用いられているため、hostsの用途は限定的・副次的なものである。

起動時に最低限必要なホスト名[編集]

DNSはネットワークが稼動していなければ参照できないが、hosts はディスクが読めれば参照できる。 したがって、OSの起動時に最低限必要となるホスト名とIPアドレスの対応をhostsに書くことが一般的である。

ほとんどの場合、OSをインストールした時点で最初からlocalhostが記述されている。 IPアドレスを固定で設定してあるコンピュータの場合は、それも書くことが多い。 場合によっては、LAN内のサーバルーターなどを書くこともある。

DNS不調時の代替[編集]

DNSが不調でホスト名が解決できない場合に、hostsファイルで代用することができる。 特定のホストのIPアドレスがわかっていて、とりあえずそこにアクセスできればよいという場合には、一時しのぎとして有効である。

たとえば、ウィキペディアのDNSが不調の場合、前記の例のように記述しておけば、ja.wikipedia.orgやcommons.wikimedia.orgにアクセスできるようになる。

ただし、外部のホスト名やIPアドレスはいつ変更されるかわからないので、平素からこのような使い方をすることは避けるべきである。

ウイルスチェックなど[編集]

アンチウイルスソフトウェア電子メールをスキャンするために、hosts を利用することがある。

たとえば、電子メールクライアントPOPサーバの設定がmail.example.ne.jpとなっており、hostsファイルにはlocalhostのみが記述されているものとする。 ここにアンチウイルスソフトウェアをインストールして、電子メールスキャンを有効にすると、アンチウイルスソフトは常駐してPOPプロキシとして機能するとともに、hostsを以下のように書き換える。

127.0.0.1 localhost mail.example.ne.jp

こうすると、電子メールクライアントはmail.example.ne.jpにアクセスしているつもりが、実はローカルプロキシとして機能しているアンチウイルスソフトにアクセスすることになる。アンチウイルスソフトは本物のmail.example.ne.jpからメールを受信し、ウイルスチェックを行って電子メールクライアントに渡す。

このような仕組みをとることで、電子メールクライアントの設定を変更せずに、電子メールクライアントとPOPサーバの間に介入することができる。 ただし、アンチウイルスソフトが動作していなかったり、アンインストールが正常に完了せずhostsファイルが書き換えられたまま残ったりすると、メールを受信できない事態になる。

なお、これは一例であり、電子メールをスキャンするすべてのアンチウイルスソフトがこのような仕組みを用いているとは限らない。

NISマップ[編集]

NISのhostsマップを使用している場合、NISサーバは配布する情報をhostsに保持しておく必要がある。 通常は、LAN内の各コンピュータの情報が含まれる。

UNIXのみで構成されたネットワークでない限り、NISをホスト名の解決に用いることは稀なので、今日ではこのような利用法はあまり一般的ではない。

格納場所[編集]

hostsファイルは一般に"hosts"というファイル名であるが、格納場所はOSによって異なる。

OS名 格納場所
UNIX/Linux /etc/hosts
Windows NT系列 %SystemRoot%\System32\drivers\etc\hosts
Windows 95系列 %WINDOWS%\hosts
Mac OS X /etc/hosts(シングルユーザーモードでのみ有効)
BeOS /boot/beos/etc/hosts

類似機能との関係[編集]

ホスト名とIPアドレスの対応をとる機能は、hosts のほかにDNSがある。 また、NISのhostsマップも用いられることがある。 これらのうちいくつかを利用している環境では、その優先順位が問題となる。

現代的なUNIXでは、/etc/nsswitch.confなどの定義ファイルで優先順位を定義することができる。 Windowsにおいては、hostsが優先され、次にDNSが参照される。

セキュリティ上の問題[編集]

ウイルスやスパイウェアなどのマルウェアが hosts を書き換えて、ユーザを偽のホストへ誘導することがある(ファーミング詐欺)。これは hosts が一般にDNSより優先して参照されることを悪用したものである。

対策としては、以下のようなことが考えられる。

  • hosts の属性を書込み禁止にする。(ただしマルウェアが管理者権限で動作していれば無効)
  • hosts の変更を監視するようなセキュリティソフトを利用する。
  • hosts の内容をときどきチェックする。
  • オンラインショッピング・オンラインバンキング・ソフトウェアダウンロードなどのサイトでは、正しいサーバかどうかよく確認する。

参考文献[編集]


関連項目[編集]