Hercules Graphics Card

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hercules Graphics Card

Hercules Graphics Card (HGC)は、1980年代中ごろのHercules Computer Technology, Inc.によるPC/AT用グラフィックスコントローラであり、当時、純正品ではないにもかかわらず、標準的な地位を占めていた。MDA用モニタがそのまま利用できる。コントローラは、MDAやCGA同様モトローラMC6845を用いている。

HGCは、720x348 のモノクロ表示をサポートし、特にスプレッドシートの利用者に愛用された。

HGCは他のIBM標準のディスプレイアダプタと異なるアドレス(CGAが0b800h・VGAが0a000h、HGCは0b000h)を用いるため共存が可能で、2画面を同時使用できる。 そのため、CADやプログラムのデバッグの時にも重宝されていた。

なお、XFree86の2.x世代でマルチディスプレイをサポートしていたのはVGA系とHGCの組み合わせのみであったのもこの伝統からであろう。