Help:管理者マニュアル ロールバック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
管理者マニュアル
管理者 - 管理者が心得るべき文書の一覧 - FAQ 管理業務
巻き戻し
管理者マニュアル: 巻き戻し

巻き戻し[編集]

どの利用者もページを差し戻すことができますが、管理者・巻き戻し者は「巻き戻し」(rollback)機能を用いてこれを簡単に行なうことができます。ただしこの機能は、最後の2回以上の編集が同一の利用者によるもので、うち1つ前の編集に差し戻したいだけである場合には、使うことができません。

この機能は、編集内容をいちいちチェックする必要がないような既知の荒らしに対応する場合に役立つ一方、単純なNPOV問題に対しては、差し戻しの理由が提示できないため問題になる場合があります。

操作方法[編集]

ある利用者の編集を無効にして元に戻したい場合には、ページの履歴や、利用者の投稿記録や、差分ページの"差し戻し"のリンクをクリックしてください。

利用者の投稿記録ページでは、管理者巻き戻し者には、"最新" マーク(この編集がその記事への最後の更新であることを示しています)のある行に "差し戻し" リンクが追加されています。当該利用者の編集を無効にして元に戻したい場合には、そのリンクをクリックすると、その利用者が関わっていない版のうち最後のものに差し戻されます。

この差し戻しは、「細部の編集」としてM扱いとなります。要約欄には自動的に 「$2 (会話) による版を $1 による版へ巻き戻し」 ($2は最後に編集を行った者(="差し戻し"リンクが表示されていた投稿記録の利用者)、会話=リンクが表示されていた利用者の会話ページ、$1は$2が編集を行う前の版における投稿者)と入力されます。

もし、「利用者の投稿記録」ページを読み込んでから "差し戻し" リンクをクリックするまでの間に誰かがそのページを編集したり差し戻ししたら、「巻き戻しに失敗しました」というメッセージが詳しい説明とともに表示されます。その問題の利用者が、そのページを作成し、かつ唯一の編集者であった場合も、"差し戻し"リンクは現れますが、それをクリックしても 「編集を差し戻せません。 最後の投稿者が、このページの唯一の作者です。」というメッセージが表示されるだけです。

ボットの巻き戻し[編集]

大規模な破壊行為が行なわれて、最近の更新が埋め尽くされてしまうような場合には、「ボットの巻き戻し」 をすることができます。これを行うには、まず当該利用者の投稿記録ページを開き、ウェブブラウザのURL欄にてURL末尾に&bot=1と付けて改めて表示してください。たとえば、 http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Special:Contributions&target=Vandal&bot=1 といった具合です。そうしてからそのページ(再表示した利用者の投稿記録ページ)で巻き戻し機能を使用して差し戻しをすると、その利用者による破壊行為も、あなたによる差し戻しも、ボットによる編集(b)としてマークされ、両方の編集が最近の更新から隠されます(最近の更新の閲覧者は「ボットの編集を表示」とすることで表示できます)。

&=botを入れると&Bot=1までを利用者名として認識される場合
http://ja.wikipedia.org/wiki/Special:Contributions/ウィキ助 などのように、URLに?が含まれていない場合、&bot=1を付けるとウィキ助&bot=1までを利用者として認識します。その場合は&を?に変えて?Bot=1とすることで回避できます。

巻き戻しリンクの非表示[編集]

巻き戻し機能は便利ですが、誤ってクリックすると意図しない巻き戻しが行われる欠点があります。巻き戻しのリンクを非表示にするには、あなたのユーザースタイルシート(詳しくはヘルプ:外装の詳細設定)に

.mw-rollback-link {display: none;}

と記入します。ウォッチリストページの巻き戻しリンクのみを非表示にするには

.page-特別_ウォッチリスト .mw-rollback-link {display: none;}

と記入します。

その他[編集]

このマニュアルは、管理者のみではなく、巻き戻し者のマニュアルを兼ねています。