Hello Sleepwalkers

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 2008年-
レーベル A-Sketch
公式サイト http://www.hellosleepwalkers.com/#top/

Hello Sleepwalkers(ハロー・スリープウォーカーズ)は、日本ロックバンド。略称として『ハロスリ』が用いられる。

概要[編集]

  • 2008年に結成し、2012年1月に「マジルヨル:ネムラナイワクセイ」でメジャーデビュー。
  • バンド名はCDデビュー前に「現実味を帯びた「walker」と空想的な世界観を持つ「Sleep」」という意味を持って名付けられた。
  • かつては「どんぐりバスター」というバンド名で活動。アマチュアアーティストの全国大会「The 4th Music Revolution」の福岡エリア代表として出場していた。
  • 「どんぐりバスター」の由来は、シュンタロウとマコトのさようならの代わりだった。
  • 2011年10月5日にタワーレコード限定で発表したシングル「センチメンタル症候群」はタワーレコード内インディーズランキング1位を獲得[1]し、様々なラジオ音楽専門チャンネルヘビーローテーションされた[2]

来歴[編集]

メンバー[編集]

  • シュンタロウ - ボーカルギター
    メンバーでのリーダー的存在。ライブではナルミと共にMCを担当している。
    現在すべての楽曲の作詞作曲を担当している。作曲方法は独特でAメロの作詞作曲を完成させてから次のBメロの作詞作曲をするというスタイルであり、そのため独特の変則リズムが生まれる。
    ベース以外の楽器は彼がデモを作り、曲を作っていく。
    小学校6年生の時に姉にいらなくなったベースを買わされたことにより楽器を始めた。中学生で作詞作曲をし、当時は全英詞の曲であった。その際ドラムの音は枕をたたく音で代用していた。高校で軽音楽部に入部していたが、そこではギターだけであった。メンバーで一番身長が高い。
  • ナルミ - ボーカルギター
    高校卒業時にシュンタロウからギターとしての誘いを受け加入。シュンタロウと共にボーカルを務める。メンバーの中で唯一女性。
    ユウキとは地元が同じという知り合いで「ドラムがすごい上手い人」という風に知っていたらしい。
  • タソコ - ギター
    シュンタロウと大学で知り合い、自分もギターがやりたいとシュンタロウに猛烈なアプローチをし、メンバーに加入。以後、シュンタロウが今まで担当していた俗に言う「ピロピロ音」を担当することとなる。ハットを被っていることが多い。
  • マコト - ベース
    シュンタロウとはどんぐりバスター前からのメンバー。彼が唯一、作曲の際にベースを自身で作成している。楽曲ではセリフを担当している。
    タソコがバンドに入るというのを聞き、初めは嫌がっていたが、「タソコが加入することでステージの前のほうは任せられる」ということで加入を承諾。主な加入拒否の理由は「物理的にスタジオに5人も入らないから」
  • ユウキ - ドラムス
    2歳からドラムをしており、最後に加入したメンバー。ナルミと地元が同じということで誘われた。
    インタビューやライブでも滅多に話すことが無い。メンバーの中で最年少。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2011年10月5日 センチメンタル症候群 HSW-1 タワーレコード限定
2nd 2012年6月6日 円盤飛来 AZCS-2019 オリコン初登場96位
3rd 2014年1月29日 午夜の待ち合わせ AZCS-2031 アニメ「ノラガミ」オープニングテーマ
1曲入りワンコインシングル
オリコン初登場23位、登場回数4回

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2012年1月18日 マジルヨル:ネムラナイワクセイ AZCS-1017 オリコン初登場50位、登場回数3回
2nd 2014年2月19日 Masked Monkey Awakening AZCS-1027 オリコン初登場25位

バンドスコア[編集]

  • Hello Sleepwalkers 「マジルヨル:ネムラナイワクセイ」 バンド・スコア(2012年6月28日)

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
清家崇人 「月面歩行 (Live Ver.)」
フカツマサカズ センチメンタル症候群」「円盤飛来」「月面歩行
福居英晃 猿は木から何処へ落ちる
ucnv/古屋蔵人 午夜の待ち合わせ

脚注[編集]

  1. ^ 初の東京単独ライブ決定”. ORICON STYLE (2011年12月5日). 2012年1月17日閲覧。
  2. ^ Hello Sleepwalkersの話題曲PVがスペシャでヘビロテ”. ナタリー (2011年10月5日). 2012年1月17日閲覧。

外部リンク[編集]