Halo 4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Halo 4
ヘイロー4
ジャンル ファーストパーソン・シューティングゲーム
対応機種 Xbox 360
開発元 343 Industries
発売元 マイクロソフト
シリーズ HALOシリーズ
人数 1人~4人 (オンラインプレイは1人~16人)
メディア DVD
発売日 アメリカ合衆国の旗 2012年11月6日
日本の旗 2012年11月8日
その他 Xbox Live、システムリンク対応、ドルビーデジタル対応
テンプレートを表示

Halo 4 』(ヘイローフォー)は、マイクロソフトより発売されたXbox 360用のゲームソフトである。本作の開発はシリーズ本編では初めて343 Industriesが手がける。

本作はHALOシリーズ本編としては「Halo 3」以来5年振りの作品となり、シリーズ本編の4作目にして、新編『リクレイマー・サーガ』の序章となることが発表されている。

キャッチコピーは『An Ancient Evil Awakens(いにしえの悪が目覚める)』。

概要[編集]

本作では、前作までの開発スタジオであるBungieから、マイクロソフトゲームスタジオ内の343 Industiresへと開発が移行した。なお、343 IndustriesはHaloシリーズ制作のために新設されたスタジオであり、ディレクターのフランク・オコナーを始めとしてBungie studioで本シリーズに携わっていたスタッフも多数在籍している。

ゲーム内容としては通常のキャンペーンモードの他に、オンラインまたはオフラインで楽しむマルチプレイヤーモードに加え、「Spartan Ops」モードが用意されている。

「Spartan Ops」モードでは無料で配信される連続した短編シナリオをCo-opでプレイでき、それによって本編のストーリーも補完される予定。

本作は通常版の他にリミテッドエディションが用意されており、マップパックのダウンロード権や実写で世界観を再現した「Halo 4: Forward Unto Dawn」などが収録されている。

あらすじ[編集]

戦いを終え、破壊された船内でAIである相棒・コルタナに見守られコールドスリープに入ったマスターチーフ。4年間の眠りから目覚めた彼は、コルタナの悲痛な呼びかけを耳にする。フォアランナーが建造した人工惑星「レクイエム」、見えざる力に引き寄せられた新造戦艦・UNSCインフィニティ、そして遭遇する未知の敵…人類を巻き込んだ新たな戦いが始まろうとしていた。

War Games[編集]

本作のマルチプレイヤーモードは「War Game」と呼称されており、新造戦艦UNSCインフィニティ内での軍事演習という体裁をとっている。

出撃時に武装や能力を選択できるロードアウト機能や、特殊能力であるアーマーアビリティ、ポイントで購入する各種要素など、従来作にも増して個々のカスタマイズ性が拡充されている。

Spartan Ops[編集]

エピソード形式で配信される無料のコンテンツ。毎週15分×5本程度の短編ミッションを配信するとしており、ミッションはCo-opでプレイする事も可能。

好評であればTVドラマのシーズンのように長期間の配信も予定している。

サウンド・トラック[編集]

前作までオーディオ全般を担当していたMartin O'Dnnellに代わり、マッシヴ・アタックのプロデュース等で活躍するニール・ダヴィッジが作曲を担当する。また、オーディオディレクターはメタルギアソリッドシリーズを手がけてきた戸島壮太郎

関連項目[編集]

外部リンク[編集]