SY-1 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
HY-2 (ミサイル)から転送)
移動: 案内検索
HY-2
Silkwormmissile.750pix.jpg
発展型のHY-2
種類 対艦ミサイル
製造国 中華人民共和国の旗 中国
性能諸元
ミサイル直径 0.76m
ミサイル全長 7.36m
ミサイル翼幅 2.75m
ミサイル重量 2,998kg
弾頭 513kg
射程 95 km (51 nmi)
推進方式 液体燃料ロケット
誘導方式 中間:オートパイロット
終末:ARH
飛翔速度 M0.9
テンプレートを表示

SY-1中国語: 上游一号, 拼音: Shang-You-1)は、中国で開発された対艦ミサイルソビエト連邦製のP-15 テルミート(SS-N-2 スティックス)のライセンス生産版であり、西側諸国においては、アメリカ国防総省(DoD)識別番号としてはCSS-N-1NATOコードネームとしては「スクラブブラッシュ」(: Scrubbrush)と呼ばれた[1]

また、のちには、発展型としてHY-1中国語: 海鷹一号, 拼音: Hai-Ying-1; CSS-C-2 シルクワーム)やHY-2(CSS-C-3 シアサッカー; 輸出名はC-201)も開発されており、これらも本項で扱う。

来歴[編集]

中華人民共和国国防部では、1956年10月に第五研究院(現在の中國航天科工集團公司CASIC)を設置して、巡航ミサイルの技術開発を進めていた。1950年2月の中ソ友好同盟相互援助条約を受け、1957年には防衛技術協力条約(Sino-Soviet agreement on new technology for national defense)も締結された。これを受けて、1958年中国は、P-15 ミサイルおよびその製造設備をソ連より購入した。生産ラインは南昌飛機製造公司に設置され、銭学森博士の指導のもと、2年後にはライセンス生産に着手した。これによって生産されたのがSY-1(上游-1)であり、1964年8月には工場の試験を通過した。1967年8月、ミサイルの量産が認可され、1960年代後半には中国人民解放軍に就役した[1]

中国独自の改良型であるHY-1(海鷹-1)も、1968年12月には試験に成功し、1974年より就役した。これはさらにHY-2に発展し、こちらは1980年代初頭より登場した[2]。また、SY-1も、射程延伸型のSY-1A(95km)を経て、1990年代には動力を固体燃料ロケットに変更したSY-2に発展した[1]

設計[編集]

中国人民革命軍事博物館に展示されている牽引式のHY-2地上発射機

上記の通り、SY-1はソ連P-15ライセンス生産版であるため、設計はこれと同一のものとなっている。動力としては液体燃料ロケットエンジンが用いられていたが、SY-2では固体燃料ロケットモーターとされた。また、HY-4では、サステナーはターボジェットエンジンとされている[1]。巡航高度の調節は、SY-1では気圧高度計によって行われていたが、SY-1A以降では電波高度計に変更されてやや低空での巡航が可能となっており、例えばHY-2では100m、HY-2Gでは30-50mとされている[2]

派生型一覧[1]
本国名 DoD識別番号 NATOコードネーム 輸出名 プラットフォーム 射程
SY-1 CSS-N-1 スクラブブラッシュ FL-1 艦対艦 40km
HY-1 CSS-N-2 サフラワー 艦対艦
CSS-C-2 シルクワーム 地対艦
HY-2 CSS-N-3/CSS-C-3 シアサッカー C-201 艦対艦/地対艦 95km
SY-2 CSS-N-5 サボット FL-2 艦対艦 50km
HY-4 CSS-C-7 サッドサック C-201W 地対艦 135km

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]