HX106船団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

HX106船団第二次世界大戦中に運航された船団の一つで41隻の船からなり、ノバスコシアハリファックスからイギリスリバプールへ向かった。

1941年2月8日、水平線上に2隻のドイツ巡洋戦艦シャルンホルストグナイゼナウが現れた。この2隻はギュンター・リュッチェンス提督が率いていた。シャルンホルストの艦長は、グナイゼナウが商船を沈めることが出来るようシャルンホルストが護衛の戦艦ラミリーズを引き付けるという提案をした。シャルンホルストはラミリーズより11ノット優速であり、その主砲もラミリーズのものより射程が長いため、シャルンホルストのリスクは小さかった。だが、リュッチェンスはヒトラーの敵の主力艦とは交戦するなという命令に従い、船団攻撃はおこなわなかった。ラミリーズの存在により船団は危機を回避できた。

この後、船団は潜水艦によって2隻の商船を失った。