HUBO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Albert HUBO

HUBO(ヒューボ KHR-3)は韓国科学技術院(KAIST)によって開発された二足歩行人型ロボットで、1年間の作業の末、2005年1月6日に発表された。ASIMOの公開技術を基に開発された[要出典]。HUBOは音声認識と合成機能、二つの目が別々に動く精巧な視覚機能を備えている。HUBOとはhumanoid robotの短縮形である。

開発の歴史[編集]

韓国のロボット工学の歴史は比較的短い。KAISTが呉俊鎬(オ・ジュンホ)教授の下で2000年に研究を開始した程度だ。最初のプロトタイプKHR-1は頭や腕がない状態で開発され、2003年に発表された。続くKHR-2は2004年に発表された。

2005年11月に韓国ソウルで開かれたAPEC首脳会議で、韓国、ダラステキサス州に拠点を置くハンソン・ロボテックス社(HRI)とKAISTは世界で初めて等身大二足歩行型のフレームに人の顔を搭載したロボットを発表した。歩行フレームは既存のものだったが、顔は物理学者のアルバート・アインシュタインのものを正確に再現していて、話すことや、広範囲にわたる自然な表情を表現することができる。表情の機能はHRIが開発したフィリップ・K・ディックのアンドロイドを元に作られており、2005年にイリノイ州シカゴで開かれたWIRED主催のNextFestで公式に発表されている。

人型のプロトタイプは公式にアルバート・アインシュタイン・ヒューボ(Albert HUBO)と呼ばれる。

その後、ライバルと自称するアシモとの差が一向に縮まらず、遂に搭載人工知能の自主開発を完全に放棄し、人工知能部分をアメリカやイスラエル、日本の研究者から無償提供してもらう戦略に変更された。

この人工知能部分もソース譲渡・公開を基本としているにも関わらず実態としてはオープンソースではなく、権利は開発者にあるが、その結果を独自に改変して他分野に転用できるというものであり、韓国側に一方的に有利な朴李戦略・ミートゥー戦略の延長ではないかと賛否両論が提示されている。

そのため、他国研究者の参加はほとんどなく、DARPAのロボティクスチャレンジにおいても、韓国の研究者がアメリカの大学で1名のみ参加を表明している。

また、ハード部分においてもアシモ及び開発中の次世代アシモの足下にも及ばず、細かな制御を実施する機構も開発は難航しており、現状、研究途上でもかなり初期のレベルとされる。

特徴と技術[編集]

KHR-0
(2001)
KHR-1
(2002)
KHR-2
(2004)
HUBO (KHR-3)
(2005)
Albert HUBO
(2005)
HUBO (KHR-4)
(2009)
体重 29 kg 48 kg 56 kg 56 kg 57 kg 45 kg
身長 110 cm 120 cm 120 cm 125 cm 137 cm 125 cm
歩行速度 - - 1.2 km/h 1.25 km/h 1.25 km/h 1.5 km/h (走行速度3.6km/h)
連続稼働時間 - - - 60 分 60 分 120 分
自由度 12 21 41 41 66 41

関連項目[編集]

外部リンク[編集]