HOMEFRONT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
HOME FRONT (ゲーム)から転送)
移動: 案内検索
HOMEFRONT
ジャンル FPS
対応機種 PC, Xbox 360, プレイステーション3, OnLive, Steam
開発元 Kaos Studios
Digital Extremes (PC)
発売元 THQ
販売元 日本の旗 スパイク
シナリオ ジョン・ミリアス[1]
人数 1人
2~32人(オンライン)
発売日
デバイス キーボードマウスまたはコントローラー
エンジン Unreal Engine 3
テンプレートを表示

HOMEFRONT(ホームフロント)は、THQ傘下の Kaos Studio が開発したFPSゲームである。

概要[編集]

  • 舞台は2027年朝鮮人民軍によって西半分が占領されたアメリカ
  • シナリオは「地獄の黙示録」で脚本を書いたジョン・ミリアスが担当している。
  • 2010年12月に放送された「NHKスペシャル 世界ゲーム革命」において、海外ゲームの開発例として紹介されている。その際、開発をしているKaos Studios(ケイオス・スタジオ)も紹介された。
  • PC版は先日行われたアップデートにより DirectX11に対応し、対応カードで動作させればさらに綺麗なグラフィックで遊ぶことが出来る。
  • ちなみに元々の敵国は北朝鮮ではなく中国の予定であったが、諸般の事情(中華人民共和国文化部から咎められたとも語っている)があり、北朝鮮となった[2]
  • 北朝鮮軍が主な敵とされるために黄禍論的な内容という見方もあるが、プレー中には農地を拠点とするアメリカ人の暴徒達と戦うミッションが存在し、レジスタンスの一人が朝鮮系アメリカ人であるなど、「アメリカ人=善、朝鮮人=悪」とは言い切れないシナリオになっている。
  • 韓国では発売禁止タイトルに指定されている。Steam版は地域制限により、韓国では購入することが出来ない。一時は予約を受けたが、韓国のゲーム審議機関が配信中止を申し込み、発売は中止になった。予約したユーザーには払い戻しが行われた。

ゲームシステム[編集]

登場人物[編集]

ロバート・ジェイコブス 
本作の主人公。元米海軍パイロット。朝鮮人民軍からの召集命令を無視していたところ、突如自宅を急襲され護送されるところをレジスタンスにより救助。共闘することになる。
ブーン・カールソン
大朝鮮連邦からの解放を目的に戦うレジスタンスのリーダー。46歳の元警官。
コナー・モーガン
大朝鮮連邦からの解放を目的に戦うレジスタンスの一員。37歳。合衆国・ノースカロライナ州出身。
リアンナと共にジェイコブスを救助し、共闘するよう呼び掛けた。
リアンナ
大朝鮮連邦からの解放を目的に戦うレジスタンスの一員。27歳。アイルランド出身。格闘術が得意。銃の扱いも長けている。父親は元IRA兵。
コナーと共にジェイコブスを救助し、共闘するよう呼び掛けた。
ホッパー・リー
大朝鮮連邦からの解放を目的に戦うレジスタンスの一員。32歳。合衆国・カリフォルニア州サンフランシスコ出身。在米韓国人3世。メカに対しての知識がある。

ストーリー[編集]

2011年 
北朝鮮が核実験により国連より経済制裁措置を受ける。
2012年 
金正日(Kim Jong-il)が死去。息子の金正恩(Kim Jong-un)が新たな指導者となる
2013年 
南北朝鮮が統一され、大朝鮮連邦(Greater Korean Republic)となる。この業績により金正恩はノーベル平和賞を受賞する。
2014年 
南北統一と軍事プレゼンスの必要性低下の主張を受け入れ、旧韓国よりアメリカ軍が撤退する。
2015年 
世界的に石油不足の危機感が高まる中、サウジアラビアイランの紛争、ロシア欧州への原油供給削減を受け原油価格が急騰する。
2016年 
国内経済の不安定化により、アメリカ軍は日本を含む東アジア諸国より兵力を撤退する
2017年 
社会基盤の崩壊が続き、アメリカ合衆国戒厳が布告される
2018年 
4月1日, GKR特殊部隊による中国の原子力施設の破壊工作の後、GKRの「降伏しなければ日本の原子力施設も同じ運命をたどるだろう」という趣旨の勧告に対し日本が降伏[3]しGKRの属国となる。国連は日本占領を厳しく非難するが、GKR政府は国連からの脱退を表明。この降伏後、日本は一応の民主主義を保ってはいるようだが属領としての従属を余儀なくされる(例としてGKR軍による六ヶ所再処理工場における核燃料製造など)。
2019年 
国連が影響力を失い解体する
2020年 
カナダがアメリカ合衆国との国境を封鎖する
2021年 
GKRが多くのアジア諸国を支配下に置く。アメリカ合衆国ではKnoxville Cough(新型インフルエンザN5N1型WHOによりパンデミック認定)と呼ばれる新種の感染症が蔓延する。
2022年 
Knoxville Coughの感染を防ぐため、メキシコがアメリカ合衆国との国境を封鎖する。ハイパーインフレーションによりUSドルがその価値をほぼ失う。
2023年 
Knoxville Coughがアメリカ合衆国全域に拡大流行し猛威を振るう。朝鮮人民軍(KPA)の兵力が2千万に達する。
2024年 
GKRが、アメリカ合衆国が維持できなくなりつつあったGPSシステムに置き換わる次世代の人工衛星打ち上げ計画を発表する。
2025年 
カンザス州上空でGKRの人工衛星核爆発を起こし、大規模な電磁パルス(EMP)攻撃がアメリカ合衆国全土を覆う。これにより地上の電力供給網と電子機器の大半が破壊され、アメリカ合衆国のインフラが壊滅状態となる。これに連動し、GKRがアメリカ合衆国へ侵攻を開始。日本や東南アジア諸国から吸収した人員・技術などで強大化した朝鮮人民軍がハワイ占領西海岸への上陸、空挺部隊によるアメリカ中西部への攻撃を行う。欧州各国は経済崩壊により介入することができなかった。
2026年 
西部地域の支配を確実にするため、KPAがミシシッピ川放射性物質で汚染する。これはオペレーションウォータースネークと呼ばれ、GKRの軍事科学総合研究センターにより立案された。朝鮮半島産のストロンチウム90、大阪製作所で作成されたウラン235、および放射性セシウムを使用。この生成に当たっては4363名の科学者、技術関係者が死亡した。サンフランシスコまで日本海軍自衛隊から改称された、属領軍)によって輸送され、水源であるアイタスカ湖ミネソタ州)や、下流域のウィノナ(同)、マスカティーン(アイオワ州)、ケープジラードーミズーリ州)、セントジョセフ(ルイジアナ州)で散布された。ミシシッピ川流域100マイルでは致命的な放射能汚染が引き起こされ、メキシコ湾もかなりの汚染を被った模様である。この後、合衆国は東西に分割される。
2027年 
現在、アメリカ合衆国軍は完全に分断され無力化されていた[4]。その後、主人公たちの作戦により燃料が確保されたため、GKRによる統治政府が置かれていたサンフランシスコをアメリカ合衆国軍が爆撃し奪還。アメリカ合衆国海軍の残存部隊(恐らくは大西洋を行動範囲とする艦隊地中海艦隊)による逆上陸もあって戦局は次第にアメリカ合衆国優勢となってきており、欧州連合(EU)による介入の兆候も見られ、GKRの一部がアメリカ合衆国から撤退を始めている。

登場武装[編集]

火器[編集]

アサルトライフル サブマシンガン 機関銃 スナイパーライフル ハンドガン ショットガン ランチャー
M4 Kriss Super V M249 M110 M9 M870 スティンガー
ACR PWS Diablo SMG SCAR-H LMG M200 パンツァーファウスト3
SCAR-L
M16A4
T3AK
XM10

兵器[編集]

戦車 装甲車 ヘリコプター
M1A3 M1151 AH-64 アパッチ
T-99 MBT M2ブラッドレー Z-10 キメラ
LAV-25 UH-60 ブラックホーク
AH-700 Scout

軍事用ロボット[編集]

日本語版[編集]

  • 2011年4月14日、スパイクから発売予定であったが、パッケージ内容に不具合があり、一週間後の21日に発売される。CEROにおけるレーティングはD(17歳以上推奨)。音声は日本語(一部朝鮮語(原語))[5]、字幕は全て日本語。
  • CEROの倫理審査の「実在する人物・国・国旗・民族・宗教・思想・政治団体を敵視しまたは蔑視する表現でなおかつ一方的に非難・中傷する表現」に抵触するシーンがあるため、以下の部分が削除・変更されている。
    • オープニングムービーでの「金正日死去」を伝える部分をカット。
    • ゲーム内テキスト中で、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)を「北の某国」、金正日を「北の指導者」とそれぞれ変更[6]
    • 国際連合で演説している金正恩相当の作中キャラクター登場場面について、現実世界での金正恩の風貌が明らかになった事もあり、容姿の似た俳優が演じたものに差し替えられている[5]

関連作品[編集]

続編[編集]

本作の続編『ホームフロント2(仮題)』がアナウンスされている。開発はKaos studiosではなくクライテックUKとなり、ゲームエンジンもクライエンジン3になる様子。[7] なお発売元であるTHQが2012年12月に破産しており、HOME FRONTシリーズの権利をCrytekが取得している。

前作[編集]

フロントライン フュエル・オブ・ウォーが、ケイオス・スタジオが開発した、実質上の前作である。

脚注[編集]

  1. ^ Plunkett, Luke (2009年5月27日). “THQ Announces "Homefront", By The Guy Who Wrote Red Dawn”. Kotaku. 2009年5月27日閲覧。
  2. ^ [http://www.kotaku.jp/2011/01/homefront_not_china.html KOTAKU JAPN「『Homefront』の敵が中国ではなく北朝鮮になったワケ 」]
  3. ^ 英語版homefront wikiによれば無血占領であるようだ。
  4. ^ 英語版homefront wikiの情報では、アメリカ合衆国軍は第5次中東戦争による石油価格の高騰に起因する燃料不足で占領された地域に対する空爆を実行出来ていないらしく、壊滅したのはGKRによるミシシッピ川分断でミシシッピ川以西に取り残された部隊と思われる。
  5. ^ a b 日本語版はどう変っているのか――「HOMEFRONT」ローカライズプレゼンテーションリポート ITmediaGamez 2011年2月18日より。
  6. ^ 公式サイト(SPEC)より。
  7. ^ Crytek UK reigniting Homefront

外部リンク[編集]