HEAVY METAL ANTHEM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HEAVY METAL ANTHEM
ANTHEMスタジオ・アルバム
リリース 2000年4月21日
ジャンル ヘヴィメタル
ハードロック
レーベル ビクター
プロデュース クリス・タンガリーディス
柴田直人
久武頼正
テンプレートを表示

HEAVY METAL ANTHEM(ヘヴィメタル アンセム)はANTHEMが企画として2000年にリリースしたアルバム。

内容[編集]

柴田が仕事のパートナーでもある久武頼正と飲んでいる時に冗談で「グラハム・ボネットの歌声でリメイクしたい」と語った後日、久武は本当にグラハムにブッキングし、グラハムから承諾を得たことで本格的に企画されたのがこのアルバムである。実際、柴田はアンセムの楽曲をグラハムの声をイメージして作っていたそうで、歌詞も全て英語にし、グラハムが歌っても違和感を覚えさせない出来になっている。[1]

選曲の殆どが森川之雄時代の曲が占めており、[2]全曲新たにリ・レコーディングされた。

本作に参加したゲストの斉藤和正は清水か加入した時のオーディションに参加していたギタリストである。[3]

収録曲[編集]

  1. GYPSY WAYS
  2. EVIL TOUCH
  3. SHOW MUST GO ON!
  4. MIDNIGHT SUN
  5. THE JUGGLER
  6. MR.GENIUS
  7. CRYIN'HEART
  8. HUNTING TIME
  9. HUNGRY SOUL
  10. BLINDED PAIN

参加メンバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ BURRN!2000年4月号の柴田直人のインタビュー及びアルバム解説文より。
  2. ^ SHOW MUST GO ON!のみ坂本英三時代の楽曲である。
  3. ^ ロッキンf2000年6月号のインタビューより。