HD 210277

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HD 210277
データ
元期 J2000      Equinox J2000
星座 みずがめ座
赤経 22h 09m 29.8657s
赤緯 -07° 32′ 55.155″
視等級 (V) 6.63
特徴
スペクトル分類 G0V
U-B 色指数 0.43
B-V 色指数 0.773
アストロメトリー
視線速度 (Rv) -24.1 km/s
固有運動 (μ) 赤経: 85.48 ミリ秒/
赤緯: -449.83 ミリ秒/
年周視差 (π) 46.97 ± 0.79 ミリ秒
距離 69 ± 1 光年
(21.3 ± 0.4 パーセク)
絶対等級 (MV) 4.99
詳細
質量 1.09 M
半径 1.1 ± 0.05 R
光度 1.2 L
表面温度 5532 ± 14 K
金属量 0.19 ± 0.04
年齢 6.93 G
他の名称
NLTT 53073, SAO 145906, BD-08° 5818, Gl 848.4, HIP 109378, Ci 20 1339, GJ 9769, LTT 8887, SPOCS 960, GC 30991, HD 210277, PLX 5356, uvby98 100210277, GCRV 13920, HERZ 16289, PPM 206033, YZ 97 7945.
参照データベース
SIMBAD data
ARICNS data
Extrasolar Planets
Encyclopaedia
data
出典:
ヒッパルコス星表,
CCDM (2002年),
輝星目録(第5版)

HD 210277は、みずがめ座の方角にある7等級の恒星である。スペクトル型G0Vの、太陽と似た黄色矮星である。質量は0.92太陽質量程度で、約120億歳と推定されている[1]。地球から約69光年の位置にあり、裸眼では見えないが、双眼鏡では容易に見ることができる。

周囲を質量の大きな太陽系外惑星が公転している[2]。また、1999年に赤外線の観測から原始惑星系円盤が発見されたとT. E. Trillingらにより発表された。この円盤は、太陽系エッジワース・カイパーベルトのようなものだと考えられている。

惑星系と原始惑星系円盤[編集]

1999年に、恒星から30光年から62光年の位置に太陽系のエッジワース・カイパーベルトのような塵の円盤が発見されたと主張された[3]。しかし、スピッツァー宇宙望遠鏡の70ミクロン、24ミクロの波長の観測では検出することができなかった[4][5][6]

HD 210277の惑星[7]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 半径
b >1.29 ± 0.11 MJ 1.138 ± 0.066 442.19 ± 0.50 0.476 ± 0.017

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Gonzalez et al. (1999). “Parent Stars of Extrasolar Planets. IV. 14 Herculis, HD 187123, and HD 210277”. The Astrophysical Journal Letters 511 (2): L111–L114. doi:10.1086/311847. http://www.iop.org/EJ/article/1538-4357/511/2/L111/985725.html. 
  2. ^ Marcy et al (1998). “Two New Planets in Eccentric Orbits”. The Astrophysical Journal 520 (1): 239–247. doi:10.1086/307451. http://www.iop.org/EJ/article/0004-637X/520/1/239/39695.html. 
  3. ^ Trilling et al. (2000). “Circumstellar Dust Disks around Stars with Known Planetary Companions”. The Astrophysical Journal 529 (1): 499–505. doi:10.1086/308280. http://www.iop.org/EJ/article/0004-637X/529/1/499/50369.html. 
  4. ^ Beichman, C. A.; Bryden, G.; Rieke, G. H.; Stansberry, J. A.; Trilling, D. E.; Stapelfeldt, K. R.; Werner, M. W.; Engelbracht, C. W.; Blaylock, M.; Gordon, K. D.; Chen, C. H.; Su, K. Y. L.; Hines, D. C. (2005). “Planets and Infrared Excesses: Preliminary Results from a Spitzer MIPS Survey of Solar-Type Stars”. The Astrophysical Journal 622 (2): 1160–1170. Bibcode 2005ApJ...622.1160B. doi:10.1086/428115. 
  5. ^ Bryden, G.; Beichman, C. A.; Carpenter, J. M.; Rieke, G. H.; Stapelfeldt, K. R.; Werner, M. W.; Tanner, A. M.; Lawler, S. M.; Wyatt, M. C.; Trilling, D. E.; Su, K. Y. L.; Blaylock, M.; Stansberry, J. A.. “Planets and Debris Disks: Results from a Spitzer/MIPS Search for Infrared Excess”. The Astrophysical Journal 705 (2): 1226–1236. Bibcode 2009ApJ...705.1226B. doi:10.1088/0004-637X/705/2/1226. 
  6. ^ Caer McCabe & Carlotta Pham. “Catalog of withdrawn or refuted resolved Disks”. Catalog of Resolved Circumstellar Disks. 2010年4月3日閲覧。
  7. ^ Butler et al. (2006). “Catalog of Nearby Exoplanets”. The Astrophysical Journal 646 (1): 505–522. doi:10.1086/504701. http://www.iop.org/EJ/article/0004-637X/646/1/505/64046.html. 

外部リンク[編集]