HAT-P-8b

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HAT-P-8b
太陽系外惑星 太陽系外惑星の一覧
Exoplanet Comparison HAT-P-8 b.png
HAT-P-8bと木星との大きさの比較
主星
恒星 GSC 02757-01152
星座 ペガスス座
赤経 (α) 22h 52m 09.862s
赤緯 (δ) +35° 26′ 49.59″
視等級 (mV) 10.17
距離 750 ± 50 ly
(230 ± 15 pc)
軌道要素
軌道長半径 (a) 0.0487 ± 0.00026 AU
離心率 (e) ~0
周期 (P) 3.07632 ± 0.000004 d
軌道傾斜角 (i) 87.5+1.9
−0.9
°
通過時刻 (Tt) 2,454,437.67582 ± 0.00034 JD
物理的性質
質量 (m) 1.52+0.18
−0.16
MJ
半径 (r) 1.5+0.08
−0.06
RJ
発見
発見日 2008年12月5日
発見者 HATネット
発見方法 トランジット法
現況 未公表
参照データベース
Extrasolar Planets
Encyclopaedia
data
SIMBAD data

HAT-P-8bは、ペガスス座の方角に約750光年の位置にある10等級の恒星GSC 02757-01152の周囲を公転する太陽系外惑星である。この惑星は、2008年12月5日にトランジット法で発見された。HAT-P-8bという名前に関わらず、HATネットプロジェクトで発見された11番目の惑星である。質量及び半径は木星の1.5倍程度である。軌道傾斜角が分かっているため、質量は正確に決定できた。木星型惑星で親星の非常に近くを公転するため、数千ケルビンと非常に熱くなり、いわゆる「ホットジュピター」に分類される。この惑星の「1年」はわずか3日と1時間49分54秒である。親星との間の距離は、地球と太陽の間の距離のわずか20.5?1である[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Lantham et al. (5 December 2008年). “HATNet Field G205: Follow-Up Observations of 28 Transiting-Planet candidates and Confirmation of the Planet HAT-P-8b” (abstract). arXiv:0812.1161 [astro-ph]. 

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、HAT-P-8bに関するカテゴリがあります。

座標: 星図 22h 52m 09.862s, +35º 26' 49.59''