HAT神戸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
運河とハーバーウォーク

HAT神戸(ハットこうべ)は、神戸市の東部新都心として開発された地区の名称。名称の「HAT」とは「Happy Active Town」の略で、公募により決定された。三宮地区を中心として、西側のハーバーランドと対をなす東側の新都心である。1996年に着工、1998年に供用が開始。

区域はおおむね阪神高速3号神戸線の摩耶出入口から生田川出入口の区間の南側にあたる。この地区には屋内スキー施設のマヤ・エスポートや川崎製鉄阪神製造所、神戸製鋼所などがあったが阪神・淡路大震災の被災により移転したり空き地となった。

主な施設[編集]

右からWHO神戸センター、JICA兵庫、人と未来防災センター
兵庫県立美術館
HAT神戸灘の浜のタワーマンション
神戸製鋼所新本社

周辺施設[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]