GtkRadiant

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GtkRadiant
RadiantIcon.png
開発元 id Software
最新版 1.5.0
対応OS Microsoft Windows, Linux, Mac OS X
種別 ゲーム用マップ作成ツール
ライセンス GPL
公式サイト qeradiant.com
テンプレートを表示

GtkRadiantコンピュータゲーム用のマップ作成プログラムであり、id SoftwareLoki Software が開発した。多数のコンピュータゲームでマップ作成に使われている。id Software とボランティアによって保守されている。

歴史[編集]

GtkRadiant は id Software の社内ツールだった。NEXTSTEP上のQuakeのマップを作成するツール QuakeEd などからUI設計の影響を受けている。コードは Quake II 開発時に社内ツールとして使っていた QE4 のもの(後に Quake II SDK として公開)がベースである。Robert Duffy は QE4 のソースコードを使って QERadiant を開発し、これがマップエディタとして広く使われるようになった。id Software はそのコードを社内用に採用して Q3Radiant を開発し Quake III Arena 用の設計ツールとした。これらはいずれもWindowsでのみ動作するアプリケーションである。

2001年、Q3Radiant に2つの大きな変更を施した GtkRadiant をリリース。第一にGTK+ツールキットを使い、LinuxMac OS X をサポートした。第二にゲームエンジンから独立した実装となり、新たなゲーム向けの機能がゲームパックとして追加されている。

GtkRadiant は GNU General Public License でリリースされているフリーソフトウェアである。ソースコードはかなり以前から id Software のSubversionリポジトリから入手可能で、Q3Radiant中核部が独自ライセンス(Quake III Arena のコードが一部使われているため)、それ以外がGPL互換ライセンスで提供されていた。ライセンスが二重になっているために、これを使った商用開発は難しかった。2005年8月19日、Quake III Arena のソースコードが Q3Radiant のソースコードと共に公開された。そして2006年2月17日、GtkRadiant のエディタとツールセット(特にBSPコンパイラ Q3Map2)がGPLライセンスでリリースされた。

DarkRadiant[編集]

GtkRadiant からのフォークの1つ。id TECH4 エンジンに最適化されている。元々は Doom 3Modである The Dark Mod の開発のために作られた。GtkRadiant に対して様々な改良を施している。

ZeroRadiant[編集]

GtkRadiant 1.6.0 に相当するバージョン。1.4.0 を基にしており、開発が進行中である。各種ゲーム用のマップを作成できる。

サポートしているゲーム[編集]

GtkRadient の Subversion サーバにある主なゲームパックによると、例えば以下のようなゲームに対応している。

以下のゲームもかつてサポートされていた。

さらに以下のオープンソースのゲーム(ゲームエンジン)プロジェクトでは、マップエディタとしてGtkRadiantを採用している。

外部リンク[編集]