Greenphone

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Greenphone
Greenphone cropped.jpg
製造元 TrolltechのYuhua Teltech
種別 スマートフォン
発売日 2006年09月(8年前) (2006-09
販売終了日 2007年10月 (2007-10)
対応メディア miniSD
OS Qtopia Phone Edition Linux型)
電源 バッテリー
CPU Intel XScale @ 312 MHz
メモリ 64 MB SDRAM
128 MB NAND Flash
ディスプレイ 240×320 QVGA TFT
入力装置 タッチスクリーン、ボタン
外部接続 GSM
Bluetooth
GPRS
USB 1.1
2.5-mmオーディオジャック
サイズ 106.5 × 49.0 × 15.6 (mm)

GreenphoneとはTrolltechGUIとほとんどフリーオープンソースソフトウェアを使っているLinuxを組み込んだアプリケーションプラットフォームであるQtopia Phone Editionで開発したスマートフォンである。

携帯電話内のプロプライエタリ・ソフトウェアにはコミュニケーションズスタックとパッケージマネージャが含まれているが[1]、TrolltechはこれらをGPLライセンスのQtopiaバージョン4.3で推し進めることでGreenphoneでプロプライエタリコンポーネントを使わないようにした。

2007年10月22日、TrolltechはGreenphoneの在庫全ての販売を完了、そしてQtopiaプラットフォームの宣伝、開発者の興味を引き出す目標を達成したことを理由に以後販売はしないことを発表。Neo FreeRunnerの開発に注目するとした。TrolltechはまたQtopia Greenphoneコミュニティ[2]Neo 1973のような別のハードウェアのサポートを続けるとしている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Linux Devices article on the Greenphone, オリジナルの2012-07-10時点によるアーカイブ。, http://archive.is/M2Tu, "Yrvin noted that Greenphone does contain some proprietary components, including its secure execution environment (SXE) package manager and its communications stack." 
  2. ^ Trolltech Press Release on the end of Greenphone productions, http://trolltech.com/company/newsroom/announcements/press.2007-10-21.0880321862