Googleアカウント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

GoogleアカウントとはBloggerYouTubeGoogleグループなどGoogleのサービスにアクセスするためのユーザーアカウントである。Gmailメールアドレスをサインアップすることでアカウントを作成できるが、別の方法もある。欧州ではgooglemail.comドメインが使われているが、これはGoogleが商標に関する訴訟で敗訴したためである[1]

アプリケーション[編集]

Googleアカウント作成後、他のGoogleアプリケーションの追加を行える。アカウント設定は1つの場所に保存されるが、多くのアプリケーションでは独自の設定を保存することができる。Googleアカウントを使用出来るアプリケーションは以下の通り[2]:

YouTubeやBloggerはGoogleによる買収前に作成した独自のアカウントを保持することができたが、2011年4月を持ってYouTubeユーザーはログインすることを継続したい限りGoogleアカウントに移行しなければならなくなった[3]

ユーザーはGoogleアカウントを使って一般公開されるGoogleプロフィールを作成でき、他のGoogleユーザーに対して自身がGoogle製品上でどれだけ情報を公開するか設定することができる。Googleプロフィールは自身のブログなどいくつかのソーシャル・ネットワーキング・サービス画像ホスティング英語版サイト上のユーザープロフィールにリンクすることができる。

アカウントのブロック[編集]

Googleは幾つかの理由でアカウントをブロックすることができる。自身のGoogleアカウントでの「異常な行動」や[4]、年齢を入力した時の「その年齢に達していない」などが該当する[5]。再アクティベーションはウェブフォームを使って有効な写真付き身分証明書か[6]小型のクレジットカード決済(0.30USドル)で身分証明することができる。他の方法(ファクシミリの送信か必要文書のアップロードなど)の場合、Google社員との交渉を必要とする上、再アクティベーションには1日から2、3週間かかることがある[7]

セキュリティ[編集]

Googleアカウント利用者は2段階認証でアカウントのセキュリティを高めることができる[8]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Libbenga, Jan (2007年1月31日). “Google loses European GMail trademark battle”. The Register. http://www.theregister.co.uk/2007/01/31/google_looses_trademark_battle/ 
  2. ^ "More Google Products". Google. Retrieved on 2009-08-15.
  3. ^ Why Connecting your YouTube and Google Accounts Matters, YouTube Blog, (March 24, 2011), http://youtube-global.blogspot.com/2011/03/why-connecting-your-youtube-and-google.html  Retrieved on 2011-08-05
  4. ^ Gmail Help Section, https://mail.google.com/support/bin/answer.py?answer=46346 
  5. ^ Google account help page, http://www.google.com/support/accounts/bin/answer.py?hl=en&answer=1333913 
  6. ^ Google accounts help page, http://www.google.com/support/accounts/bin/answer.py?hl=en&answer=1333913 
  7. ^ Google account help page, http://www.google.com/support/accounts/bin/answer.py?hl=en&answer=1333913 
  8. ^ Fallows, James. “Hacked”. Atlantic Monthly. 2011年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月26日閲覧。 “As email, documents, and almost every aspect of our professional and personal lives moves onto the “cloud”—remote servers we rely on to store, guard, and make available all of our data whenever and from wherever we want them, all the time and into eternity—a brush with disaster reminds the author and his wife just how vulnerable those data can be. A trip to the inner fortress of Gmail, where Google developers recovered six years’ worth of hacked and deleted e‑mail, provides specific advice on protecting and backing up data now—and gives a picture both consoling and unsettling of the vulnerabilities we can all expect to face in the future.”

外部リンク[編集]