Globus

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Globus(グローバス)は、複数のコンピュータストレージシステムをつなぐグリッドソフトウェアの開発を進める団体。

概要[編集]

アルゴンヌ国立研究所南カリフォルニア大学情報科学研究所、そしてシカゴ大学というアメリカ合衆国の3つの組織が1995年に設立した。その後ヨーロッパから、スコットランドエディンバラ大学スウェーデン並列コンピュータセンターという2つの組織が、重要なパートナーとして参加した。

Globusによって開発されたGlobusツールキットは、グリッド・コンピューティングを構成するためのミドルウェアであり、事実上の標準になりつつある。

Globusが提供するプロトコルには次のような物がある。

  • 資源管理 (グリッド資源管理プロトコル:GRAM、Grid Resource Management Protocol)
  • 情報サービス (監視と発見サービス:MDS - Monitoring and Discovery Service)
  • データ移動と管理 (二次記憶への広域アクセス:GASS - Global Access to Secondary storage)
  • GridFTP

その他[編集]

日本RWCP(Real World Computing Project)で開発された、並列分散コンピュータ技術分野からの派生である、シームレス設計技術も盛り込んで、Globusツールキット2.0仕様が策定された。XML WebサービスベースのOGSI(Open Grid Services Infrastructure)の上に再構築されたGlobusツールキット3を経て、WSRF(WS-Resource Framework)ベースのGlobusツールキット4がリリースされた。Globusツールキット5はWebサービスベースの部分を含まず、リソース管理のモジュールGRAM5はバージョン2系列のGRAM2を強化したものになる [1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]