General Magic

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

General Magicは、アップルの子会社としてビル・アトキンソンアンディ・ハーツフェルドマーク・ポラットらにより、1990年に設立(アップル以外にAT&T松下電器産業モトローラNTTフィリップスソニーが出資、提携[1])された携帯情報端末を開発する米国のIT企業であった。1998年にはMicrosoftから600万ドルの出資を受けネットワークエージェント技術 Serengeti をライセンス供与する[2]が、2002年12月に破産し、解散している[3]。破産後の特許を買い取ったのは、Intellectual Ventures[4]である。Android開発のキーマンであるアンディ・ルービンも設立時のメンバー[5]


General Magicでは、OSとしてMagic Cap, 通信用スクリプト言語としてTelescript[6], エージェント技術等が開発されていた。

参考文献[編集]

  1. ^ NTT 情報通信用語 General Magic Inc.(ジェネラル・マジック社)
  2. ^ General Magic Licenses Technology to Microsoft
  3. ^ General Magic、破産法第11条適用を申請
  4. ^ IT関連特許を買い漁るマイクロソフト元CTO--真のねらいは霧の中
  5. ^ Google の概要 - 経営陣 - アンディ ルービン エンジニアリング担当副社長
  6. ^ テレスクリプト Telescript

関連項目[編集]