Gauche

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Gauche
開発元 http://practical-scheme.net/gauche/
最新版 0.9.4 / 2014年7月20日
対応OS クロスプラットフォーム
種別 Schemeインタプリタ
ライセンス BSD License
公式サイト http://practical-scheme.net/gauche/
影響を受けた言語 Common Lisp, Perl, STklos
テンプレートを表示

Gaucheはプログラミング言語Schemeのスクリプト処理系である。R7RS-smallに準拠している。多バイト文字列を組み込みでサポートしている。

Gaucheの提供する機能拡張の多くは、Schemeにライブラリをラップする事で実現している。

なお、Gaucheはフランス語で「ねじれた、左」という意味を表す。

特徴[編集]

  • 低レベルシステムへのアクセス。
  • 特定のエンコードに依存しない文字列処理。
  • Common Lisp ライクな拡張。
  • 名前空間(モジュール)のサポート。
  • CLOSライクなオブジェクトシステムのサポート。

歴史[編集]

川合史朗によって開発されている。

  • 2001年4月、SourceForgeに登録、0.3.5をリリース。
  • 2002年7月〜2003年2月 Gauche-gl及びGauche-gtkの開発の一部が、情報処理振興事業協会(IPA)による平成14年度未踏ソフトウェア創造事業の支援を受ける。
  • 2003年9月〜2004年2月 開発の一部が情報処理振興事業協会(IPA)による平成15年度オープンソフトウェア基盤整備事業の支援を受ける。
  • 2011年8月、Gauche 0.9.3リリース、R6RSおよびR7RSドラフトに対応
  • 2013年4月、リポジトリをGitHubに移行
  • 2014年7月、Gauche 0.9.4リリース、およびR7RS-smallに対応

ライセンス[編集]

ライセンスはBSD Licenseである。

実行例[編集]

Gaucheの対話モードでの実行例は下記の通り。gosh>は入力プロンプトを表す。

gosh> (list 0 1 2 3)
(0 1 2 3)

外部リンク[編集]

公式[編集]

ユーザーリファレンス[編集]

プロジェクト[編集]

その他[編集]