game.com

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
game.com
Tigergamecom.jpg
game.com
メーカー Tiger Electronics
種別 携帯型ゲーム機
世代 第3世代
発売日 アメリカ合衆国の旗 1997年9月
CPU シャープ製sm8521
対応メディア ロムカセット
コントローラ入力 内蔵
外部接続 カートリッジスロット
オンラインサービス 14.4kbit/sモデム(外部接続)
互換ハード game.com Pocket Pro
テンプレートを表示

game.com米国1997年9月Tiger Electronics社から発売された携帯ゲーム機。テレビCM内での発音によると、正しい読み方は「ゲーム・ドット・コム」ではなく「ゲーム・コム」のようである。

タッチスクリーンスタイラスを標準搭載してカレンダー、電話帳等ソフトウェアキーボード利用のPDA的な使い方ができ、2つ搭載されたカートリッジスロットの片方をモデムと接続することでインターネットに接続できるなど、当時としては多くの新しい機能を備えることで、任天堂ゲームボーイよりも高年齢層をターゲットとし、差別化を図っていた。また、Tiger Electronics社はResident Evil2(海外版バイオハザード2)やSonic Jamなど有名タイトルのライセンスを獲得しリリース。又、そのパテントを利用して下位LSI携帯型ハードである「R-zone」でも一部タイトルをゲーム性を変えつつリリースしている。

しかし、約20種程度という不十分なタイトル数、ハードスペック相応である3D→2D化等によるダウングレード移植のゲームトレンドに乗れない低品質なタイトルラインナップ、マーケティング不足などにより、売上は低迷した。巻き返しを図るために、カートリッジスロットを1つに減らして小型化、液晶を改良するなどした新型の「game.com Pocket Pro」が発売されたが、2000年に発売中止となった。ゲームニュースサイトのGamePro.comの発表した「最も売れなかった携帯ゲーム機ランキング」では第3位に選ばれている[1]

本格的にタッチスクリーンを採用した携帯ゲーム機は任天堂が2004年に発売する「ニンテンドーDS」が登場するまでタッチパネルを採用した携帯ゲーム機は4年間、途絶える事となる。

対応ソフト一覧[編集]

同名映画からのアクションゲームのマルチプラットホーム展開作品。
  • Centipede
アタリのムカデ退治アクションシューティング。
DOOMクローンのマルチプラットホーム作品。
セガの同名タイトルの2D化移植作品。
コナミの同名アーケード作品の移植。
セガの同名アーケードゲームタイトルの2D移植化作品。同ハード唯一のレースゲームとなる。
本体にバンドル、ソフト単体の販売は無し
セガの同名映画からのゲーム化。大型筐体ガンシューティング作品からの移植
移植に関してはウィリアムスが北米でマルチプラットホーム展開とした同名アーケード移植格闘アクション。
ウィリアムスが北米でマルチプラットホーム展開としたアーケードタイトルの詰め合わせ作品。

その他にインターネット接続用の周辺機器として『game.com Internet』と『Tiger Web Link』の2つカートリッジが発売されている。また、発売中止となったソフトが何本か存在し、全タイトルは含めると30本余りとなる。

脚注[編集]

  1. ^ The 10 Worst-Selling Handhelds of All Time

外部リンク[編集]