GL09P

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GL09P
キャリア イー・モバイル
製造 ZTEジャパン
発売年 2013年8月9日
概要
通信方式 3.9G:EMOBILE 4GEMOBILE LTE(LTE)を含む、AXGP/LTE)
3.5GEMOBILE G4HSPA+)、DC-HSDPA
3GEMモバイルブロードバンドW-CDMA
WiFi IEEE 802.11b/g/n
通信速度 下り/上り(AXGP):110Mbps/10Mbps
下り/上り(LTE):75Mbps/25Mbps
下り/上り(EMOBILE G4):21Mbps/5.7Mbps
下り/上り(DC-HSDPA):42Mbps/5.7Mbps
下り/上り(EMモバイルブロードバンド):14Kbps/5.7Kbps
形状 モバイルWiFiモデムルーター型
サイズ 67.7 × 110.2 × 18.7 mm
質量 (取外不可能な電池分を含め)約168 g
連続通信時間 約14時間/約14時間(3G/LTE)
連続待受時間 約900時間(無線LANオフ時)
日本語入力 なし
Bluetooth なし
放送受信機能 なし
メインディスプレイ
方式 液晶
サイズ 1.4インチ
表示色数 1色
無線LAN
規格 IEEE802.11g / IEEE802.11b / IEEE802.11n
データ転送速度(規格値) 最大150Mbps
周波数範囲 1~13ch(2,412~2,472MHz)
設定 WPS、に対応
セキュリティ WPA2-PSK(AES/TKIP)、WPA-PSK(AES/TKIP)、WPA/WPA2 mixed PSK、WEP(128/64bit)、
同時接続可能台数 14
メインカメラ
サブカメラ
カラーバリエーション
 
BLACK
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

GL09P (じーえるぜろきゅうぴー) は、ZTEジャパンによって開発された、イー・アクセスによる第3.9世代移動通信システムAXGP通信サービス(Wireless City PlanningからのMVNOによる提供)・EMOBILE 4Gに対応した初のモバイルWiFiルータ端末である。また、EMOBILE LTEEMOBILE G4にも対応するほか、MVNOにより、ソフトバンクモバイルULTRA SPEED網にも対応する。


概要[編集]

上述のように、イー・アクセスが発売する端末としては、初めてMVNO回線によるネットワークとのトライモードとなっている。

電池パック交換は、ユーザが行うことができず、有償の預かり修理にて対応する(GL01PGL04PGL07Sなども不可)。

なお、本端末にはSIMロックがかけられている。このため、本来はW-CDMAの周波数帯が、本端末においてはBands 1/5/9/11に対応しているが、国内ではBands 9/11、ローミング時にはBands 1/5がそれぞれ機能する形となっている[1]

本端末発売と同時に、ソフトバンクモバイルからは、当端末をリモデルしたSoftBank 203Zが発売されている。

歴史[編集]

アップデート履歴[編集]


関連項目[編集]


脚注[編集]

  1. ^ LTEは、Bands 3のみ対応。
  2. ^ Pocket WiFi (GL09P)をご利用のお客さまへ ~ ソフトウェア更新のお知らせ ~

外部リンク[編集]