GE エボリューション・シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
GE ES44DCから転送)
移動: 案内検索
GE エボリューション・シリーズ
BNSF 7663.jpg
BNSF ES44DC #7663
カリフォルニア州コマース、2005年2月21日
基本情報
動力方式 電気式ディーゼル
製造所 GEトランスポーテーション・システム
主要諸元
軸配置(アメリカ式) C-C
(ES44C4はA1A-A1A)
軌間 1,435 mm
全長 73 ft 2 in (22.30 m)
燃料容量 5,000 米ガロン
主動力 GEVO
エンジン形式 4ストロークディーゼルエンジン
気筒 V型12気筒(ES40DC、ES44DC、ES44AC、ES44C4)
V型16気筒(ES58ACi、ES59ACi)
出力 4,000馬力(ES40DC)
4,400馬力(ES44DC、ES44AC、ES44C4)
6,200馬力(ES58ACi、ES59ACi)
経歴
運用者 UP、BNSF、CSX、NS、CN、CP、KCS
愛称 GEVO(ジーボ)

エボリューション・シリーズ(Evolution Series)は、GEトランスポーテーション・システムが開発した電気式ディーゼル機関車のシリーズである。アメリカ合衆国環境保護庁(EPA)による鉄道車両の排出ガス規制「Tier 2」に対応するため、2億5000万ドルの費用と6年の歳月をかけて開発された。2003年に量産先行機が製造されている。

主電動機は直流・交流のいずれかを鉄道事業者の好みに応じて装備する。搭載するエンジンはGEVO12気筒エンジンで、過去のGE製機関車の主流だったFDL16気筒エンジンの出力に匹敵し、かつ燃料消費量の減少や環境汚染の軽減が図られている。

環境対策の数値として、GEはこのように列挙している。

  • もしアメリカのディーゼル機関車による環境負荷がすべて本シリーズ並になれば、自動車4800万台分のNOxを減らすことと同義
  • アメリカ最大の鉄道が所有するディーゼル機関車の半数を本シリーズにすれば、3万1000エーカー(約125.5平方キロメートル)の森林を植えるに匹敵する二酸化炭素の減少が期待できる
  • 本シリーズのエンジン自動停止機能は、操車場におけるアイドリングを35%減少させ、燃料の節約と、大気汚染の減少につながる
  • 2004年に製造された機関車と比べると、その車両の寿命(営業用とでの使用期間)において、1両あたり31万5000ガロン(1192.4キロリットル)の燃料を節約することになる
  • 20年前に製造された機関車と比べると、本シリーズは喘息を引き起こす物質を83%、NOxを60%減少させている


車種[編集]

ノーフォーク・サザン鉄道 #7632 ES40DC
ノーフォーク・サザン鉄道 #7632 ES40DC
CSXトランスポーテーション #5349 ES44DC
CSXトランスポーテーション #5349 ES44DC
BNSF #6186 ES44AC
BNSF #6186 ES44AC

北米向けには4車種が製造されており、各車種とも3軸台車を前後に配置した6軸車となっている。軸配置はC-C(ES44C4のみA1A-A1A)。型式のESはEvolutionSeriesの頭文字であり、続く数字は出力を馬力で表した数値の千と百の位、末尾の英字は駆動システムの電気方式を表している。輸出車は型式の末尾に「i」が付与される。

ES40DC[編集]

Dash 9-40CWの後継車種。直流モータを搭載し、出力は4000馬力。すべてノーフォーク・サザン鉄道に納入されている。

ES44DC[編集]

Dash 9-44CWの後継車種。直流モータを搭載し、出力は4400馬力。まずBNSF鉄道CSXトランスポーテーションカナディアン・パシフィック鉄道において使用された。 輸出向けとしてES44DCiがあり、オーストラリアのピルバラ・アイアンが導入した。砂漠の中を行くというオーストラリアでの使用条件にあわせ、ラジエタを大きくしたため、全長が長い。

ES44AC[編集]

AC4400CWの後継車種。交流モータを搭載し、出力は4400馬力。ユニオン・パシフィック鉄道(C45ACCTEと呼称している)、BNSF、カンザス・シティ・サザン鉄道カンザス・シティ・サザン・ド・メキシコフェロメックスカナディアン・パシフィック鉄道が導入している。CSXトランスポーテーションは2007年末から2008年にかけて125両を導入する(ES44AH'sと呼称。)。主として石炭輸送列車に使用するつもりだったが、さまざまな用途に使用されている。

ES44C4[編集]

本シリーズの最新車種。モーターの搭載数が6つから4つに減少している以外はES44ACと同様である。各台車の中央の軸を無動力化し、軸配置もA1A-A1Aとなった。末尾の「4」は4動軸を表す。2011年11月時点ではBNSF鉄道のみが導入している。本形式には空転を検知して軸重を自動調整するトラクションコントロールシステムが搭載されている。

特徴[編集]

前がES44DC、後ろがDash 9-44CW。車両後部のラジエタのウイングの形状や長さ、運転室後ろの機器室など、両者の違いがよくわかる。

外観は前身であるDash 9シリーズ、AC4400CWと類似している。直流型・交流型ともに乗務員室の後ろ左手に大きな機器室があり、交流モデルではそこにインバータが収納されている。直流型のDash 9ではこの機器室が小さいことから交流型との識別ができたが、本シリーズでは直流型と交流型を見分けるのは困難である。

以前のデザインでは、煙突とラジエタのウイング(車体後方の出っ張り)の間に大きな空間があったが、本シリーズではそれがなくなっている。

ラジエタは旧来のシリーズよりも非常に長く、煙突近くまで伸びている。AC6000CWのように、後部にオーバーハングが設けられている。このウイングの下部の斜めになった部分は、旧来は一定の角度であったが、本シリーズでは異なったふたつの角度で構成されている。屋根の前方端部はコブのように盛り上がっており、熱交換器が搭載されている。

台車はHiAd(高粘着)タイプが標準で、操舵台車がオプションとして用意されている。

導入した事業者[編集]

両数は随時変化するため、本項目の英語版の最新情報を参照されたい。

輸出車両[編集]

  • 中華人民共和国
  • カザフスタン
    • 2006年9月28日、カザフスタン国鉄が本シリーズを基にしたTE33A型を310両導入する契約を締結し、車輌製造が初めて北アメリカ以外の場所で展開されることになった。最初の10両がペンシルベニア州エリーで製造され、残る300両がカザフスタン東北のパヴロダルで2008年から2012年にかけて製造される予定である。これらの車両は両運転台とされ、独立国家共同体(CIS)初の交流モータ機関車となる。
  • オーストラリア
    • リオ・ティントグループが子会社のピルバラ・アイアン向けに51両のES44DCiを導入している。
  • ブラジル
    • 資源開発企業であるヴァーレの傘下にあるカラジャス鉄道に70両のES58ACi(5800馬力)が2009年に納入された。軌間は1,600 mmの広軌である。
  • エジプト
    • エジプト鉄道は2009年、80両のES40ACiを両運転台仕様として導入した。

参考文献[編集]

関連項目[編集]