GE Dash 8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GE Dash 8
UP 9214 19910510 CA Cajon.jpg
カホン峠を越えるユニオン・パシフィック鉄道のDash 8-40C、#9214。
基本情報
動力方式 電気式ディーゼル
製造所 GEトランスポーテーション
製造日 1984年 - 1994年
主要諸元
軸配置(アメリカ式) B-B (4動軸)
C-C (6動軸)
軌間 1,435 mm
全長 20.2 m (4動軸)
21.5 m (6動軸)
主動力 GE 7FDL-16型
気筒 V型12気筒 / V型16気筒
出力 3,200馬力 - 4,400馬力
経歴

Dash 8(ダッシュ 8)は、GEトランスポーテーション・システムが製造した電気式ディーゼル機関車のシリーズである。形式の末尾に8を付番する。

解説[編集]

Dash 7シリーズの後継にあたる。最大の変更点は、ディーゼル機関車としては初めて制御装置にマイクロプロセッサーを使用したことと、車体の製造にモジュラー方式を採用したことである。試作機の完成が1983年、改良機の量産が開始されたのは1987年である。

車体は、いくつかのパターンの構体を用意しておき、車体の長短などにあわせてその組み合わせで作り上げていく。Dash 8に特徴的な外観としては、運転室の丸い屋根、その直後にある運転室よりも背の高い機器室部分(ここにはダイナミックブレーキ用のブロアなどがある)、テーパー付きの低く短いロー・フードなどがある。

最初期に製造されたDash 8はDash 7の生産ラインで製造されており、一般的なDash 8シリーズとは異なる外観をしている。これを、GEの内部用語で「クラシック」と呼ぶ。

1987年以降の新形式(C40-8以降)は信頼性の向上が図られた。併せて呼称が変更され、Dash 8-40BDash 8-40Cのようにシリーズ名 - 出力(馬力;千と百の位の数字)+1台車あたりの車軸配置とされた。従来の呼称に従ってB40-8C40-8とも呼ばれる。駆動用モーター(主電動機)は直流である。

4動軸[編集]

特記以外の諸元は下記のとおり。

  • 車軸配置:B-B
  • 機関:GE 7FDL-16型 V型16気筒ディーゼルエンジン

B36-8[編集]

B36-8(Dash 8-36B)は、1983年に1両製造されたDash 8の試作機である。のちにB39-8Eに改造された。

  • 出力:3600馬力

B32-8[編集]

B32-8(Dash 8-32B)は、1984年から1989年までの間、49両が製造された。3両がバーリントン・ノーザン鉄道(BN)に、1両がGEのデモ車に、45両がノーフォーク・サザン鉄道(NS)で使用された。

  • 出力:3150馬力
  • 機関:GE 7FDL-12型 V型12気筒ディーゼルエンジン

B32-8BWH[編集]

B32-8BWH。

B32-8BWH(Dash 8-32BWH)は、B32-8の旅客列車牽引用のバリエーションである。アムトラック用に20両が製造され、1991年から使用された。ロードナンバーは#500-#519。赤、白、青の帯を巻いたその車体塗色で、のちにアムトラックのフェーズ4という塗色スキームに変更され、それはダイエットペプシと愛称された。現在はフェーズ5という塗色に変更されている。

現在では、同じGEのジェネシスに置き換えられ、B32-8BWHは入換作業で使用されている。時折、ジェネシスの代替車両として使用されることがある。

#501、#502の2両はカリフォルニア交通局(California Department of Transportation)に買い取られて#2051、#2052とされ、アムトラック・カリフォルニア塗色となり、キャピトル・コリドーサン・ホアキンの各線で使用されている。

  • 出力:3200馬力
  • 機関:GE 7FDL-12型 V型12気筒ディーゼルエンジン

B39-8[編集]

最前部がサザン・パシフィック鉄道のB39-8。その後ろは EMD SD40T-2である。

B39-8(Dash 8-39B)は1984年に3両がアッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道(ATSF)用に試作された。のちに外観をDash 8-40Bとほぼ同様とした車両が145両が製造された。ロコモティブ・マネジメント・サービス(LMX。BNにリース)が102両、SPが40両導入したほか、試作車であるB36-8から改造されたものもある。

  • 出力:3900馬力

Dash 8-40B[編集]

B40-8B。

Dash 8-40B(B40-8)は、1988年から翌年にかけて150両が製造された。ATSFに40両、コンレールに30両、ニューヨーク・サスケハナ・アンド・ウェスタン鉄道に24両、セントルイス・サウスウェスタン鉄道に54両、アメリカ合衆国エネルギー省に1両が納入された。ほか、GEのデモ車が1両ある。

  • 出力:4000馬力

Dash 8-40BW[編集]

BNSF鉄道のB40-8BW。塗色は旧アッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道のスキーム。

Dash 8-40BW(B40-8W)は1990年代にATSF向けに84両が製造された(うち1両はB39-8Eから改造されたGEのデモ車)。運転室が幅広タイプとなっており、ショート・フードが車体幅いっぱいに広がっている。Bユニットも製造されたが、運転室の有無を問わず車両価格は変わらなかったため、ATSFは運転室付きを製造することとした。

6動軸[編集]

特記以外の諸元は下記のとおり。

  • 車軸配置:C-C
  • 機関:GE 7FDL-16型 V型16気筒ディーゼルエンジン
  • 最大速度:110km/h

C36-8[編集]

C36-8(Dash 8-36B)は、1982年に1両製造されたDash 8の試作機である。

  • 出力:3600馬力

C32-8[編集]

コンレールからブラジル鉄道に譲渡されたC32-8。

C32-8(Dash 8-32C)は、Dash 8シリーズ初の量産形式である。1984年から10両が製造され、すべてコンレールに収められた。当初はコンレールの塗色スキームに則り、青い車体とされたが、1997年からは全車バラスト・エクスプレスと呼ばれる砂利輸送列車専用機関車となり、塗色はグレーベースのものに変更された。

  • 出力:3200馬力
  • 機関:GE 7FDL-12型 V型12気筒ディーゼルエンジン
  • 最大牽引力:467キロニュートン
  • 最大速度:110km/h

C39-8[編集]

C39-8(Dash 8-39C)は、1984年から1987年にかけて161両が製造された。使用したのはコンレールが22両、ノーフォーク・サザン鉄道(NS)が114両である。ギヤ比は83:20、動輪径は40インチ(1メートル)である。NSには車体外観が後述のC40-8と同じものが別に25両あり、C39-8Eと分類されることがある。

  • 出力:3900馬力
  • 最大牽引力:483kN(時速17.4km/h時)

Dash 8-40C[編集]

Dash 8-40C(C40-8)は1987年から581両が製造された。Dash 8シリーズを代表する形式であり、単にDash 8とも、旧来の呼称に倣ってC40-8とも呼ばれる。シカゴ・アンド・ノースウェスタン鉄道(CNW)が77両、コンレールが25両、CSXが147両、NSが75両、UPが247両、ブラジルのエストラーダ・デ・フェロ・カラハスが4両所有した。

  • 出力:4000馬力

Dash 8-40CW[編集]

コンレールの#6114。

Dash 8-40CW(C40-8W)は1990年から1994年にかけて756両が製造された。C40-8との違いは、セーフティ・ワイド・キャブ(ノーズを強化して衝突時の乗務員の安全を図った運転室)を装備していることである。全車UPに収められた。1994年以降の増備はDash 9-44CWに引き継がれた。

他のGEの機関車同様、本形式も長年にわたる製造機関の途中で改良が施され、後年に増備されたコンレール用の車両は冷却系をターボチャージャーインタークーラー冷却用とエンジン冷却用とに分割した。また1993年1994年にコンレールに収められた車両はインテグレーテッド・ファンクション・ディスプレイ(IFD)と呼ばれる液晶モニタ装置を搭載しており、フラッシング・リア・エンド・デバイスからの情報など、それまでアナログのメーターで表示していたものがそこに表示されるようになっている。ギヤ比は83:20。

  • 出力:4000馬力
  • 最大牽引力:483kN(17.4km/h時)
  • 最大速度:110km/h
  • 全長:21.5m
  • 全高:4.7m
  • 全幅:3.1m

Dash 8-40CM[編集]

C40-8M(Dash 8-40CM)はカナダの鉄道向けの車両で、全車カウル・ユニットとして84両が製造された。納入先はBCレールに26両、カナディアン・ナショナル鉄道に55両、ケベック・ノース・ショア・アンド・ラブラドール鉄道に3両である。Dash 8-40Mとも呼ばれる。

  • 出力:4000馬力

Dash 8-41C[編集]

C41-8(Dash 8-41C)は、シカゴ・アンド・ノース・ウェスタン鉄道(C&NW)に収められたC40-8の最後の3両の出力が4,135馬力に向上されたものである。のちにそれ以前に収められていた32両も同様の改造を受け、それらはC42-8として使用されていた。1995年にC&NWがUPに合併されると、それらはC41-8とされた。特徴として、ショート・フード前面に握り棒があり、運転室横にC41-8と描かれている。

  • 出力:4135馬力

Dash 8-41CW[編集]

Dash 8-41CW(C41-8W)は、Dash 8-40Cの出力を最大4,135馬力まで向上させ、セーフティ・ワイド・キャブを搭載したもので、1993年1994年に154両がUPとATSF用に製造された。また、Dash 8-40CWを改造し、出力を向上させて本形式とされたものも存在する。車軸配置B-Bのものが存在しないため、しばしばCが脱落してDash 8-41Wとも呼ばれる。

  • 出力:4135馬力

Dash 8-44CW[編集]

Dash 8-44CW(C44-8W)は1993年から1994年に53両が製造された。最初の3両はDash 8-40CWの台枠・車体に出力を強化したエンジンを搭載していたが、のちにDash 9シリーズの台枠や部品を使って製造された。そのため、前車は全長21.5メートル、後者は22.3メートルである。全車CSXトランスポーテーションに収められた。

  • 出力:4400馬力

参考文献[編集]

  • Withers, Paul (2007). Norfolk Souther Locomotive Directory 2006-2007. Withers Publishing. ISBN 1-881411-49-4.
  • Brian Solomon .GE Locomotives ISBN 978-0-7603-1361-9
  • General Electric Company (1990). Operating Manual Dash 8-40CW Diesel Electric Locomotives.
  • Bytown Railway Society (2004). Canadian Trackside Guide.

関連項目[編集]