GEN H-4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

GEN H-4

  • 用途
  • 分類ヘリコプター
  • 設計者:柳澤源内
  • 製造者:GEN CORPORATION
  • 初飛行:1995年、ホバリング
  • 生産開始:1995年
  • ユニットコスト:7,500,000円

GEN H-4長野県松本市に本社のあるGEN CORPORATION[1]によって製造・開発中の小型ヘリコプターである[2][3]。販売はキットの状態で購入者に引き渡され、購入者が組み立てを行う。

概要[編集]

GEN H-4はテールローターのない同軸二重反転式ローターを採用している。すなわち同軸で上段と下段の2つのメインローターが互いに反対方向に回転することで機体の回転を抑制し安定させている。

機体はフレームのみで、上部にエンジン及びローターが備えられ、上部から操縦バーが胸元まで伸びており、フロントガラスは無く、一人乗りの座席と脚には車輪が4個付いただけというシンプルなものである。

1990年から農業用ヘリコプターの開発を試みていたゲン・コーポレーションは、1995年に原型となったH-4を社有地内でホバリングに成功させた。その後、動力ユニット、エンジン、コントロール装置を改良し、1998年、H-4としてアメリカ・オシコシ・エアベンチャーのウルトラライト用飛行場で初飛行を行い、約8分間のホバリングを観客に披露した[2]

2000年には耐空テスト機として機体番号:JX0076、JX0077((財)日本航空協会識別記号)が付与され、試験飛行を行った。

2012年において同社は量産の体制を整えていないことから、個別の機体の販売を行っておらず、10機単位の受注があれば生産可能としている。また、アメリカ連邦航空局(FAA)や欧州航空安全機関(EASA)の型式証明は取得していない[4]

特徴[編集]

機体構造[編集]

  • メインローターは1880mmのブレード2枚が上下2段で、セミ無関節固定ピッチ方式。C-FRP(カーボン複合材)製で、ローター1本の重さは約1kg。
  • エンジンは自社開発のGEN125型で、125ccの空冷式平対向エンジンを4基搭載。定格総出力は10馬力/8,400rpm。

エンジン[編集]

  • 型式名:GEN CORPORATION式GEN125型 4基
  • 種類:2気筒水平対向式(2サイクル)
  • 排気量:125cc
  • 吸気:自然吸気キャブレター式
  • 冷却:ダクト付ファンによる強制空冷
  • 燃料:無鉛レギュラーガソリン、2サイクル専用オイルの混合
  • 大きさ:267×280×171(mm)
  • 重量:2.8kg

性能・主要諸元[編集]

  • 乗員 - 1名
  • 全長 - 12.0m
  • 全高 - 2.5m
  • 主回転翼直径 - 4.0m
  • 自重 - 75kg
  • 全備重量 - 180kg
  • 発動機 - GEN 125-F型 2気筒水平対向式 ×4基
  • 出力 - 8PS/7,250rpm(定格)、10PS/8,400rpm(最大)
  • 機体内燃料積載量 - 10L
  • 超過禁止速度 - 40km/h(理論値)
  • 航続距離 - 10km(理論値)
  • 上昇速度 - 4m/秒

シリーズ[編集]

  • H-4R - ラジコン無人機
  • H-4E - 電動型(開発中)

事故[編集]

  • 2000(平成12)年6月29日、長野県松本市大字南西原の社有地で、試験飛行のため操縦者が搭乗したJX0076は、ホバリングへ移行する前の機体姿勢の安定を確認中、風にあおられて浮揚し、約40m北西にあった建物に接触して、10時10分ごろ道路上に墜落した。搭乗していた操縦者は重傷を負った。機体は中破したが、火災は発生しなかった[5][6]

脚注[編集]

  1. ^ 開発したエンジニアリング・システム社が航空機部門のみ独立し、GEN CORPORATIONとなっている。
  2. ^ a b GEN H-4 一人乗りヘリコプタのGEN CORPORATION - ヒストリー(開発経緯)
  3. ^ 二重反転一人乗りヘリコプターGEN H-4 開発と将来展望
  4. ^ GEN CORPORATION英語版
  5. ^ 航空事故調査報告書 自作航空機(回転翼航空機、単座)
  6. ^ 2000年に発生した国内航空事故一覧表

関連項目[編集]

外部リンク[編集]