GDAL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Geospatial Data Abstraction Library
GDALLogoColor.svg
開発元 OSGeo財団
最新版 1.9.2 / 2012年10月8日(18か月前) (2012-10-08[1]
プラットフォーム Cross-platform
種別 GIS
ライセンス X/MIT
公式サイト www.gdal.org
テンプレートを表示

GDAL(Geospatial Data Abstraction Library) は、OSGeo財団がMIT Licenseライセンスにより提供しているGISラスターデータフォーマット用ライブラリである。対応しているフォーマットのアプリケーションを呼び出す際、抽象化データモデルとして動作し、データの処理や変換のための多様なCUIユーティリティが用意されている。 類似ライブラリとしてはベクターフォーマットを扱い似た機能を持つOGR[2]がある。Ver1.3.2まではFrank Warmerdamにより開発され、後にOSGeo財団のGDAL/OGR管理委員会により移管された。GDALとOGRは共に広範な機能を有し、商用GISコミュニティ内においても広く利用されており、膨大なデータを扱う分野のフリーソフトウェアとして主要なプロジェクトの一つとみなされている。[3][4] 主要なGISソフトウェア(記事があるソフトウェアとしては、ArcGISGoogle EarthGRASS GISMapServerQuantum GISNASA World WindR言語など)の中にはGISフォーマットファイルの読み取りやデータ出力の際にGDAL/OGRライブラリを利用するものも存在する。 Ver1.9.0の時点で少なくとも120以上のラスターイメージフォーマットに対応しており、[5]次回のアップデートにおいては200以上を想定している。[6]

脚注[編集]

  1. ^ “GDAL/OGR 1.9.2 Released”. gdal-dev mailing list.. (2012年10月11日). http://lists.osgeo.org/pipermail/gdal-dev/2012-October/034321.html 2013年3月7日閲覧。 
  2. ^ [1]
  3. ^ Neteler M., Raghavan V. (2006). “Advances in Free Software Geographic Information Systems”. Journal of Informatics. http://ojs.info.gscc.osaka-cu.ac.jp/JI/include/getdoc.php?id=133&article=36&mode=pdf. 
  4. ^ Mark Wilcox (2009). Porting to the Symbian Platform: Open Mobile Development in C/C++. Wiley. 
  5. ^ GDAL Raster Formats”. GDAL - Geospatial Data Abstraction Library (2011年6月5日). 2011年6月5日閲覧。
  6. ^ http://erouault.blogspot.com/2012/01/welcome-to-200th-gdalogr-driver.html

外部リンク[編集]