G219国道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kokudou 219(China).svg

G219国道(じーにひゃくじゅうきゅうこくどう)は新疆ウイグル自治区東トルキスタンカシュガル地区カルギリク県(葉城県)とチベット自治区シガツェ地区ラツェ県を結ぶ全長2342kmの中国の国道である。別名を新蔵公路(しんぞうこうろ)という。

1951年に建設が開始され、1957年に全線開通した。なお、G219国道の経路の一部はインドが領有権を主張するアクサイチン地域(ジャンムー・カシミール州ラダックの一部)にまたがっているが、当時のインド政府はG219国道の建設に気付かず、中国政府に対して抗議を行わなかった。

通過する都市[編集]

自治区 地区 距離(km)
新疆ウイグル自治区東トルキスタン カシュガル地区 カルギリク県(葉城県) 0 G219国道起点
チベット自治区 ガリ地区 ルトク県 994
ガル県 1111
シガツェ地区 ドンパ県 1829
サガ県 2035
ガムリン県 2282
ラツェ県 2342 G219国道終点

関連項目[編集]