FreeStyleWiki

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FreeStyleWiki
作者 takezoeなど
最新版 FreeStyle Wiki 3.6.4 / 2010年8月28日
プログラミング言語 Perl
種別 ウィキ
ライセンス GNU GPL
公式サイト http://fswiki.sourceforge.jp/cgi-bin/wiki.cgi
テンプレートを表示

FreeStyleWiki(フリースタイルウィキ)は、Perlで書かれたウィキクローンである。略称はFSWiki

概要[編集]

徹底的なモジュール構造により基本的なコア部分以外はプラグインで実装している[注釈 1]。また、プラグインAPIは公開されておりプラグインにより機能拡張をすることが可能。ピュアなPerlで書かれているため、同種の他のソフトウェアに比べて設置するサーバ環境を比較的選ばない。

公式サイトではユーザー開発のプラグインを公開する場も設けられている。スキンによりスタイルを変更可能。ユーザー管理機能やPDF作成機能まである[注釈 2]

機能を一部制限し、設置の簡易化と動作の高速化を図ったFSWikiLiteもある。

公式サイト問題[編集]

かつては有志 BitCoffee, Inc. の厚意により公式サイトとして http://fswiki.org/ のドメインとホスティングが提供されていたが、2010年以降同社の別サイトへ、2011年1月31日時点では同社レンタルWikiサービス http://fswiki.com/ への転送となっていた。それ以前に構築されたサイト(バージョン3.6.3以前)ではフッタの公式サイトリンクが http://fswiki.org/ となっているが、2011年1月31現在では公式サイトではないサイトにリンクされた状態となっていた。フッタの公式サイトリンクはバージョン3.6.4で修正されている。

なお、2010年3月の問題発覚時より作者とホスティング提供者との間で連絡がとれておらず[1]、転送先がFreeStyleWikiを利用した営利サービスとなっていることから、一種のドメインスクワッティングと考えられる。

2012年3月14日現在、経緯は不明ながら、ドメイン所有者は BitCoffee, Inc. のまま http://fswiki.org は新公式サイトへの転送となっている。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 大半の機能が同梱または外部プラグインによる実装。
  2. ^ これもプラグインによる実装。