Folding@home

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Folding@home
F@H Logo 2012.png
作者 Vijay Pande
開発元 スタンフォード大学 / Pande Group
初版 2000年10月1日(13年前) (2000-10-01
最新版 7.3.6 / 2013年02月18日(13か月前) (2013-02-18
プラットフォーム クロスプラットフォーム
対応言語 英語,日本語
種別 分散コンピューティング
ライセンス プロプライエタリ [1]
公式サイト folding.stanford.edu
テンプレートを表示
5ペタフロップスを達成

Folding@home(FAH、フォールディング・アット・ホーム[2])は、2000年10月から北アメリカスタンフォード大学を中心に行われている分散コンピューティングプロジェクトおよび、それに使用されているコンピュータプログラム

たんぱく質折りたたみ構造を解析することで、これに関係する様々な疾病(アルツハイマー病がんパーキンソン病狂牛病など)の治療に役立てるのが目的。このプログラムをダウンロードし、パーソナルコンピュータなどで動作させると研究に必要な計算が行われ、その計算結果がインターネットを通じてスタンフォード大学に送られる。また、このプロジェクトではCPUだけでなく、GPGPUによる処理も行う事が出来る。

経過[編集]

  • 2007年3月22日PlayStation 3(PS3)でも参加可能になった。3日後には700テラフロップス以上の演算能力を記録。1年以上かかる複雑なシミュレーションが数週間で完了した[3]
  • 2007年4月26日のアップデートにより、このプログラムを動作させた場合は画面に世界地図が表示され、参加者の位置がわかるようになった。
  • 2007年9月16日、分散コンピューティング史上初となる1P(ペタ)FLOPS(1秒間に1000兆回の演算計算が可能)を達成した。
  • 2007年9月24日、PS3が単独で当時のスーパーコンピュータと同等の値である[4]1PFLOPSに到達。
  • 2007年11月1日、世界一強力な分散コンピューティングネットワークとしてギネスに認定された。これは前述の1PFLOPS超えによるものである[5]
  • 2008年11月9日現在、総合で4.247PFLOPS、そのうちGPUの処理量は2.226PFLOPS、またPS3による処理量は1.733PFLOPSに上る。
  • 2012年3月23日現在、総合で5.427PFLOPS[6]
  • 2012年10月22日、PS3での終了を発表[7]2012年11月6日終了。延べ1500万人のユーザーが参加した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Folding@Home distributed computing client”. スタンフォード大学. 2010年8月26日閲覧。
  2. ^ 疾病原因究明に貢献するCell Broadband Engine (Cell/B.E.) 技術」2010年8月31日更新、2010年9月12日閲覧。
  3. ^ 「1年以上かかるはずだった計算も数週間
  4. ^ 小堀龍之「ネットはいま 第2部 つながる――ゲーム機を持ち寄る(5)」『朝日新聞』2009年2月6日付夕刊、第3版、第3面。
  5. ^ PS3がギネス世界記録樹立に大きく貢献
  6. ^ 統計データ
  7. ^ 「Life with PlayStation®」終了のお知らせ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]