Fallout BROTHERHOOD OF STEEL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Fallout BROTHERHOOD OF STEEL』(FBOS、フォールアウト ブラザーフッド・オブ・スティール)は2004年プレイステーション2Xbox用にInterplay Entertainmentが開発及び発売した、核戦争後の荒廃した世界を舞台にしたFallout シリーズのスピンオフ。アクションロールプレイングゲーム。プレイステーション2版は2005年4月28日に日本でも発売された。

同じInterplayが開発した、バルダーズゲート ダークアライアンスに似たゲームシステムをしており、ダークアライアンスのゲームエンジンを使用した、Interplay開発のPS2用のChampions of Norrathのゲームエンジンを使用している。そのため、ゲームシステムにおいて、キャラクターの会話の選択によってクエスト内容が変更したり、武具や防具を装備したり、スキルやインポートシステムなど、いくつか共通点が見られる。スキルでは敵を倒すことによってスキルメーターが少しずつ増え、メーターが溜まったら、スキル能力を獲得するためのポイントをゲット出来る。

ゲームは第1章「カーボン」、第2章「ロサンゼルス」、第3章「秘密のvault」の全3章のゾーンにそって与えられたクエストをこなして進んでいく。

キルスウィッチ・エンゲイジセルドウェラーSkinlabメシュガーデヴィン・タウンゼンドと言ったヘヴィメタルバンドがゲームのサウンドトラックを担当している。 ヘッドフォンやテレビの音響器具が破損しかねない音バグが存在している。

ストーリー[編集]

2077年核戦争により、人類の文明は崩壊した。僅かに生き残った人間の何人かは放射能が充満する地上で生き残った者と、政府が建てた地下シェルター「Vault」に避難した人達とに分かれ何とか生きていた。しかし、無法者達による略奪や放射能により、突然変異で生まれた危険な生物や悪鬼グール、人類が生み出した未完成ウイルス(FEV)から生まれた凶暴な生物などが、生き残った者達に脅威となっていた。地下シェルターの地下室で科学者達が兵士を実験台に変異ウイルスを完成させ、変異軍が誕生した。そのことを知った一部の兵士達が食い止めるべく、鋼鉄の同志ブラザーフッド・オブ・スティール(BROTHERHOOD OF STEEL、BOS)を結成した。2088年テキサス州カーボン市。ブラザーフッド・オブ・スティールの一員であるサイラス、ナディア、ケインの3人は行方不明になった鋼鉄の同志の仲間を探すためこの町から、捜索に出た。町の住民から、依頼を受けながら、カーボンを襲う、レイダーと呼ばれる無法者集団と闘う。レイダーのボスジェーンを倒した後、仲間がロサンゼルスで変異軍を追ったと聞いた主人公は、地下シェルター「Vault 13」から来た老人からロスの行き方の地図を貰い、ロスに向かった。

ロサンゼルスは悪鬼(グール)が住む荒廃した街。ロスにあるドッグにたどり着いた、主人公はそこで暮らす悪鬼達(ギース、ハロルド、サリエリ)から、仲間の鋼鉄の同志や変異軍について情報を集め様と聞き込みをする。ロスではカルト教団"失われた教会"(ロスト・ザ・チャーチ)が支配していることを知った。主人公は信者の悪鬼がいる波止場に向かった。仲間は殺され、唯一生き残り、秘密のVaultを崇拝し、人間を敵視してる、ブレークと言う名の教団の司教から、拷問されていたパラディンのランパスを発見する。ランパスと部下の、鋼鉄の同志達はロスで失われた教会が秘密のvaultの鍵を持っていることを知り、秘密のvaultの鍵を盗むものの捕まり、ランパスは鍵を隠したので、ブレーク司教から拷問されていたのであった。主人公はブレークを倒し、ランパスを開放し、ランパスと共に鍵の在り処へ向かった。しかし、鍵の在り処へ辿り着いた時、悪鬼の自爆攻撃で、ランパス が死んでしまう。主人公は地下シェルターへの通路があるロス市内のTV局の倉庫へ向かった。TV局の倉庫内を悪鬼や変異軍や巨大蜘蛛倒しを進み、シェルターの秘密のvaultの扉を見つけ、内部に侵入し、支配を企む、変異軍のリーダー、アッティス将軍と戦う。しかし、戦闘中、主人公はアッティス将軍の部下の不意打ちで片腕を失い、瀕死の状態で気絶してしまう。アッティスは死んだと思い込みその場から去る。主人公は廃墟の研究室エリアで、秘密のvaultの住民である、メアリーと言う少女に助けられ、秘密のvaultの科学者の生き残りの人達が暮らす、住居エリアに連れて行かれる。治療で腕も再生し、助けられた主人公は、住居エリアに侵攻して来た、変異軍と戦いながら、秘密のvaultから脱出する。

登場キャラクター[編集]

サイラス(Cyrus)
主人公の男性。幼い頃、変異軍に故郷を破壊されたため、鋼鉄の同志に入隊した。3人の中で最も強靭な肉体に恵まれており、大きく重い武器も振り回すことが出来る。開発中止となった続編Fallout BROTHERHOOD OF STEEL 2ではパラディンとなっており、マクサス(Maxus)と言う主人公の息子がいると言う設定であった。
ナディア(Nadia)
主人公の女性。荒れた都会の路上生活をしていた孤児だった。鋼鉄の同志が悪者を倒し、貧民に食料を分け与えている姿を見て鋼鉄の同志に入隊の決意した。3人の中で最もスピードがある。
ケイン(Cain)
主人公の悪鬼(グール)。ネクロポリスのセス軍の傭兵だったが、ネクロポリスが変異軍に破壊されたため、鋼鉄の同志に入隊した。放射能に対する抵抗力を持っており、スキル能力で放射能に触れると自体を治療することが出来る。
パティ(Patty)
秘密のvaultの住民でセキュリティ警備長を担当をしていた女性。第1章をクリアするとプレイヤーとして使用可能。
ランパス(Rhombus)
ブラザーフッド・オブ・スティールのパラディン。ロスで部下達と、秘密のvaultを崇拝する悪鬼のカルト教団"失われた教会"(ロスト・ザ・チャーチ)から秘密のvaultの鍵を盗むが、見つかって捕まってしまう。鍵を隠したため、鍵の在り処を求めて、司教のブレークに拷問される。主人公に助けられるが、悪鬼の自爆で重傷を負う。第2章をクリアするとプレイヤーとして使用可能。
シェルター住民(Vault Dweller)
地下シェルター「Vault 13」出身の旅人。カーボンに居た謎の老人の男だが、Fallout1の主人公である。プレイヤーがブラザーフッド・オブ・スティールの仲間を探すため、ロスの行き方の地図を提供してくれる。全3章クリアするとプレイヤーとして使用可能。
アームピット(Armpit)
カーボンにある唯一のバーのバーテンダー。本名はアーノルドだが、アームピットと呼ばれて言る。カーボンが無法者集団レイダーに襲われた時、焼き殺された。
ルビー(Ruby)
カーボンのエンターティナー(売春婦)。金を払うと性的なサービスをしてくれる。プッシーと名付けた猫を飼っていたが、無法者集団レイダー一味に殺されてしまう。
リチャード市長(Richard)
カーボン市の市長。悪人ではないが町を守るためなら、どんな手段を選ばない人物。しかし、最後は無法者集団レイダーがカーボンを襲った時、住民達を裏切り、レイダー一味と金で取引してカーボンを差し渡そうとした。
ビィディヤ(Vidya)
カーボンで唯一まともな人物。女医で多くの住民を助ける。以前は秘密のvaultの"黙示録の使徒"として働いていた。
ジェッシー(Jesse)
片腕がない、商売人の老人。アイスクリーム売りの荷台で、武器やアイテム類を売ってくれる。
メアリー(Mary)
秘密のvaultの住民の少女。秘密のvaultに辿りついた主人公を助ける。
チン・ツン(Ching Tsun)
秘密のvaultで武器を製造したり修理しているアジア系の男。
ケリックス(CALIX)
秘密のvaultにいるチン・ツンの研究部屋にある人工知能を備えたコンピュータ。
デュボワ(Dubois)
秘密のvaultの研究者及びリーダー。クリーチャーの母親デス・クローに食い殺される。
ジェーン(Jane)
カーボン市を襲った無法者集団レイダーの女リーダー。セクシーな美女だが、根っからの悪で、主人公の体の良い部分を切り刻んで玩具にしようとするなど、サディスト的な面を持つ。アッティス率いる変異軍と取引をして同盟を結んでいた。
アッティス(Attis)
変異軍の将軍にして最終ボス。スーパーミュータント。人間を滅ぼし世の支配のため、研究室がある秘密のvaultを支配しようと企んでいた。
ブレーク(Blake)
ロスで秘密のvaultを崇拝するカルト教団失われた教会(ロスト・ザ・チャーチ)の司教の悪鬼(グール)。かつては秘密のvaultでセキュリティ警備長を勤めていたが、vaultの科学者達と戦いになり、彼は役員達とvaultのガーデンに科学者達を閉じ込め、爆発した。彼と役員達は地上で悪鬼となった。そのため、人間を憎み、敵し、大勢の人間を囚人として牢に入れていた。秘密のvaultの鍵の盗んだ、ブラザーフッド・オブ・スティールのパラディンのランパスを拷問していたが、主人公に倒される。
ハロルド(Harold)
ロスのドッグに暮らす悪鬼(グール)。FEVウイルスにより、片目や片手など体の一部を失っていた。カーボンのエンターティナー、ルビーと肉体関係を持っていたこともある。Fallout1にも登場し、Fallout2では頭に枝が生えた状態で登場し、Fallout3では木として登場している。
ギース(Giese)
ロスのドッグに暮らす悪鬼(グール)。ジャンク部品から武器など、造ってくれる。第3次世界大戦前はロボット工学出身で、シェルター企業元で地下シェルターの建設で働いていた。
サリエリ(Salieri)
ロスのドッグで商売をしている悪鬼(グール)。ヒロニマスとは双子の兄弟である。ヒロニマスから最後は商売の競争相手に邪魔だと、爆弾で死亡。
ヒロニマス(Hieronymous)
ロスで商売をしている悪鬼(グール)。サリエリとは双子の兄弟だが、商売の競争相手に邪魔だと、主人公にサリエリまで爆弾を届かせて、サリエリを抹殺しようとしていた。武器などアイテム類を売ってくれるほか、アリーナ(闘技場)での闘いを提供し、参加して敵を倒すとその分の報酬をくれる。

続編[編集]

2004年に続編として、Fallout BROTHERHOOD OF STEEL 2の開発がプレイステーション2にてリリースされていた。TPSのゲームとして、キャラクターや世界観などの設定資料もあり(2009年3月にFalloutの元開発者Brian Freyermuthによって設定資料が書かれている)、開発陣の続編の製作の意気込みはあった。しかし、FBOSの販売不振だったことや、Interplayが開発陣など従業員の大半を解雇したため、FBOSの続編の開発はキャンセルとなってしまった[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Fallout: Brotherhood of Steel 2 [PS2 - Cancelled Unseen64: Beta, Unreleased & Unseen Videogames!