FactSet Research Systems

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FactSet Research Systems
企業形態 株式公開企業 (NYSE: FDSNASDAQ: FDS)
業種 コンピュータサービス
設立 1978年
創業者 Howard Wille と Charles Snyder
本部 米国、コネチカット州ノーウォーク
拠点数 13ヶ国の24拠点
売上高 増加 US$641百万 (FY 2010年) [1]
営業利益 増加 US$220百万 (FY 2010年) [1]
増加 US$150.2百万 (FY 2010年) [1]
資産総額 増加 US$633百万 (FY 2009年) [2]
純資産額 増加 US$501百万 (FY 2009年) [2]
従業員数 5,000
ウェブサイト factset.com

ファクトセット・リサーチ・システムズ英文FactSet Research Systems (NYSE: FDSNASDAQ: FDS) )は、アメリカ合衆国コネチカット州ノーウォークに本社を置く、金融データ及びソフトウェア会社である。

概要[編集]

ファクトセットは、投資の専門家に金融情報及び分析ソフトウェアを提供する[3]2010年の事業年度、ファクトセットの年間売上高は6億4千百万ドルであった。

同社は世界的な金融機関で働くアナリスト、ポートフォリオ・マネジャー、及びインベストメント・バンカーに、データへのアクセスと分析ツールを提供する。個人投資家向けの製品を提供してはいない。

同社は13年連続で、フォーブス誌の「200 Best Small Companies」に選ばれた。2009年、ファクトセットの「200 Best Small Companies」のランキングは、一気に30位上昇して、第28位にランクインした[4][5]。加えて、フォーブス誌は、ファクトセットを2009年の「The 100 Best Mid-Cap Stocks in America」の第20位と発表した[6]。2011年にはファクトセットは、フォーチューン誌の発表する「Best Companies To Work For」に三度選ばれた[7]ビジネスウィーク誌が発表する「Best Places to Launch a Career」の1つにも選ばれた[8]。2年連続で、ファクトセットはGlassdoor.comが選ぶ「50 Best Places to Work」に選ばれ、2010年は、第17位であった[9]

ファクトセットのビジネスは、技術と顧客サービスに焦点を置いている。数百の異なるデータベースを結合することに加えて、ファクトセットはそれらのソフトウェアを開発・改良している。ファクトセットは、その国や地域専用のコンサルタント、24時間の電話サポート、及び無料のトレーニングを顧客に提供している[10]

ファクトセットの競合会社は、ブルームバーグ (Bloomberg L.P.) 、トムソン・ロイター (Thomson Reuters) 、Capital IQである。

製品及びサービス[編集]

製品[11]

2009年9月14日、DIRECTIONS、Marquee及びIBCentralシステムの機能性を統合した、新しい分析が可能なプラットフォームを開始した。新しいファクトセットは複数のアプリケーションにまたがっていたデータ及び分析ツールを一本のインターフェースへ強化した。

ファクトセットは、複数のベンダーから数百のデータベースを集積している。 アプリケーションには、企業の分析、複数の企業の比較、業界の分析、企業のスクリーニング、ポートフォリオの分析、予測リスク測定値、アルファテスト、ポートフォリオ最適化とシミュレーション、リアルタイム・ニュースと引用、債券とポートフォリオの評価・分析ツールなどを含む。ファクトセットのデータは、ワイヤレス端末とマイクロソフト・オフィス・アプリケーションで利用できる[12]

専有データコンテンツ[13]
  • アグレゲート
  • イベント・議事録
  • 収益予想
  • 経済
  • 特別リサーチ
  • 金融機関
  • 債券
  • フラッシュ・ニュース
  • 経済基礎情報
  • 有価証券報告書
  • 法人所有者情報
  • 新規公開企業情報 (IPO)
  • 合併情報の分析ツール
  • 合併情報
  • 投資信託
  • 新規発行株式
  • 株主情報
  • 人事関連情報
  • 未上場企業
  • プライベート・エクイティとベンチャー・キャーピタル
  • 世界の情報ソースから
  • 敵対的買収情報
  • 企業防衛
サービス
  • コンサルティング - 各企業の顧客ニーズとプロセスに熟知したコンサルタントが担当。また、電話でのコンサルティングサービスを受けることができる[14]
  • トレーニング - ファクトセットは、ニューヨークボストンシカゴロンドンパリ、そして東京のトレーニングセンターでの無料研修セミナーを開催している。また、各企業のオフィスで、個別のトレーニングセッションを手配することができる[15]
  • セキュリティ - ファクトセットは、セキュリティとビジネス継続性のリスクに対処するために、物理的、電子的、および手続き的な保護手段を構築している。
  • 複数のアクセスポイント - ファクトセットの利用者は、オフィスPC、ラップトップ、自宅用コンピュータ、ワイヤレスデバイスからの利用が可能。

沿革[編集]

1977年 - 1980年:初期[編集]

ファクトセットは、1978年Howard WilleCharles Snyderによって設立された。二人のパートナーシップは、ウォール・ストリートの調査機関のパイオニアであるFaulkner, Dawkins & Sullivanで1977年、二人が働いていたときに始まる[16]

1970年代の終わりに、コンピュータの役割がより顕著になり、WilleとSnyderは、業界が変化しつつあることに気付いた。ShearsonがFaulkner, Dawkins & Sullivanを買収し、規模を拡大し始めたとき、WilleとSnyderは、コンピュータベースの財務情報を提供する会社を自ら設立することに決めた。当時は、Compustatのようなベンダーから直接データを購入しなければならなかったが、その後、企業は、データをよりユーザー・フレンドリーにするためのプログラマーを雇うようになった。WilleとSnyderの夢は、クライアントに直接使用可能なデータを提供することだった。

もともとすべてのデータは紙ベースで、多くの場合、自転車メッセンジャーが顧客に届けていた。最初の商品は「Company FactSet」と呼ばれるプログラムを駆使し、Value Lineデータベースを使って作られた4ページの企業情報レポートだった。今日、ファクトセットのユーザーはWAN、インターネット、ワイヤレス端末を経由して、ファクトセットのプライベートネットワークに接続している。

1981年 - 1989年:製品の成長[編集]

1980年代初頭、従業員は10人に満たなかった。 1981年、Snyderは、クライアントが直接ファクトセットのデータベースからデータをVisicalcというスプレッドシートにダウンロードする方法を開発した。徐々に工程が短縮され、データのダウンロードプロセスは劇的に改善された。

1984年、ファクトセットは限定的なスクリーニング機能を追加。1988年には、独自のスクリーニング条件をカスタマイズできる「Universal Screening™」に拡張された。1980年代のもう一つの重要な発展は、1989年の「Private Database Service (PDS) 」の販売開始である。ユーザーは独自のデータ分析を実行し、保存・統合することができる[16]

現在のCEOのPhilip A. Hadleyは、1985年にコンサルタントとして入社した。

1990年 - 2000年:Windowsへの移行とポートフォリオ管理ツールの導入[編集]

1990年、Windows用FactSetが、販売開始。同年、同社の本社はニューヨーク市からコネチカット州グリニッジに移転された。

ヨーロッパでは初めて、1993年にロンドン・オフィスがオープンした。1995年には、東京に初めてのアジア太平洋事務所がオープン。今日、同社は11ヶ国23拠点に3,400人以上の従業員を擁する。

1995年末時点で、同社の顧客数は400に満たなかったが、顧客リストには84社の米国トップの投資マネジャーが含まれていた。同社はまた、上場準備のため、1995年6月に社名を変更し、ファクトセット・リサーチ・システムズ社となった。同社は、FDSの名称で、1996年ニューヨーク証券取引所に上場した[17]

1996年に同社は、Portfolio Management Workstation(PMW)をリリースし、1年後には、Economic AnalysisとCompany Explorerのアプリケーションを販売開始した。

同製品は、1998年のDIRECTIONSインタフェースのリリースと、ウェブ・ベースのヘルプ参照機能であるOnline Assistant®の追加によって、より機能的になった。ファクトセットは、1999年に24時間の電話サポートを導入した。

Willeは、2000年5月にCEO兼会長を退職。Snyderが暫定的にCEOを務めた後、同年の9月に、Hadleyが新CEO兼会長に指名された。

2000年 - 2009年:ポートフォリオとリアルタイム製品の微調整[編集]

2000年代初頭の新製品としては、ポートフォリオのリターン製品、SPAR(スタイル・パフォーマンス・アンド・リスク)、Data Centralアプリケーション、Marqueeが挙げられる。SPARでは、ポートフォリオ・マネージャーが、リスクと自己資金のパフォーマンス分析を可能にするだけではなく、ピア資金との比較・分析をも可能にした。Data Centralアプリケーションは、加入者が時系列の独自データを簡単に保存・作成・管理できる。そして、Marqueeは、従来の株式レベルの分析とリアルタイムニュース・クオートを組み合わせて利用できる[16]。2004年、同社のSell-Side(Dealチーム向け)のプラットフォーム、IBCentralがリリースされた。

また2004年に、同社はコネチカット州ノーウォーク に本社を移転し、3つのコネチカット事務所をノーウォークに集約。売上高は2002年に初めて2億ドルを超え、2008年には5億ドルを突破した。

2008年、ファクトセットはThomson ReutersのWorldScopeのデータベースのコピーを取得。ファクトセットFundamentalsとして、開発及びマーケティングを加速させた。

2009年以降:インタフェースオーバーホールと継続的なデータの開発[編集]

2009年、DIRECTIONS、Marquee、IBCentralプラットフォームを1つに統合し、Simply FactSetと呼ばれる製品をリリースした[18]。新プラットフォームは、新しい共有のオンラインワークスペース及び高速な分析ツールと、従前のプラットフォームの特徴を兼ね備えている。また同年、ファクトセット・リサーチ・システムズ分析プラットフォーム上で、Data Explorersのshort sellingデータを統合した[19]

2010年1月、ファクトセットとFirstRainが業務提携を発表。ファクトセットのクライアントは、FirstRainのウェブ・リサーチ・エンジンにアクセスが可能となると同時に、未集約のビジネス情報をオンラインで検索、フィルター、分析することが可能となった[20]

2010年5月、ファクトセットは、Thomson Fundamentals データベースの買収を完了した[21]

2010年6月、ファクトセットは、アドバイザーの指導や保険商品の調査を主に行う米国拠点の市場調査会社、Market Metricsを買収した[22]

財務情報[編集]

2011年は、ファクトセット創立33年目で、31年連続の収益成長記録を達成した[23]。 2011年8月31日末時点の四半期収益は、前年同期比14%増の、1億9千1百90万ドルに増加した。第4四半期の営業利益は、5千9百万ドルとなり、2010年度期に5千7百40万ドルから増加した。当期純利益は、2010年度期に3千9百30万ドルから、4千90万ドルとなった。希薄化一株当たり利益は昨年に0.83ドルから0.88ドルとなった。

損益計算書(単位:千ドル)[24]

~までの期間 2011年8月31日 2010年8月31日 2009年8月31日 2008年8月31日 2007年8月31日
総収入 726,510 641,059 622,023 575,520 475,801
純利益 171,046 150,211 144,950 125,020 109,567

投資家の項目[編集]

債券商品[編集]

ファクトセットの収益上、2010年第2四半期にファクトセットの成長分野として債券が強く認識され、債券による収入の機会を拡大するため、新たな人員が専用に配置されることとなった[25]

利用可能なデータ[編集]

同社は、Barra、Dow Jones、Russell、そしてLipperなどのプロバイダからデータ提供を受けている。サードパーティ・ベンダーとの契約関係は、一年前の告知で終了することができるので、同社は、データのタイプごとに、少なくとも二つのベンダーと取引している[26]。最近同社は、独自のデータベースを構築することにより、または、コンテンツ・プロバイダーを買収することによって、利用可能なコンテンツを維持・増強してきた。2000年以来、ファクトセットは、10件の買収を行い、内7件は、コンテンツ・プロバイダーの買収であった[27]。2008年には、ファクトセットは、Thomson Fundamentalsのデータベースのコピーを取得し[28]、1980年にさかのぼるグローバルな金融情報への永続的なアクセスを約束した[29]

経営者[編集]

  • Philip A. Hadley - 取締役会長、最高経営責任者(CEO)[30]
  • Peter G. Walsh - 最高執行責任者(COO)
  • Charles J. Snyder - 取締役副会長
  • Michael D. Frankenfield - ディレクター、グローバルセールス

従業員[編集]

従業員数は、2009年度中に、1,934人から2,962人となり、53%増加した。アメリカ合衆国の従業員数は2009年度で6%増加した。しかし、2009年度の従業員数の増加のほとんどは、アメリカ国外の事業、特にインドからのものである。アメリカを除く海外の従業員数は958人増えて1,627人となった[31]。ほとんどの新入社員が、大学卒業後、コンサルティングやエンジニアリング部門に採用されている。同社の従業員の定着率は、過去平均で90%となっている[32]

最近の表彰[編集]

2011年
  • フォーチューン誌の「100 Best Companies to Work For」のリストで第64位にランク[33]した。
  • Inside Market Data & Inside Reference Data Awardsで「Best Research Providerに選ばれた。
  • Glassdoor.comの「Top 25 Companies for Work-Life Balance」で第4位にランク[34]された。
2010年
  • フォーチューン誌の「100 Best Companies to Work For」のリストで第48位にランクされた。
  • Glassdoor.comの「50 Best Places to Workのリストで第17位にランクされた。
  • ファクトセットヨーロッパリミテッドは、「UK's Great Place to Work」で、上位50社の1つに選ばれた。
2009年
  • Nemertes ResearchのPilotHouse Innovator賞を受賞した。
  • フォーブス誌の「Best Small Companies」のリストで第28位にランク (13年連続でリスト入り) した。
  • 米国商業協会により証券・商品サービス部門で「2009 Best of Norwalk Award」に選ばれた。
  • ビジネスウィーク誌の「InfoTech 100」のリストで第59位にランクした。
  • Inside Market Data & Inside Reference Data賞で「Best Analytics Provider」に選ばれた。
  • 「UK’s 50 Best Workplaces」の1つに選ばれた。
  • Glassdoor.comの「50 Best Places to Work」のリストで第13位にランクした。
2008年
  • フォーブス誌の「Best Small Companies」のリストで第58位にランクした。
  • ビジネスウィーク誌の「Best Places to Launch a Career」のリストで第53位にランクした。
  • Human Resource Executiveの「Great Companies for Millennials」の1つに選ばれた。
  • CollegeGrad.comの「Top 100 Entry-Level Employers」の1つに選ばれた。
  • フォーチューン誌の「100 Best Companies to Work For」のリストで第52位にランクした。
  • フォーブス誌の「Best Small Companies」のリストで第45位にランクした。

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c FactSet Research Systems (FDS) annual SEC income statement filing via Wikinvest
  2. ^ a b FactSet Research Systems (FDS) annual SEC balance sheet filing via Wikinvest
  3. ^ Screening for Winners by Rex Moore, The Motley Fool, December 8, 2003.
  4. ^ Forbes’ 200 Best Small Companies”. Forbes.com. 2011年1月28日閲覧。
  5. ^ #28 FactSet Research Systems”. Forbes.com. 2011年1月28日閲覧。
  6. ^ #20 FactSet Research Systems”. Forbes.com. 2011年1月28日閲覧。
  7. ^ 100 Best Companies to Work For 2011: Full list - from FORTUNE”. Money.cnn.com (2011年1月19日). 2011年1月28日閲覧。
  8. ^ FactSet named one of BusinessWeek’s “Best Places to Launch a Career” | FactSet Research Systems”. Factset.com (2008年9月9日). 2011年1月28日閲覧。
  9. ^ FactSet ranked 17 on Glassdoor.com's "50 Best Places to Work 2010" | FactSet Research Systems”. Factset.com. 2011年1月28日閲覧。
  10. ^ Yahoo FactSet Profile”. Finance.yahoo.com. 2011年1月28日閲覧。
  11. ^ FactSet Products on Reuters”. Stocks.us.reuters.com. 2011年1月28日閲覧。
  12. ^ Quotes delayed at least 15 min. “MSN Company Report”. Moneycentral.msn.com. 2011年1月28日閲覧。
  13. ^ FactSet Data”. Factset.com. 2011年1月28日閲覧。
  14. ^ O'Donnell, Charlie (2005年1月27日). “Best Customer Service - FactSet”. Thisisgoingtobebig.com. 2011年1月28日閲覧。
  15. ^ Bokhari, Zaineb (2006年5月23日). “It's All Adding Up for FactSet”. Businessweek.com. 2011年1月28日閲覧。
  16. ^ a b c Company History”. Answers.com. 2011年1月28日閲覧。
  17. ^ 1996 SEC Filing”. Sec.edgar-online.com. 2011年1月28日閲覧。
  18. ^ Crosman, Penny (2009年9月16日). “FactSet Launches New Data/Analytics Platform - Wall Street & Technology”. Wallstreetandtech.com. 2011年1月28日閲覧。
  19. ^ Data Explorers’ short-selling data integrated on the FactSet platform”. Bobsguide (2009年6月11日). 2011年1月28日閲覧。
  20. ^ First Rain Announces Reseller Agreement with FactSet | FactSet Research Systems”. Factset.com (2010年1月19日). 2011年1月28日閲覧。
  21. ^ FactSet completes acquisition of Thomson Fundamentals database copy”. Finextra.com. 2011年1月28日閲覧。
  22. ^ FactSet Acquires Market Metrics”. Seeking Alpha (2010年6月15日). 2011年1月28日閲覧。
  23. ^ FactSet Research Systems Inc. - Annual Reports”. Investor.factset.com. 2011年1月28日閲覧。
  24. ^ Google Finance”. Finance.google.com (2010年12月14日). 2011年1月28日閲覧。
  25. ^ earnings calls transcripts”. Ticker.com (2010年3月23日). 2011年1月28日閲覧。
  26. ^ FACTSET RESEARCH SYSTEMS INC - 10-K - 20091030 - PART_I”. Yahoo.brand.edgar-online.com (2009年10月30日). 2011年1月28日閲覧。
  27. ^ FactSet Company History | FactSet Research Systems”. Factset.com. 2011年1月28日閲覧。
  28. ^ Rabil, Sarah (2008年4月23日). “FactSet to Buy Copy of Thomson Fundamentals Database (Update3)”. Bloomberg. 2011年1月28日閲覧。
  29. ^ Bylund, Anders (2008年9月23日). “FactSet Gets Its Facts Straight (FDS)”. Fool.com. 2011年1月28日閲覧。
  30. ^ FactSet Management”. Finance.google.com (2010年12月14日). 2011年1月28日閲覧。
  31. ^ FACTSET RESEARCH SYSTEMS INC - FORM 10-K - October 30, 2009”. Faqs.org. 2011年1月28日閲覧。
  32. ^ F4Q Conference Call Transcript”. Seekingalpha.com. 2011年1月28日閲覧。
  33. ^ 100 Best Companies to Work For 2011: FactSet Research Systems - FDS - from FORTUNE”. Money.cnn.com (2011年1月19日). 2011年1月28日閲覧。
  34. ^ http://www.glassdoor.com/Top-Companies-for-Work-Life-Balance-LST_KQ0,35.htm

外部リンク[編集]