FTPサーバリターンコードの一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

FTPサーバリターンコードの一覧(えふてぃーぴーサーバリターンコードのいちらん)では、FTPにおいてサーバのリターンコードを示す。

リターンコード[編集]

コード 解説
110 再開のマーカー応答。テキストは厳密で特有の実装は許されない。フォーマットはMARK yyyy = mmmmでyyyyはユーザプロセスデータストリームマーカ、mmmmはサーバに対応するマーカ
120 サービスはnnn分後に準備できる。
125 データコネクションは既に確立されている。転送をはじめる。
150 ファイルステータスは問題ない。データコネクションを確立する
200 コマンドOK
202 コマンドは実装されていない。このサイトでは不必要である。
211 システムのステータスまたは、システムヘルプの返答
212 ディレクトリのステータス
213 ファイルのステータス
214 ヘルプメッセージ。サーバや特有の非標準コマンドの使用法。この返答は人間のユーザにのみ有用である。
215 NAME システムタイプ。NAMEにはAssigned Numbersにリストされている公式のシステム名が入る。
220 新しいユーザのためにサービスが準備できた。
221 コントロールコネクションのサービスを切断する。
225 データコネクションを確立した。現在転送は行われていない。
226 データコネクションを切断する。リクエストしたファイルへのアクションは成功した(例としてファイル転送時やファイル転送中止時)
227 パッシブモードに入る (host1,host2,host3,host4,port1,port2)。
228 ロングパッシブモードに入る (long address, port)。
229 拡張パッシブモードに入る (|||port|)。
230 ユーザのログインに成功した。
231 ユーザのログアウトに成功した。
232 転送完了後、ログアウトコマンドを実行する。
250 リクエストされたファイルへのアクションは問題なく完了した。
257 PATHNAMEを作成した
331 ユーザーネームは正しい。パスワードが必要である。
332 ログインアカウントが必要である。
350 リクエストされたファイルへのアクションは、更に詳細な情報が必要である。
421 サービスは利用できない。コントロールコネクションを切断する。サービスがシャットダウンすることを知っている場合、いかなるコマンドに対しても返す。
425 データコネクションを確立できない。
426 コネクションは切断された。転送は中止された。
434 リクエストされたホストは利用できない。
450 リクエストされたファイルのアクションは実行できない。
451 リクエストされたアクションは中止された。実行中ローカルエラーが発生した。.
452 リクエストされたアクションは実行できない。ストレージの容量が不足している。ファイルが利用できない(ビジー状態)。
500 文法エラー。コマンドが解釈できない。このエラーはコマンドが長すぎる場合も含まれる。
501 パラメータや引数において文法エラーがある。
502 コマンドは実装されていない。
503 コマンドの順序が間違っている。
504 そのパラメータに対してコマンドは実装されていない。
530 ログインできない。
532 ファイルの格納にはアカウントが必要である。
550 リクエストされたアクションは実行できない。ファイルは利用できない(見つからない、アクセスできない)
551 リクエストされたアクションは中止された。ページタイプが不明である。
552 リクエストされたアクションは中止された。(現在のディレクトリやデータセットに)割り当てられたストレージを超過した。
553 リクエストされたアクションは実行できない。ファイル名が受け付けられない。

関連項目[編集]

FTPコマンドの一覧