FS-1500型フリゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FS-1500型フリゲート
ARC Almirante Padilla.jpg
FM-51 「アルミランテ・パディーヤ」
基本情報
建造所 ドイツの旗 ドイツブローム・ウント・フォス
ドイツの旗 ドイツホヴァルツヴェルケ
運用者  コロンビア海軍
 マレーシア海軍
就役期間 1983年 - 現在
同型艦 アルミランテ・パディーヤ級
カスツーリ級
建造数 6隻
要目
要目は本文の当該節を参照
テンプレートを表示

FS-1500型フリゲート (: Type FS-1500 frigate) は、ドイツが設計・建造した軽フリゲート/コルベット。主として輸出に供され、コロンビア海軍アルミランテ・パディーヤ級 (: Almirante Padilla class) 、マレーシア海軍カスツーリ級 (: Kasturi class) として運用中である。

概要[編集]

本型は、ドイツのブローム・ウント・フォス(B+V)社およびホヴァルツヴェルケ=ドイツ造船(HDW)社が共同で開発した輸出用の軽フリゲート/コルベットである。B+V社のブランドであるMEKO型フリゲートと同様の中央船楼型船体にモジュール化設計を導入しているが、MEKOコンセプトにとらわれず、小型の艦型に最適化した設計を採用した。

小型の対潜フリゲートとして設計されており、2,000トン級の艦型に対してかなり大きく強力なソナーを搭載している。また、西側で標準的な短魚雷発射管に加えて、カスツーリ級は対潜ロケット砲も搭載しており、浅海域での対潜戦に対応している。また本型は、エグゾセ艦対艦ミサイルの搭載により、小型艦ではあるが強力な対水上打撃能力も有している。その一方、小型艦であるために防空力は相応であり、対空火力として期待しうるものは、歩兵用の携帯式防空ミサイルを艦載化した簡易的な近接防空ミサイルと主砲のみである。

搭載するC4Iシステムも簡易化されたものであるが、カスツーリ級は、双方向のデータ・リンクであるリンク Yに対応している。これは、同海軍の艦隊で標準的なデータ・リンク規格である。

なお、カスツーリ級は、2009年に大規模な近代化改装を受けた。これによって、エグゾセ艦対艦ミサイルは新しいMM40 block 2に更新され、副砲は、新型で近接防空に優れたボフォースMk.2 57mm単装速射砲に換装された。また、戦闘情報システムも、SEWACO IVから、同じシリーズでもより新しいTACTICOSに変更されている。

また、2012年からはアルミランテ・パディーヤ級もタレス・グループによる近代化改修を受けている。戦闘情報システムをカスツーリ級と同型のTACTICOSに換装したほか、低空警戒・対水上レーダーをSMART-S Mk2、火器管制レーダーをSTING-EO Mk.2、エンジンをMTU M-93 ディーゼルにそれぞれ換装するほか、MIRADOR 電子光学式多目的センサー、Virgile レーダー電子戦支援システム、TERMA SKSW DL-12T デコイ・システム、新型通信システムを装備する。

同型艦[編集]

就役先 艦番号 艦名 起工 進水 就役
 コロンビア海軍 FM-51 アルミランテ・パディーヤ
ARC Almirante Padilla
1981年
3月
1982年
1月8日
1983年
10月31日
FM-52 カルダス
ARC Caldas
1981年
6月
1982年
6月14日
1984年
2月14日
FM-53 アンティオキア
ARC Antioquia
1981年
6月22日
1982年
8月28日
1984年
4月30日
FM-54 インデペンディエンテ
ARC Independiente
1981年
6月22日
1983年
1月21日
1984年
7月27日
 マレーシア海軍 F25 カスツーリ
KD Kasturi
1983年
1月31日
1983年
5月
14日
1984年
8月15日
F26 レキル
KD Lekir

要目[編集]

アルミランテ・パディーヤ級 ※改修前
 コロンビア海軍
カスツーリ級 ※改修後
 マレーシア海軍
就役期間 1983年 - 現在 1984年 - 現在
隻数 4隻 2隻
排水量 2,100 t 1,850 t
全長 99.1 m 97.3 m
全幅 11.3 m
吃水 3.7 m 3.5 m
機関 CODAD方式; MTU 20V1163 TB92ディーゼル×4基, 2軸
機関出力 23,400 hp 21,460 hp
速力 27 kt 28 kt
航続距離 7,000 nmi / 14kt
乗員 92人 124人
兵装 オート・メラーラ 76 mm単装速射砲×1基 クルーゾー・ロワール 100mm単装速射砲×1基
ボフォースMk.2 57mm単装速射砲×1基
ボフォース 40mm連装機関砲 ×1基 DS30B 30mm機関砲×2基
サドラル 近接防空ミサイル発射機×2基
MM40 SSM 4連装発射筒×2基
- M/50 375mm 対潜ロケット連装発射機×1基
Mk.32 3連装短魚雷発射管×2基 B515 3連装短魚雷発射管×2基
艦載機 ユーロコプター フェニック×1機 ヘリコプター甲板のみ
C4I ヴェガ-II/83 (TAVITAC) TACTICOSリンク Y
レーダー シー・タイガー 低空警戒・対水上用 DA-08 対空捜索用
カスター-II 射撃指揮 WM-22 射撃指揮用
ソナー アトラスASO 4-2 船底装備式 DSQS-21 船底装備式

参考文献[編集]