FP-45

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FP-45

FP-45は、1942年アメリカゼネラルモータース社で製作された拳銃である。「リベレーター(Liberator、解放者)」の通称で知られる。

概要[編集]

FP-45は、アメリカが第二次世界大戦当時に枢軸国支配下の国のレジスタンス運動を支援する目的で製造した。正式名称は「Flare Projector Caliber .45(45口径信号弾発射機)」。もともとはポーランド亡命政府の要請を受けてアメリカ政府が提供を決定したが、その実態は基本的に無償供与に近いものであった。そのため、性能を度外視してとにかくコストを下げ、100万丁を用意するようゼネラル・モータース(GM)社に要請がなされた。その結果GM社は部品数わずか23点、実用可能かどうか不明な100万丁の本銃を11週間(6ヶ月という説も)で作り上げたといわれる。そのため本銃の性能は劣悪で、銃と呼べるかどうかも不安な製品に仕上がっている。

.45ACP弾を使用し、装弾数は1発である。銃身はライフリングが刻まれていない滑腔銃身、つまりはただの鉄パイプであった。グリップには10発程度の予備弾を収納できたが、装填は撃つたびに手動で行う必要があった。また発射後は排莢されないため、空の薬莢を取りだすには銃口から棒などを突き入れなければならなかった(危険ではあるが、バレルに強く息を吹き込むことで排莢することも可能とされた)。トリガーガードはフロントサイトも兼ねていたが命中精度は低く、単純に拳銃弾を撃発することができるだけの機械であった(ただし、戦後の実測データによれば50フィート(およそ15メートル)から4発撃って5.25インチというそれなりのグルーピング[1]であったと言われている)。 こういった性能から、本銃の用途は本格的な戦闘用ではなく、これによって敵兵を不意打ちして武器を奪い、その武器で本格的な戦闘を行うためではないかと推測されている。

当初の計画では、本銃を空中投下してレジスタンスに蜂起を促す予定であったが、開発当時の連合軍には航空機が不足していたために投下を見送られ、ポーランド、フランス方面には渡っていないとされる(空中散布されたという説もある)。ノルウェー、デンマーク、イギリスにも送られたとされるが、詳細は不明である。結果的に極東司令官のダグラス・マッカーサーが倉庫で眠っていた本銃を取り寄せ、中国・インド・東南アジアに10万丁単位でばらまき、実戦で使用されたという。

組み立てと使用法の説明書は、対象国ごとの単言語版を印刷する手間を省くため、誰にでも分かるように漫画のコマ割り風の絵図面で描かれていた。

逸話[編集]

本銃の存在は、その目的もあり極秘扱いであった。そのため多くのアメリカ兵はこの銃の存在を知らず、中国軍経由で日本軍が本銃を鹵獲して使用したために、初めて存在を知った者が多い。アメリカ兵は本銃の粗雑な造りから、日本が安価に製造した自殺用の拳銃であると推測していた。

リベレーター製造後GMがプレス加工ガバメント拳銃「GM(品名はGeneral MotorsのGMとのGovernmentの略称語GMをかけたしゃれ)」を製作したが、大量生産を見送られた。

関連項目[編集]

関連作品[編集]

  • MASTERキートン - 第4巻の「14階段」において決闘用の武器として登場。作中では有効な照準距離が3メートル以下と述べられている。
  • 人造人間ハカイダー - 映画冒頭でジーザスタウンより逃亡してきた男性が自決のため使用しようとするも未遂に終わる。
  • メタルギアシリーズ - 『3』ならびに『ピースウォーカー』において、「かっこいいから」という製作者の趣味でわざわざ本銃に似せて作られた特殊拳銃が登場する。

脚注[編集]

  1. ^ 精度の指標。発射した弾丸が直径何センチ(もしくはインチ)の円内に収まったかを表す。小さいほど精度が高いことになる。