FOREVER 21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FOREVER 21
FOREVER 21, Inc.
本社所在地 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
設立 1984年
業種 小売業
代表者 ドン・チャン
売上高 13億ドル(2007年)[1]
従業員数 15000人(2006年)[1]
外部リンク www.forever21.co.jp
テンプレートを表示
FOREVER 21渋谷店
XXI Forever at GINZA by FOREVER 21(松坂屋銀座店内)
FOREVER 21新宿店
FOREVER 21ギフトカード

FOREVER 21(フォーエバー トゥエンティーワン)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスに拠点を置く、ファストファッションストアチェーン。アメリカ合衆国内のほか、世界10ヶ国に460店舗(2009年現在)を置く[1]。日本での販売業者名はForever21 Japan Trading Company, LLC.(フォーエバー21ジャパントレーディングカンパニー合同会社)。

概要[編集]

韓国系アメリカ人のドン・チャンにより1984年、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスに設立。創立当時の名称は「Fashion 21(ファッション・トゥエンティーワン)」で、ロサンゼルス郡内に住む韓国系移民の若者向けに作られたブランドであった。1989年には州内のショッピングモール内に出店、1995年にはフロリダ州にチェーン店を出店し、初めてカリフォルニア州外に進出する。

2001年よりForever 21の大型店舗である「XXI Forever」を全米各地で出店、以降は国内のファッションストアも買収するなど規模を拡大した後、2006年にブランドショップ「Heritage 1981」を新設、2008年より会員制のオンラインショッピングサービスを開始した。

2009年4月29日に東京都渋谷区原宿店をオープンさせ、日本第1号店となる。上陸記念としてオープン前日にはプレオープンイベントが開かれ、冨永愛ファッションモデルが登場したほか、歌手のBENIもオリジナルソング「FOREVER 21」を制作、作家の金原ひとみが「フォーエバー21」という名のWEB小説をオンライン連載するなど、コラボレーション企画も行われた。[2]

2010年4月29日、東京都中央区松坂屋銀座店内に大型店舗「XXI Forever at GINZA by FOREVER 21」をオープンさせる。グッチの後継テナントとして日本の百貨店内へ出店したことで、多くの注目を集める。

2010年8月には京阪電気鉄道傘下の京阪流通システムズのテナントとして、東京都渋谷区の「HMV渋谷」跡に「渋谷店」として居抜出店する計画を発表し、2010年12月23日にオープンした。

メインとなる女性向けファッションストアの「Forever 21」をはじめ、ユニセックスを扱う「Heritage1981」、大型フラッグシップ店舗の「XXI Forever」、女性向けアクセサリーを扱った「For Love21」の他、「Gadzooks21」、「Reference」、「Twelve by Twelve」、「Faith21」といった、異なる形態も存在する。 日本のブランドよりサイズが豊富にある。

ダイアン・フォン・ファステンバーグアナスイトロヴァータなどから、デザイン盗用を理由とする訴訟を提起されている[3]

国内店舗[編集]

閉店店舗[編集]

  • 銀座店(XXI Forever at GINZA by FOREVER 21) - 東京都中央区、松坂屋銀座店内。2013年3月28日閉店

脚注[編集]

  1. ^ a b c FOREVER 21 沿革
  2. ^ 毎日KiReI 2009年4月28日
  3. ^ The Free Press Online:Forever 21 wrought with controversy、2008年10月27日。The Cut: New York Magazine's Fashion Blog:Forever 21’s Ability to Copy Designer Clothes Could Be in Jeopardy、2009年4月13日。

外部リンク[編集]