FFVS J22

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FFVS J 22
FFVS J22.jpg
用途 戦闘機
乗員 パイロット1名
初飛行 1942-09-21
製造者 FFVS(航空庁国立工場)
寸法
全長 7.80m
翼幅 10.00m
全高 2.60m
翼面積 16.00m²
重量
空虚 2020kg
動力
エンジン SFA STWC3-G空冷星型×1
馬力 794-kW (1,065hp)×1
性能(目安)
最大速度 575km/h
航続距離 1270km
武装
固定武装 13.2 mm 機銃×4(J 22B)

FFVS J 22第二次世界大戦中に造られたスウェーデン戦闘機である。1942年9月21日に初飛行した。

第二次世界大戦に際してスウェーデンは中立を保ったが、隣国のフィンランドノルウェーが戦争に巻き込まれるのを見て、空軍力の整備に努力しなければならなかった。アメリカイタリアからの戦闘機の輸入も必ずしも順調に行えなかったため、自国での軍用機開発がこころみられた。一つはFFVS (Flygförvaltningens Flygverkstad i Stockholm) 航空庁国立工場)のJ 22であり、もう一つがSAAB社のJ 21である。

FFVS J 22は鋼管骨組みに合板張りの片持ち低翼単葉の機体にプラット&ホイットニー ツイン・ワスプを無断でコピーしたエンジンを搭載した。(戦後ライセンス料を支払ったという。)バルティ社に技術習得にいっていた技術者ルンドベリが設計をおこなった。1000馬力級のエンジンで575km/hの最高速度というかなりの高性能機で、報道では「エンジン馬力に比率して世界最高速の航空機」と呼ばれた。戦後のスウェーデンの航空産業の発展の元になった機体である。