FEMEN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FEMEN
Фемен
党首 ハンナ・フツォル[1]
創立 2008年[1]
本部 キエフ[2]
国際連携 海外の女性団体とは良好な関係にある[3]
公式カラー ピンク
公式サイト
femen.org
ウクライナの政治
政党一覧
選挙

フェメンFEMENウクライナ語: Фемен)は、2008年に設立された、ウクライナキエフを中心に活動する第三波のフェミニズム抗議団体である。「ウクライナの若い女性のリーダーシップ、知性、道徳性を磨く」、「ウクライナは女性にとってチャンスの国だというイメージをつくる」などの理念を掲げている[3]。この組織を世界的に有名にしたのは、メンバーが売春ツアーや悪質な国際結婚の仲介業、性差別をはじめとした国内外の社会問題に対して行うトップレスの抗議行動であり、その矛先は宗教団体にも及ぶことで知られている[1][4][5][6][7][8][9]

フェメンのメンバーは、半裸で挑戦的なスローガンを公共の場で誇示したり叫んだりするという、その抗議手法ゆえに定期的にウクライナ警察に身柄を拘束されている[10]

歴史[編集]

ウクライナ大統領選挙中のの抗議活動(キエフ、2010年)

もともとフェメンは下着姿でデモンストレーションを行うことで知られる団体だった。しかし2009年4月にオクサナ・シャチコがキエフの抗議活動で胸をあらわにして以降[11]、フェメンは定期的に「トップレス」でデモを行うようになり、独立広場の内閣府付近やトルコ大使館、イラン大使館の前などでもっと派手な、エロティックな雰囲気さえ漂う集会が開かれるようになった[12]。露出はほとんどの場合胸までだが、2010年10月にキエフに公衆トイレが不足していることを訴えるデモが行われた際に、やはりオクサナが鍵のかかったトイレの外で臀部をはだけ[13]、2011年2月には4人のメンバーが同じパフォーマンスを行っている[14]

フェメンはその挑発的な手法を正当化して次のような声明を出している。「この国で声を届ける唯一の方法がこれだ。旗をかかげてただ抗議を行っても、我々の主張に耳が傾けられることはないだろう」[15] 。彼らの目標はヨーロッパで最大規模の最も影響力を持つフェミニスト団体となることであり[3][16]、2012年10月のウクライナ議会選挙で候補者を立て、政党となることを検討していた時期もある[1][16][17](しかし結局この選挙には参加しなかった[18])。

2011年以降フェメンは定期的にウクライナ国外でも集会を開いている[19][20][21]。2011年4月の後半にはワルシャワチューリヒローマテルアビブリオデジャネイロなどに海外支部を設置したと発表している.[22][23]

2013年10月、フランスパリ(移民街の木造劇場2階)に本拠地(本部)を移したという報道があった[24]

組織と行動[編集]

創設された当時フェメンの運動の中核を担ったのは18歳から20歳のウクライナの女子大学生だった[2]。キエフではおよそ300人あまりが積極的な参加者として活動している[16]。構成としては20人から40人がトップレスとなる活動家で、残る300人はきちんとした身なりで行動する[13][25][26]。男性メンバーもわずかに存在する[1]。デモの舞台となるのはほとんどがキエフだが[4][8]オデッサドニプロペトロウシクザポリージャなどの街でも活動は行われている[27][28][29]

支援者は3万人と推計されており、グッズなどを販売しているほか個人からの寄付も受けている(DJ Hellは支援者の1人である[30][16][13][31][26][26]

フツォルはウクライナでの買春の合法化に断固反対の立場である[2]。2009年5月末には性産業でサービスを受けることに刑事責任を求めることを提案している[32]。2012年にはウクライナで欧州選手権が開催されたが、フェメンはウクライナ政府に売春の合法化を進める動きがあると主張し、抗議活動を行った[33]。彼らは政府と欧州サッカー連盟にウクライナにおける売春やそれを目的とした観光を問題として社会制度を整備することを要求している[34]

フェメンの創設者フツォル(写真左)とDJ Hell (2009年5月)

ウクライナでは暴徒行為や国旗冒涜などで刑事事件に発展し、罰金刑が科されることも起きている[35]フェイスブックは一時期フェメンのページをポルノグラフィの疑いがあるという理由でブロックしていた[30]。フェメンのフェイスブックのページでは、ヌーベル・カレドニエンヌ紙にも掲載された、メンバーが血まみれのウラジーミル・プーチンキリル1世の頭にチェーンソーをつきつけるなど挑発的な画像がいくつも閲覧可能な状態なっていた[36]。メンバーの中にはフェメンと関わったことで家族と疎遠になった者もいるという[16][30]

ほとんどの場合抗議活動の直後にメンバーは身柄を警察に拘束されている。フェメン側の証言によればベラルーシ国家保安委員会がフェメンの活動家を逮捕し「ナイフで脅して、髪を切る」ことさえあった[10]。また2010年初頭の大統領選挙後にヴィクトル・ヤヌコーヴィチがフェメンの活動家を恫喝しようとしたと主張している[30]

EURO2012に反対するフェメン

ロシアの首都モスクワでは2011年4月の終わりに「ル-・フェメン」と呼ばれる団体がデモンストレーションを行っているが[37]、すぐにフェメンとは無関係の派生団体だと判明した[22][23]。フェメンはロシア「統一ロシア」党がこのルー・フェメンの背後にいるとして非難している[22][23]。フェメンはウラジーミル・プーチンガスプロムに対する抗議も行っている[38]

信仰への攻撃[編集]

ロンドンで開催された2012年のオリンピックでは「残酷なイスラム政権」に対してトップレスで抗議を行っている。このデモはイスラム政権を支援する国際オリンピック委員会を糾弾するものでもあった[39]。パフォーマンスには「ノー・シャリーア」という言葉を身体にペイントしたり、イスラム教徒の衣服で男装するといったものもあった[40][41]

2011年11月にはバチカンサン・ピエトロ広場でローマ教皇ベネディクト16世による日曜の説教の後に、フェメンのメンバーであるアレクサンドラ・シェフチェンコ: Александра Шевченко: Aleksandra Shevchenko)が「女性の自由」をもとめるプラカードを掲げてストリップティーズを始めた[42]。シェフチェンコとその仲間はすぐにイタリア警察に取り押さえられている[42][43]

2012年4月、ウクライナで中絶を禁止する法案が提出されたことに抗議するフェメンのメンバー5人は、キエフの聖ソフィア大聖堂の鐘楼に登り、中絶を選択肢として支持するデモンストレーションを行う間、教会の鐘を鳴らし続けた[10]。こちらもその後警察に身柄を拘束されている[10]

2012年7月26日、フェメンの活動家ヤナ・ジダーノワ: Анна Деда: Yana Zhdanova)はウクライナを訪れていたモスクワ総主教キリル1世にトップレスで攻撃的な言動を繰り返した[44][45]。ジダーノワは背中に「キル・キリル」という言葉をペイントし、この正教の指導者に「出て行け!」と叫んだ[44][46] 。一連の行動により、彼女には拘留15日の判決が言い渡された[47]

モスクワでプッシー・ライオットの有罪判決が下された2012年8月17日には、「中世的な魔女狩りの犠牲者との結束の証」[48]としてフェメンのインナ・シェフチェンコ: Инна Шевченко: Inna Shevchenko)が仲間たちとキエフの独立広場の近くにあった5メートルもの十字架をチェーンソーで切り落とした。この十字架はホロドモールの犠牲者やソ連時代の反宗教政策、特に東方典礼カトリック教会の迫害で殉教した者を追悼するために建てられたものだった[49][50][51][52][53]。さらにインナ・シェフチェンコは磔になったキリストの姿をまね、他のメンバーが写真撮影を行った。その後彼女はこの暴徒行為をとがめられ、刑事事件として捜査が行われた[26]。フェメンの主張によれば、この事件により総務省で特別部隊が組織され、キエフにある団体本部が封鎖されたという[54][55]。プッシー・ライオットのマリア・アリョーヒナ英語版: Мария Алёхина: Maria Alyokhina)はこの十字架の冒涜に加わることを拒否している[56]

2012年8月18日、同じ場所に新しい十字架が設置された[57][58]

評価[編集]

ウクライナ国内ではフェメンの活動は「無意味」であるとか「あまりに悪趣味」であると批判されている[13]。ウクライナ人のジェンダー研究者テチヤナ・ブレイチャクによればほとんどのウクライナ女性はフェメンによい印象を持っていない[59]。あるいはリヴィウ大学の社会学者オレグ・デムキフも彼らが国民から支持されているわけではないと指摘している[60]。一方でウクライナには「論文を書いて、それで終わり、という従来の女性人権運動とは違う」[26]と評価する声もあるという。

2012年8月にメンバーが追悼の十字架を冒涜したことで、ウクライナの公共団体「Orthodox Choice」は彼らを「神を汚す反キリスト教徒」と呼び、法務省にフェメンを「社会に害をもたらす」団体として禁止するように求めた[49]。フェメンは「この国で声を届ける唯一の方法」[15] とその手法を正当化しており、自分たちは「政治と宗教を越えた」独立した組織だと主張し[16]、十字架の冒涜をはじめ教会組織への攻撃を公然と行っている[48]

フェメンの目的は「ウクライナの女性を揺さぶり、活発に社会と関わらせる」ことでもある[16]。彼らはこの戦略がほとんど成功していないとも語っている[61] 。しかしロイター通信社によれば「フェメンはささやかな規模ではあるが、日常的に街頭抗議を行う数少ない組織の一つ」である[25]。彼らの言動は2012年になっても世界中のメディアから注目を浴びている[6][3][62][12][63][64][25][21]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Femen wants to move from public exposure to political power, Kyiv Post (April 28, 2010)
  2. ^ a b c Feminine Femen targets 'sexpats'(Kyiv Post、2009年3月22日)
  3. ^ a b c d FEMEN, Organisations MySpace page
  4. ^ a b Keywords:FEMEN, Photo service of UNIAN
  5. ^ High voter turnout in snow, cold shows triumph of democracy, Kyiv Post (January 21, 2010)
  6. ^ a b Ukraine protest over NZ 'win a wife' competition prize, BBC news (2 March 2011)
  7. ^ Ukraine feminists protest ‘Win a Wife’ competition, Khaleej Times (1 March 2011)
  8. ^ a b (ウクライナ語) Ключові слова:FEMEN, Photo service of UNIAN
  9. ^ (ウクライナ語) Активістка жіночого руху б'є тортом Олеся Бузину (фото), UNIAN (23 March 2009)
  10. ^ a b c d “FEMEN rings the bell: Naked activists defend right to abortion”. Russia Today. (2012年4月10日). http://rt.com/news/femen-protest-abortion-ukraine-705/ 
  11. ^ (フランス語) Femen Les féministes venues du froid, Paris Match (February 18, 2012)
  12. ^ a b Ukrainian women activists protest against Saknieh execution, Euronews (November 4, 2010)
  13. ^ a b c d Topless protesters gain fame in Ukraine, Associated Press (November 19, 2010)
  14. ^ [1] (February 28, 2011)
  15. ^ a b “Ukraine is not a bordello”, Russia Today (December 14, 2009)
  16. ^ a b c d e f g (ウクライナ語) Femen: "Ми даємо чиновникам і політикам, проср...тися", Табло ID (September 20, 2010)
  17. ^ (ロシア語) Мужественный протест (The courageous protest), Lenta.Ru (15 February 2012)
  18. ^ (ウクライナ語) Information on the registration of electoral lists of candidates, Central Election Commission of Ukraine
  19. ^ Keywords: FEMEN, UNIAN
    FEMEN takes its act to Paris, Kyiv Post (1 November 2011)
    FEMEN participate in Berlusconi protests, Kyiv Post (2 November 2011)
    Huffington Post: FEMEN, Ukrainian women's rights group, protests Russian election, Kyiv Post (9 December 2011)
    Ukraine topless activists raise SOS from Belarus, Kyiv Post (20 December 2011)
  20. ^ Turkey acts to better protect women from abuse, Kyiv Post (9 March 2012)
  21. ^ a b Naked Protesters Draw Attention at Moscow Polling Station, The Wall Street Journal (4 March 2012)
  22. ^ a b c (ウクライナ語) На FEMEN здiйснена рейдерська атака! Клятi москалi! Перший пост без цицьок, Ukrayinska Pravda (28 April 2011)
  23. ^ a b c (ロシア語) Зассанные кремлевские матрасы!, LiveJournal blog of FEMEN (28 April 2011)
  24. ^ 女性団体「フェメン」裸の抗議…仏で賛否 - YOMIURI ONLINE 大手小町(読売新聞 2013年10月19日 朝刊6面)
  25. ^ a b c Ukraine's topless group widens political role, Reuters (November 15, 2010)
  26. ^ a b c d e 露パンクバンド拘束でブロンド女性がトップレス抗議 過激な女性集団の正体は”. MSN産経ニュース (2012年9月8日). 2012年9月8日閲覧。
  27. ^ Events by themes:Protest action of FEMEN in Odessa, Photo service of UNIAN (March 10, 2011)
  28. ^ (ウクライナ語) Події за темами:У Дніпропетровську відбулася акція активісток FEMEN з нагоди Міжнародного дня обіймів, Photo service of UNIAN
  29. ^ (ウクライナ語) Події за темами:Активістки FEMEN провели в Запоріжжі акцію проти секс-туризму, Photo service of UNIAN (March 7, 2011)
  30. ^ a b c d 'The Entire Ukraine Is a Brothel', Spiegel Online (5 May 2011)
  31. ^ (ロシア語) Бюст героев, Kommersant (September 20, 2010)
  32. ^ FEMEN initiates criminal responsibility for using sex industry services, Kyiv Post (May 22, 2009)
  33. ^ “Ukraine women go topless against UEFA, prostitution”. (2011年11月3日). http://bikyamasr.com/50158/ukraine-women-go-topless-against-uefa-prostitution/ 
  34. ^ “Euro 2012 Without Prostitution: Femen Activists Go Topless Against UEFA”. (2011年12月2日). http://www.allvoices.com/contributed-news/11012768/content/88682764-ukrainian-police-arrest-protesters-of-women-activist-group-femen-during-a-demonstration 
  35. ^ (ロシア語) На FEMENисток завели два уголовных дела за "обнаженку", Информационно-аналитический центр "ЛІГА" (17 February 2012)
  36. ^ “Après les guitares de Pussy Riot, la tronçonneuse de Femen”. Les Nouvelles Calédoniennes. (2012年8月20日). http://www.lesnouvellesnews.fr/index.php/contre-courant-articles-section/contre-courant/2083-apres-les-guitares-de-pussy-riot-la-tronconneuse-de-femen 
  37. ^ (ロシア語) Полуголые активистки прошлись по Москве, L!FE NEWS (27 April 2011)
  38. ^ FEMEN Protests Topless Against Vladimir Putin And Gazprom (PHOTOS, WARNING: NSFW), The Huffington Post (14 February 2012)
  39. ^ Femen stage topless anti-Islamist Olympic protest in London”. The Telegraph. 2012年8月2日閲覧。
  40. ^ Ukrainian feminists stage topless protest near Tower Bridge over Olympic body’s ‘support for bloody Islamist regimes’”. Daily Mail. 2012年8月18日閲覧。
  41. ^ Ukrainians protest: topless women say "No Sharia" and "Bloody Islamist Regimes"”. Al Bawaba. 2012年8月7日閲覧。
  42. ^ a b “Cross to bare: Topless Vatican protest”. Russia Today. (2011年11月7日). http://rt.com/news/topless-vatican-protest-video-707/ 
  43. ^ “Femen Takes Topless Act To The Vatican”. Radio Free Europe. (2011年11月7日). http://www.rferl.org/content/femen_takes_topless_act_to_the_vatican/24383808.html 
  44. ^ a b “'Kill Kirill': Topless FEMEN activist attacks Russian Patriarch”. Russia Today. (2012年7月26日). http://rt.com/news/femen-topless-russian-patriarch-114/ 
  45. ^ “Russia's Patriarch Kirill Pursued By Topless FEMEN Protester”. Huffington Post. (2012年7月26日). http://www.huffingtonpost.com/2012/07/26/patriarch-kirill-femen_n_1704921.html?utm_hp_ref=world 
  46. ^ Femen во имя Pussy Riot спилили в Киеве крест "оранжевой" революции”. Lenta.ru. 2012年8月17日閲覧。
  47. ^ “'Feminist Sentenced for Baring Breasts at Patriarch Kirill”. Moscow Times. (2012年7月27日). http://www.themoscowtimes.com/news/article/feminist-sentenced-for-baring-breasts-at-patriarch-kirill/462751.html 
  48. ^ a b Pussy Riot solidarity: Topless Ukrainian activist chainsaws crucifix, RT (TV network) (August 17, 2012)
  49. ^ a b “Cross sawn down by FEMEN activists in Kiev turned out to be Catholic, not Orthodox”. Interfax. (2012年8月20日). http://www.interfax-religion.com/?act=news&div=9749 
  50. ^ “івчата з Femen спиляли не православного, а католицького хреста”. Українська правда. (2012年8月18日). http://liveweb.archive.org/http://www.pravda.com.ua/news/2012/08/18/6971057/ 
  51. ^ “Киевская милиция ищет ктивистку движения FEMEN, спилившую поклонный крест”. Channel One (Russia). (2012年8月18日). http://www.1tv.ru/news/world/213629 
  52. ^ “FEMEN saws down cross for Stalin victims”. The Voice of Russia. (2012年8月17日). http://english.ruvr.ru/2012_08_17/FEMEN-saws-down-cross-for-Stalin-victims/ 
  53. ^ “Ukrainian activist cuts down cross in Pussy Riot protest”. TVNZ. (2012年8月17日). http://tvnz.co.nz/world-news/ukrainian-activist-cuts-down-cross-in-pussy-riot-protest-5031717 
  54. ^ “Police open criminal case on hooliganism against Femen activists”. Kyiv Post. (2012年8月17日). http://www.kyivpost.com/content/ukraine/police-open-criminal-case-on-hooliganism-against-femen-activists-311706.html 
  55. ^ “FEMEN Women's Movement Says Police Blocking Organisation's Office In Kyiv”. Ukrainian News Service. (2012年8月18日). http://un.ua/eng/article/406298.html 
  56. ^ Pussy Riot засудили акцію FEMEN зі спиленням хреста в Києві” (Ukrainian). RegioNews. 2012年8月23日閲覧。
  57. ^ “На месте спиленного FEMEN креста установили новый”. NB News. (2012年8月18日). http://nbnews.com.ua/news/53552/ 
  58. ^ “На місці спиляного Femen хреста поставили тимчасовий”. Українська правда. (2012年8月18日). http://liveweb.archive.org/http://www.pravda.com.ua/news/2012/08/18/6971066// 
  59. ^ The nude radicals: feminism Ukrainian style, The Guardian (April 15, 2011)
  60. ^ (ウクライナ語) Акції FEMEN — наслідок суспільної нечутливості?, Den (July 22, 2011)
  61. ^ Offbeat Ukrainian Feminist Group Fights Sexism And Authoritarianism, Radio Free Europe/Radio Liberty (July 02, 2011)
  62. ^ How they protest prostitution in Ukraine(France 24、2009年8月28日)
  63. ^ FEMEN coverage on Kyiv Post, Kyiv Post (May 22, 2009)
  64. ^ Ukraine's topless protesters gain fame

外部リンク[編集]