FCB群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FCB群
Bacteroides biacutis 01.jpg
Bacteroides spp.(バクテロイデス門
分類
ドメイン : 真正細菌 Bacteria
上門 : FCB(上門相当)
学名
なし
下位分類(門)

FCB群(-ぐん、FCB group)とは、真正細菌の系統についての仮説である。バクテロイデス門クロロビウム門を中核としたグループで、上門相当とされる。系統不明のCaldithrix属、未培養系統であるSAR406、WS3、WWE1を含む場合がある[1]

広く受け入れられているわけではないが、トーマス・キャバリエ=スミスは、この系統に対してスフィンゴバクテリア門 (Sphingobacteria)を提唱している[2][3]。スフィンゴバクテリア門は、グラキリクテス下界に所属する。

この群全体の形質は乏しいが、鞭毛の喪失と滑走による運動性、細胞膜にスフィンゴ脂質を含むという傾向が広くみられる[3]

PVC群に近縁で、姉妹群あるいはFCB群に含まれる解析例もある[4]

脚注[編集]

  1. ^ Rinke, C., Schwientek, P., Sczyrba, A., et al. (2013)“Insights into the phylogeny and coding potential of microbial dark matter,”Nature, 499(7459):431-7.
  2. ^ Cavalier-Smith, T (2002). "The neomuran origin of archaebacteria, the negibacterial root of the universal tree and bacterial megaclassification". International journal of systematic and evolutionary microbiology 52 (Pt 1): 7–76.
  3. ^ a b Cavalier-Smith T (2006). "Rooting the tree of life by transition analyses". Biol. Direct 1 (1): 19.
  4. ^ Battistuzzi FU, Hedges SB (February 2009). "A major clade of prokaryotes with ancient adaptations to life on land". Mol. Biol. Evol. 26 (2): 335–43.