FAB分類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

FAB分類(FABぶんるい、French-American-British Classification)とは血液腫瘍の分類法である

概要[編集]

フランス・アメリカ・イギリスの研究者からなる研究グループによって1976年急性白血病を分類するために提唱され、その後改定を重ね、血液腫瘍の代表的な分類法として普及している[1]

分類[編集]

  1. M0 急性未分化型骨髄性白血病(最未分化型)
  2. M1 急性未分化型骨髄芽球性白血病
  3. M2 急性分化型骨髄芽球性白血病
  4. M3 急性前骨髄球性白血病
  5. M4 急性骨髄単球性白血病
  6. M5 急性単球性白血病
  7. M6 赤白血病
  8. M7 急性巨核球性白血病
  1. L1 比較的小型の細胞で核細胞質比 (NC比)の高いリンパ芽球を特徴とする。
  2. L2 核小体が明瞭で核に切れ込みなどを持つ大型芽球が50%以上を占める。
  3. L3 バーキット型。芽球は大型で、大きな空胞を持つ好塩基性胞体が特徴。
  1. 不応性貧血(RA)
  2. 環状鉄芽球を伴うRA(RARS) (血小板増加を伴うタイプはRARS-Tとする。)
  3. 過剰な芽球を伴うRA(RAEB)
  4. 急性転化を来たした過剰な芽球を伴うRA(RAEB-t)
  5. 慢性骨髄単球性白血病(CMML) (WHO分類では骨髄異形成/骨髄増殖性疾患に分類されている)
  • その他

WHO分類[編集]

2001年WHOにて新分類が提唱されたが、急性骨髄性白血病についてはその後もFAB分類は有用性の高い分類法として使用されている[5][6]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 国立病院機構九州がんセンター・FAB分類一覧
  2. ^ 国立がん研究センター・急性骨髄性白血病
  3. ^ わかりやすい白血病の話・白血病の病態と分類
  4. ^ 国立がん研究センター・骨髄異形成症候群・分類
  5. ^ 順天堂大学・急性白血病
  6. ^ 『内科学書』p113

参考文献[編集]

関連項目[編集]