F430

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「F430」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
F430
識別情報
CAS登録番号 73145-13-8
PubChem 5460020
特性
化学式 C42H51N6NiO13+
モル質量 906.58014 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

F430メチル補酵素M還元酵素補欠分子族である。古細菌メタン菌にのみ見られる[1]。この酵素はメタン発酵の最終段階を触媒する。

CH3-S-CoM + HS-CoB → CH4 + CoB-S-S-CoM

コルフィン[編集]

天然にはテトラピロールヘムクロロフィルビタミンB12に使われているが、F430には二重結合が5つしかない最も還元されたテトラピロールを持つ。この独特なテトラピロール誘導体はコルフィン(corphin)と呼ばれている。相対的な不飽和結合の不足によってこれは黄色を呈しており、より不飽和なテトラピロールのような濃い赤紫色を呈さない。また、天然では唯一ニッケルを含むテトラピロールである。

脚注[編集]

  1. ^ Thauer, R. K., "Biochemistry of Methanogenesis: a Tribute to Marjory Stephenson", Microbiology, 1998, 144, 2377-2406