F.A.E.ソナタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

F.A.E.ソナタSonate F.A.E. [Frei aber einsam])は1853年ドイツ作曲家であるロベルト・シューマンが友人アルベルト・ディートリヒヨハネス・ブラームスとともに作曲したヴァイオリンソナタ。3人の共通の友人であるヴァイオリニストヨーゼフ・ヨアヒムに献呈された。1935年出版。曲名のF.A.E.とはヨアヒムのモットーである「自由だが孤独に」(Frei aber einsam)の頭文字をとったものである。ドイツ音名FAEはそれぞれイタリア音名のファ・ラ・ミに対応し、この音列が曲の重要なモチーフとなっている。このような手法をシューマンは好んでいたらしく、『アベッグ変奏曲』(A-B-E-G-G)やピアノ協奏曲(C-H-A-A ⇒ Chiara = Clara)などで用いている。

ちなみにブラームスは、ヨアヒムのモットーに対応する「自由だが楽しく」(Frei aber froh)をモットーとしており、この略に対応するF-As-Fの音列を交響曲第3番で用いている。

初演は1853年10月28日にシューマン邸で、ヨアヒムとクララ・シューマンによって行われたと推測されている。

現在では、ブラームス作曲のスケルツォがたまに演奏されるだけで、全曲演奏の機会はほとんどない。

曲の構成[編集]

  • 第1楽章 アレグロ、イ短調。ディートリヒ作曲。
  • 第2楽章 間奏曲(Bewegt,doch nicht zu schnell)、ヘ長調。シューマン作曲。
    後にシューマンがヴァイオリンソナタ第3番の第3楽章に転用。
  • 第3楽章 スケルツォ(アレグロ)、ハ短調、8分の6拍子。ブラームス作曲。F-A-Eのモチーフは、中間部において変形した形で用いられている。
  • 第4楽章 フィナーレ(Markiertes,ziemlich lebhaftes Tempo)、イ短調。シューマン作曲。
    後にシューマンがヴァイオリンソナタ第3番の第4楽章に転用。

シューマンのヴァイオリンソナタ第3番[編集]

シューマンはF.A.E.ソナタの初演の翌日10月29日から11月1日までの4日間のうちに、新たに2つの楽章を作曲して第1、第2楽章とし、先に作曲した2つの楽章を第3、第4楽章として新たな4楽章のヴァイオリンソナタを完成させた。ヨアヒムは追加した楽章が元の楽章と調和していると評価し、元のソナタとは別の作品であると述べている。

しかし、このソナタはその後は注目されず、全集にも収録されなかった。「ヴァイオリンソナタ第3番イ短調 WoO27」としてショット社から全曲が出版されたのは、シューマン没後100年を迎えた1956年である。

曲の構成[編集]

  1. Ziemlich langsam - lebhaft
  2. Scherzo: Lebhaft
  3. Intermezzo: Bewegt, doch nicht zu schnell
  4. Finale. Markiertes, ziemlich lebhaftes Tempo

外部リンク[編集]