F-1 SENSATION

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
F-1 SENSATION
ジャンル レースゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ[FC]
開発元 コナミ
発売元 コナミ
人数 1人
メディア ロムカセット
発売日 1993年1月29日
テンプレートを表示

「F-1 SENSATION」(エフワン センセーション)は、コナミ1993年1月29日ファミリーコンピュータ(ファミコン)用に発売した、F1を題材にした自動車レースゲームである。

コナミがファミコン向けにリリースした、最後のオリジナル作品である(本作品の後にディスクシステム版からの移植作品3作がリリースされている)。

概要[編集]

当時F1の競技者団体だったFOCA(Formula One Constructors Association)及び、日本国内でのF1関連の諸権利を保有していたフジテレビとライセンス契約を結び、発売の前年である1992年当時のF1ドライバーやチーム名、サーキット名などが実名で登場する。

但し今作では、多くのF1レースゲームのように実在のドライバーを操るのではなく、プレイヤーはあくまでプレイヤー本人であり、彼らの中から最大12人を相手に戦うことになる。ライバルドライバーは自分で選択でき、誰を選ぶかによって難易度が変化する。

マシンはマクラーレンフェラーリウィリアムズベネトンの4種類から選ぶことができるが、カラーリングはある程度自分好みに変更することが出来る。

ゲームモード[編集]

  • FREE RUN
好きなサーキットを選んで練習できる。
  • GRAND PRIX
新人ドライバーとなって、F1グランプリ全16戦を戦い抜き優勝を目指す。コンティニューはパスワードで行われるが、電源を切らない限り本体メモリ内にデータを保持できる機能がある。

特記事項[編集]

  • ファミコン末期の発売タイトルということも有り、供給本数はそれほど多くなく、中古市場ではやや高値が付いている。