F-1 (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS F-1 1912.jpg
艦歴
発注:
起工:
進水: 1911年9月6日
就役: 1912年6月19日
退役:
その後: 1917年12月17日に衝突事故で沈没
除籍:
性能諸元
排水量: 330トン
全長: 142 ft 7 in
全幅: 15 ft 5 in
吃水: 12 ft 2 in
機関:
最大速: 14ノット
乗員: 士官、兵員22名
兵装: 18インチ魚雷発射管4門

F-1 (USS F-1, SS-20) は、アメリカ海軍潜水艦F級潜水艦の1番艦。

艦歴[編集]

当初の艦名はカープ (Carp) として、カリフォルニア州サンフランシスコユニオン鉄工所で起工した。1911年9月6日にJ・タイナンによって進水し、1911年11月17日に F-1 と改名、1912年6月19日にJ・B・ハウエル中尉の指揮下就役した。

太平洋水雷小艦隊、第1潜水艦部隊に配属された F-1 はサンフランシスコ海域で活動し、公試および試験を1913年1月11日まで行った後、小艦隊に合流しサンディエゴサンペドロ間、続いてサンディエゴ湾での訓練を行った。1914年7月21日から1915年11月14日まで小艦隊はハワイ州ホノルルを拠点とし、ハワイ諸島での開発計画に従事した。

F-1 は1916年3月15日から1917年6月13日まで限定就役状態にあり、完全就役に復帰した後太平洋艦隊偵察部隊に所属し、海中戦術開発のため水中および水上での任務に従事した。この間 F-1 はサンペドロを拠点として活動した。1917年12月17日、サンディエゴのポイント・ロマで艦隊演習中に F-1 は F-3 (USS F-3, SS-22) と衝突事故を起こす。F-1 は左舷が機関室まで裂け、10秒ほどで沈んだ。19名が死亡し、3名が僚艦に救助された。

外部リンク[編集]